人気ブログランキング | 話題のタグを見る

D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

信者としての「籍」について

 
日々お葬式のお手伝いをさせていただいているなか
しばしば遭遇するのが「所属教会でない教会でのお葬式」というものです。
どういうことかと申しますと
お亡くなりになられたご本人(或いは故人様のご遺族)が、クリスチャンとして在籍していない教会にお葬式の依頼をされるということです。


※ キリスト教会にも信者としての「籍」があります。
  仏教で例えるなら檀信徒としての登録が菩提寺にあることと同じ意味合いです。
  一般社会でいう「住民票」と考えていただいて差し支えないと思います。
  

・・・本来であれば
クリスチャンのお葬式や結婚式などはご本人の所属する(つまり「籍」のある)教会で執り行うというのが基本であります。
ところが様々な事情(たとえば転勤に伴うお引っ越しなど)で「籍」のある教会から(物理的に)遠く離れてしまったとします。
その場合、それまで「籍」のあった教会には「転出届」を出したうえで転居先の近隣教会に「転入届」を出して手続きをするわけですが・・・
その手続きをされていらっしゃらない方も少なくないんですね。
もちろん、敢えてその手続きをされない方もいらっしゃいます。
たとえば
「自分は転勤族だからそのたびに手続きする必要性を感じない」
「最終的には“地元”(つまり「籍」のある教会エリア)に帰るので」
といったお考えの方もいらっしゃるわけです。

ところが
そのような手続きを「知らなかった」或いはただ単に「知っていたけどやってなかった」という方もいらっしゃらないわけではないわけです。

もちろんこの手続きは強制的なものではありませんし
手続きをしていないからといって強く咎められるものでもないでしょう。
しかし
こと有事の際(つまりお葬式などが発生した際)、ちょっとだけ余分な手続きが必要になる場合があるということは知っておかれた方がよろしいかと思うところなんです。
お葬式の場合で申しますと
たとえばご本人(或いはそのご遺族)の「籍」は遠く離れた場所にある教会にあるが、そのお葬式は近隣の教会で執り行いたいという場合、その旨を「籍」のある教会に申し伝えておいた方がいいんですね・・・

・・・これ
キリスト教だけのお話じゃないんです。
仏教でも同じような手順を踏んだ方がよろしいんです。
「このたび、そちらでお世話になっていた(つまり「籍」のある)家族が亡くなったのですが、そのお葬式は今私たちの暮らすこちらで行いたい」
このようにお伝えしたうえで
たとえば仏教なら、本来檀家として籍のあるお寺(=菩提寺)のご住職に葬儀読経のためにお越しいただくのか、こちらの同門のお寺のご住職にお越しいただくのか、その判断は「菩提寺の住職」に委ねられるところなのであります。
これは強制を伴うというよりも
それまでお世話になっていた菩提寺への「礼儀」の問題なのであります。

キリスト教でも同様でして
やはり本来「籍」のある教会にご一報いただいたうえで、どうすべきかをご相談される必要があるということなんですね。
もしかすると「籍」のある教会を管理される牧師先生(或いは神父様)が司式者として、はるばるいらっしゃるかもしれません。
或いは「籍」のある教会と、葬儀を依頼されたい教会と協議のうえで、葬儀を執り行う教会の牧師先生(神父様)が司式されるかもしれません。


このプロセスを回避されたいのなら
やはり信者としての「籍」は、ご自身の生活エリアにある教会に移しておかれた方がよろしいのではないでしょうか、ということを申し上げたいのです。
先にも述べた通り
みなさまそれぞれにご事情・お考えがお有りかと思います。
しかし
実体的な生活圏に無い教会に「籍」を残したままですと、特に有事の際はちょっとだけ余分な手順が発生しますよ、と。
そして何より
「籍」のない教会、つまりこれまで何らのご縁のない教会にお世話になることへの遠慮と申しますか、エクスキューズが生まれるのではないでしょうか、ということなんですね・・・





# by dscorp-japan | 2023-07-14 16:41 | キリスト教 | Comments(2)

言い訳とお詫び

 
・・・まるまる一カ月、ブログサボりましたm(_ _)m

「決算書の提出に伴う帳簿のチェックとかあったので」
とか
「親の介護にかかる諸問題を解決するために時間を取られていて」
とか
どれもまぁ結局、サボるための言い訳でしかないわけでして・・・


正直に申しますと「書くネタがない」ってのが本音でもあります。

お葬式に関係ない、たとえば音楽ネタとかならいくらでも書けるんです。
でも、そればっかじゃさすがにマズいっしょとか勝手に思ったりするわけで・・・

一方で
お葬式に関するコアなネタなら山ほどあるんです。
でもどれも、ここで披露していい話ではないのであります・・・m(_ _)m
かといって
ネタを捏造するなんてことも出来ないわけでして。

            ♢

とはいえ
いつまでもネタがないからとサボっていていいわけでもないでしょうし
月も変わったことですので、もう少しだけちゃんとしようとは思ってます。
とりあえず今回はお詫びまで。







# by dscorp-japan | 2023-07-01 21:34 | Comments(2)

信じるか信じないかは・・・

 
・・・たまたま、なのでしょうか
最近、立て続けに『エクソシスト』いわゆる悪魔祓いを取り上げた番組が複数放映されました。
他にもあったのかもしれませんが、私の知る限りですと
ひとつがTBS系列の『クレイジージャーニー』(5月22日放映)と
もうひとつは何と!NHKの『ダークサイドミステリー』(6月8日放映)でした。



『エクソシスト』という単語自体、おそらく誰もが知るところかと思います。
元々はカトリック教会でいうところの悪魔祓いを行う人(司祭)を指す言葉ですが
何といっても映画『エクソシスト』によって、その認知度は格段に上がったのかと思います。
しかしながらその言葉の捉え方はというと
「悪魔祓い師」というよりも「ホラー映画の代名詞」的な認知かもしれませんが(汗)

エクソシストの存在自体を都市伝説のように捉えるのはナンセンスでして、悪魔祓いを行う(とされる)司祭はたしかに存在します。
むしろ、エクソシズム(悪魔祓い)を信じるか否かの焦点は
「本当に悪魔は実在するのか」
「本当に悪魔に取りつかれた人から悪魔を追い出すことが出来るのか」
という点です。
悪魔の存在を信じない方々にとってのエクソシズム・エクソシストとは
いわゆる “ まやかし ” であり、何らの根拠のない茶番でしかないのでしょう。
或いは「それはある種のマインド・コントロールである」
或いは少しだけ肯定的に捉えるなら「それは心理療法のひとつである」という考え方もあるかもしれません。
そもそも「悪魔」という概念の捉え方にも大きく左右されますよね。
具体的に「悪魔」は本当に実在するのだと考える方
「悪魔」とは禍々しくも得体の知れないものをカテゴライズする概念であると考える方
「悪魔」とは人間の内部に潜む悪意を総称したものだと考える方

・・・その捉え方によって
エクソシズムの意味するところもまた大きく変わってくるのだと思います。

ただいずれにせよ
「エクソシスト」つまり「エクソシズムを行うカトリック司祭」はたしかに実在します。


私、こんな本も持ってますし。
信じるか信じないかは・・・_a0153243_02044921.jpg
・・・といいつつ
自宅の本棚にあったはずの本書が見当たりません(涙)
誰かに貸したのかしら。
全然覚えてないや。

・・・などと、本書について書いたのはつまり
来月、こんな映画が公開されるんですね~

信じるか信じないかは・・・_a0153243_23582691.jpg

私の持っている(はずの)『エクソシストは語る』という本の著者
ガブリエーレ・アモルト神父様(本には “ ガブリエル・アモース ” と記されていますが同一人物です)の実体験を映画化した作品なのだとか(!)

→ 映画の公式サイトはコチラ


・・・もしかして
この映画化が引き金になって、テレビでもエクソシストの話題が取り上げられているのかしら???

・・・う~ん。
ラッセル・クロウさん、個人的にはあんまり好きな俳優さんじゃないしなぁ。
そもそも本当のアモルト神父様はこんなキツイ御尊顔じゃないしなぁ。
とはいえ、です。
エクソシストネタが大好物の私が、本作を無視するわけがないのであります。
観に行くぞ~





# by dscorp-japan | 2023-06-11 01:01 | キリスト教 | Comments(4)

映画 『 PLAN75 』


 久々の映画ネタでございます。

映画 『 PLAN75 』_a0153243_18392881.jpg
2022年公開


もともとの私、いろいろと考えさせられそうな映画は大好物だったんです。
ところがここ数年
そういう映画と向き合おうという気持ちが妙に薄れてきたと申しましょうか、そういう映画になかなか手が伸びなくなってきたんですね。
これも歳のせいなのか、はたまたコロナ禍のせいなのか分かりませんが・・・

ただこの映画に関しては
劇場公開時から、何となくずっと頭の片隅にあったのでした。
ただし気になっていた思いというのは
(観たいな)というよりも(観なくちゃ)という気持ち。 
だから今まで鑑賞する機会を延ばし延ばしにしていた、という本音もあります。
しかしながら
(あの倍賞千恵子さんが主演されたということは、絶対に意味のある良い映画に違いない)という確信も一方であったわけです。

( → 映画の詳細は公式HPをご覧ください)



本作の背景にあるのは
間違いなく「高齢化社会問題」であり「社会保障問題」であります。
だからこそ本作内では「75歳以上」の人間を対象とする法案が成立したわけで、国は少しでも多くの高齢者に “ 自発的に死を選択してもらう ” ことを推奨する、と。
つまり乱暴な言い方をすれば
これは政府による 、現代版 “ 楢山節考 ” 政策なわけです。
一方でその対象者となる高齢者たちは
その年齢が故に職を失い、社会に生きる人間としての尊厳もまた軽んじられてしまいます。
倍賞千恵子さん演じる主人公がまさにそうでして
職を失ってからも、彼女は生活保護を断り、何とかして職を得ようと奔走します。
そんななか、同年代の友人の孤独死を目の当たりにすることで
自分たち高齢者が社会人として生きていくうえでの尊厳(或いはプライド)がないがしろにされている現実を突きつけられます。

政府の施策とその背景にある本音。
それに翻弄される高齢者たち。

本作の脚本・監督である早川千絵さんは
「2000年代半ば以降、自己責任という言葉が幅を利かせ」と仰っています。
一方で
私たち日本人の普遍的な倫理観のひとつに「人に迷惑をかけるな」というのがあると思います。
早川監督の言葉と日本人的倫理観とを照らし合わせたとき
究極の自己責任とはつまり「人に迷惑を掛けず、自らの命をも処せ」ということになるのでしょうか・・・


終始、やや重苦しい雰囲気の漂う映画ではありますが
ところどころで映される自然の風景はとても美しく描かれていると思いました。
そして本作では
この風景こそが「生きる希望の象徴」のようにも感じ取れるものでありました。
一方で
磯村勇斗さん(←大好き)や河合優実さんの演じる『PLAN75』を推進する側の人間たちの思いにも、小さな希望が託されていたように思います。


・・・PLAN75。
もちろんフィクションではありますが
今の日本を考えたとき、これを絵空事とは言い切れない怖さがあります。
私が自分自身を映画に投影させたとして
対象年齢まであと16年。

思いのほか、すぐ先です。







# by dscorp-japan | 2023-06-01 20:36 | 映画・テレビ | Comments(5)

カトリック布池教会のヨゼフ館が無くなったぁ~

 
内輪の話といえばそうなんですが
私の所属する『カトリック布池教会』の敷地内にあった建物『ヨゼフ館』が取り壊されました。

『ヨゼフ館』というのは
布池教会で挙式を挙げられた方々の為の披露宴会場であります。
その他、各種会合やパーティー会場としても貸し出されたりしていたのですが・・・

・・・これも時代の流れと申しましょうか
冠婚葬祭におけるセレモニーの簡略化(結婚式ですと「地味婚化」)や挙式件数の減少、一方で建造物の老朽化などの諸事情もあって、取り壊しが決定したわけです(お葬式でヨゼフ館を使用することはほぼ皆無ではありましたが)。
私の知る限りの情報に間違いがなければ
今から約20年ほど前までは、名古屋市内の結婚式場のなかで年間の挙式件数がトップだったはずです(私の以前在籍していた会社が冠婚葬祭互助会でしたので、そういう情報は間違いないかと)。

今日の冠婚事業の実情は存じ上げませんが
かつては「結婚式は教会で」という一定の需要はたしかにあったはずでして、そのなかでも “ 本物の ” 教会で結婚式を挙げたいという方も大勢いらっしゃったのだと思います。
そして多くの名古屋市民にとってカトリック布池教会は、名古屋エリアにおけるキリスト教会のランドマーク的な認識で捉えられている場所でもあるかと。
『ヨゼフ館』は
カトリック布池教会でご結婚されたカップルをお祝いする披露宴会場として、多くの方々がご利用されたはずであります。
大切な思い出の場所でもあったのかと。

・・・(仏教用語ではありますが)諸行無常、ということなのでしょうね・・・

カトリック布池教会のヨゼフ館が無くなったぁ~_a0153243_23532706.jpg
ヨゼフ館の取り壊された跡地(教会東側からのアングル)

カトリック布池教会のヨゼフ館が無くなったぁ~_a0153243_23534456.jpg
教会敷地内のアングルから撮ったヨゼフ館跡地



昨日
土曜日の夕刻のミサに与るために教会で行ったときの写真です。
(寂しいなぁ)と思ったかと申しますと
実は個人的にはそんな感傷的になることはありませんでして(笑)
(存外に広い敷地に建っていたんだなぁ)ということと
(ヨゼフ館が取り壊された結果、教会の景観が良くなったなぁ)ってことでした。

教会の景観が良くなったから
却って教会での結婚式需要がまた再燃するんじゃないの?とか思ったりして(笑)


・・・あ
ヨゼフ館は無くなりましたが、カトリック布池教会で結婚式を挙げることは今でも可能です。
あくまでも「披露宴会場が無くなった」ということであります。
(結婚式についての情報は公式HPをご参照ください)





# by dscorp-japan | 2023-05-28 00:07 | キリスト教 | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31