D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

映画 『 スノーデン 』

 
a0153243_01274979.jpg
2017年日本公開

映画公式サイト


この事件が報道されたとき
私は大した興味も感慨も持たず、ただ(ありゃ~やっちまったなぁ~)といった程度の印象しか持ちませんでした。
彼の行動の背景に何があったのか、彼がどのような思いであのような行動に出たのか、大して知ろうともせずに
むしろ(ロシアなんかに亡命して大丈夫なの?)みたいな、少々的外れなことを思った程度でした。


・・・都市伝説というか陰謀論というか
彼のこの事件が報道される以前から「私たちのPCの閲覧記録や携帯電話の各種情報はどこかの誰かに見られてる」という噂はあったわけで
だからこの事件が報道されたときも
(ほ~らやっぱりね)という、諦念を伴った事実確認みたいな感覚で受け入れてしまったような気がします。
「都市伝説」が「公然の秘密」に格上げされたというか。

・・・そういえば
あの事件の時期だったと思うのですが
私、自分の自宅にあるノートPCについているカメラに絆創膏で目隠ししてたことがありました。
初老のオッサンがいまさら何を見られて困るんだ?って話ですが (^^ゞ
そしたら
本作のなかで、スノーデンさんご自身も全く同じことをしている描写があって
(おぉ!オレと一緒じゃん)と、ちょっと嬉しくなりました(笑)

            ♢

ここからは映画の感想です。

本作に描かれる話は基本的に「実話」とされています。
それでも
観る方によっては「こんなのはスノーデンの戯言だ」と思われる方もあるのかもしれません。
その判断は皆様それぞれにに委ねられるとして
少なくとも今から約5年前、スノーデンさんという、日本のアニメをこよなく愛し、パソコンに精通したひとりの青年が、祖国の諜報機関で知り得た情報を暴露し、これを受けたアメリカ政府は彼を指名手配したという事実の背景に何があったのかを、少なくとも「知る」ことはとても大切なのではないかと思った次第です。
何より
私自身が何も知らなかったことを、本作で知らされたわけですから。

無論「映画」ですから、多少の脚色はありましょう。
(個人的にオリバー・ストーン監督はちょっと苦手)
でも、様々な情報から推察する限りにおいて
大筋において本作内で描かれていることは事実と大差無いと思われます。

そのうえで
「私たちは今、現実にこのようなことが起こり得る世界に生きているのだ」という自覚を促されているような気がするのです。

あくまでも私見ですが
おそらく、あの事件が過ぎ去った今現在も
私たちのPCの中身やスマホの通話記録・メール送受信の内容・画像や動画・指紋のデータに至るまで、どこかの誰かに覗かれる環境にあるような気がいたします。
実際には覗かれていないとしても
「その気になれば」「いつでも」覗かれる環境にあるということです。
だって
スノーデンさんが本件を暴露して大騒ぎになって
諜報機関が「もうしませんよ」と言ったところで
すでに覗ける技術は(スノーデンさん曰く)「有る」わけですから。

だから私たちは
「そういう環境下で生活していることを前提に、さて貴方はどうするのか」ということを問われているような気がするのです。

本作は
ポリティカル・サスペンス映画として、充分に楽しめる作品だと思います。
スノーデンさんの人間らしい一面も垣間見えますし
彼の彼女が、ことのほか重要人物だったのだなァということも分かります。
134分という上映時間も、私は全く苦になりませんでした。


え?
「その後PCカメラの絆創膏は貼ったままなのか」ですって?

・・・とっくの昔に剥がしちゃいましたよ。
だって、貼ってあった絆創膏が汚れてきたし
正直(どうでもいいや)って気になっちゃったから。
だいいち
バツイチで独り暮らしの53のオッサンが、タバコ咥えてパソコンとにらめっこしてるのを、いったい誰が見て得するんですか(笑)






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-01-28 00:00 | 映画・テレビ | Comments(6)

寒波襲来

 
さて。
天気予報のおっしゃる通り
先程から名古屋市内(うちの事務所は名東区です)でも雪が舞い始めました。

そんななか
明日~明後日の日程で、愛知県北部にある街の教会でお葬式を承っております。
通常ですと、事務所近隣のインターから高速道路に入って現場に向かうわけですが
どうやら明日は、高速道路が通行止めになることも想定しておかなければならないようです。
となると、当然一般道を使って現場に向かうわけですが
高速が通行止めとなれば、一般道も普段以上に混み合うことが考えられます。
いつもなら40分もあれば現場に到着できるところを
おそらくは倍以上の時間がかかることを念頭において行動する必要がありそうです・・・ ^^;

一応、ウチの社用車は全社スタッドレスタイヤを履いているんですが
個人的にはそれほど信用しておりません。
だから私の場合
スタッドレスタイヤ+タイヤチェーンという体制です。

とはいえ
私の車が万全であっても、他の車がノーマルタイヤだったりノンチェーンだったりすると
その影響でいろいろな弊害が出る可能性があるわけでして・・・


とにかく皆様
雪道の運転には十二分にお気を付け下さい。
ノーマルタイヤでは運転しないように!
スタッドレスタイヤを履いていなくとも
タイヤチェーンを巻いていてばかなり安心なはずです。
今のタイヤチェーンは脱着が簡単なものが多いですから
「転ばぬ先の杖」として、是非用意しておかれるとよろしいかと。






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-01-24 17:42 | あったこと | Comments(4)

訃報

 
昨日の夜半
カトリック神言修道会の修道士でいらっしゃる
ヨアキム 山本 勇郎様が帰天されました。

通夜ならびに葬儀ミサ・告別式は
以下の通り執り行われます。




   通夜・・・・・・・・・1月19日(金)午後7時~
   葬儀ミサ・告別式・・・1月20日(土)午前11時00分~午後12時30分
   葬儀式場・・・・・・・カトリック南山教会 大聖堂
                名古屋市昭和区南山町1
                 ℡(052)831-9131

※ 献花料(香典)・供花・供物等は固くご辞退申し上げます


     『正しい者は信仰によって生きる』
                              (ロマ 1・17)



 生涯を、神への奉仕のために捧げられた Br.山本勇郎様の上に
 神様の慈しみと慰めが豊かに注がれますように。








[PR]
# by dscorp-japan | 2018-01-17 19:13 | 葬儀 | Comments(0)

藤岡幹大さんが急逝

 
先ほどネットニュースで知りました。
もう、個人的に大ショックです・・・

ギタリスト・藤岡幹大さん死去、36歳…BABYMETALのバックバンドで活躍


藤岡幹大さんというギタリストを知ったのは

ご多分に漏れず、BABYMETALのバックバンド “神バンド” のギタリストとして、でした。
最初の印象は(えらくちっこいギタリストなだぁ)というもの。
彼の身長は158cmということのようです。

ところがその演奏を聴くに及んで
(このギタリスト、すげェ!)と感嘆しました。
ただ単に早弾きがスゴイというのではなく
流れるような左手の運指
ほれぼれするほどに美しいピッキングは
こんな言い方もどうかと思いますが(BABYMETALのバックなんかには勿体ないんじゃないの?)とさえ思ったほどです。

彼の演奏スタイルもまた、私の好みでした。
私はアラン・ホールズワースの演奏が大好きなのですが
藤岡氏もまた、アラン先生を敬愛していらっしゃったようでして
たしかに彼の演奏には、ところどころにアラン先生の影響が感じられるんです。
結構レガート奏法を多用されるところとか。

そして彼の、ライヴでの演奏がまた素晴らしい。
BABYMETALのバックで演奏するときも
白塗りの化粧をしながらも、よく笑顔を見せていたんですね。
ニコニコしながら、とんでもない演奏をかますんです。

ヘヴィメタルなのに笑顔って・・・
いや
今となっては、その笑顔がかえって、悲しさを増長させます・・・


あまりの急逝に
ショックで
悲しくて
動揺が抑えられません。

彼のギタリストとしての素晴らしさが分かる動画を二本、ご紹介します。
一本目の動画は
7弦ギターを自在に操るロックギタリストとしての演奏を
二本目の動画は
彼独特の、ピッキング・ハーモニクス&アーミングを多用した演奏です。







・・・その曲が Amazing Grace って・・・(号泣)






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-01-10 00:19 | 音楽 | Comments(2)

恭賀新年

 
皆様
新年、明けましておめでとうございます ♪♪♪


a0153243_16294565.jpg


皆様の上に
神様の恵みと慈しみがありますように。
そして
今この瞬間、何らかの悩みや苦しみのなかにある全ての方々の上に
神様の癒しと慰めが豊かに与えられますように。






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-01-01 01:34 | Comments(6)

「裁くな、裁かれない為に」

 
・・・表題は
新約聖書『マタイによる福音書・7章1節』の言葉です。

現在の『新共同訳聖書』ですと
「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである」
という訳ですが
私個人的には、若い頃に読んだ聖書の訳(前田訳)にあった
「裁くな、裁かれない為に。」という表現がシンプルで好きです。

            ♢

・・・さて
一年を締めくくる記事に「聖書」ってのも私らしくないなァと思うのですが (^^ゞ


特にここ数年ネット上で
罪を犯した人に対して、或いは罪には問われなくとも倫理上よろしくないとされる言動をした人に対するバッシングというか、言葉による攻撃が凄まじくなった気がいたします。

「是は是、非は非」
「勧善懲悪」
もちろんその通りなのであって
悪い行いを見過ごすのは、それはそれで問題です。

でも
「新聞や週刊誌が誰かの悪事を記事にして
それがネット上でも拡散されて
ネットニュースを見た人々が一斉にバッシングを繰り広げる」

・・・私は、この構図に慄然としてしまうんです。
それはまるで、ポンティオ・ピラトの前でイエスを死刑にするよう声をあげた、かつての民衆たちのようではないでしょうか。


「エラそうなこと言いやがって!
そういうオマエこそ、上から目線でモノを言うな!」

・・・いや、むしろその逆なんです。
私は決して褒められた人生を送ってきたわけではありません。
ここでは明かしませんが
仮に私の行いのすべてがネット上で拡散されたなら、間違いなく私もまた、ネット上でバッシングの嵐に晒される側の人間なんです。


『マタイによる福音書』7章の続きは、こう書かれています。

「あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ
自分の量る秤で量り与えられる。」(2節)



どうか新しい年には
人々の思いが「怒り」にばかり支配されるのではなく
悪い行いをしてしまった人に対しても、ほんの少しの思いやりをもって
その人が更生する余地を残してくれるような
そんな社会になりますようにと願うばかりです。

「許さ」なくてもいい。
せめて「赦す」。

そして
少なくとも私自身、他者に対してそういう人間でありたいと思います。





[PR]
# by dscorp-japan | 2017-12-31 00:00 | キリスト教 | Comments(4)

車のナビは「ノースアップ」か「ヘッドアップ」か

 
先日、とあるテレビ番組で
「車載用ナビゲーションの画面は『ノースアップ』か『ヘッドアップ』か」
という話題を取り上げてました。

『ノースアップ』とはつまり「常に北が画面上方になる表示」
『ヘッドアップ』が「進行方向が常に画面上方になる表示」であります。
これは、どちらが正しいということではなくて
使用される方それぞれのお好みで、表示方法を変えていらっしゃるわけですよね。


結論から申しますと
私は断然『ノースアップ派』なのであります。
『ヘッドアップ』にすると、自分がどの方角に向かっているのか分からないのが気持ち悪いんです・・・
それに『ノースアップ』画面にすることで
私の頭のなかにある日本地図の、自分が今どのあたりにいるのかが想定できる方が安心だからです。

            ♢

・・・私が葬儀屋さんになった当初って
まだ車載用ナビゲーションはそれほど普及しておりませんでした(高かったし!)。
会社のクルマにもナビは付いていませんでした。
一方で
葬儀屋さんって、昼夜を問わず「○○市の○○まで来て下さい」と呼ばれるわけでして
場合によっては、殆ど土地勘のない住所のご自宅まで急がなければならなかったりもします。

ですからその葬儀社時代は、地図の『ゼンリン』さんの発行する「住宅地図」を使っておりました。
ご存じの方もおありかと思います。
一戸一戸の住宅までが詳細に記された地図。
集合住宅の場合でも
冊子の後ろに、当該住宅のそれぞれの階に居住する方の名字まで記されていました。

当時の私たちは
お客様から伺った住所を「住宅地図」で調べて、そのページをコピーして持参したものです。
それでも、ですね
たとえば真夜中、目的地が殆ど土地勘のないエリアで、広大な田んぼの真ん中だったりすると結構苦労したものです。
周りは街灯一つないし、目印となるものも殆どない。
最終的に頼りになるのは「真夜中なのに部屋の明かりが灯った家」だったりします ^^;

それでも「行き」はまだいいんです。
問題は、打ち合わせを終えて会社に帰るとき!

(・・・さて、オレはどうやって会社へ戻れば良い?)

行きはとにかく地図を頼りに走ってきたわけですが
帰り道となると、土地勘のない場所から、はたしてどこに向かえば会社があるのかを一考するんですね。

・・・私の場合
このときこそ「方角」が頼りなんです。
晴れていれば夜空を見上げて、知っている星座を頼りに方角を想定して
とにかく今いる場所と帰り先である会社との位置関係を考えるんです。
仮に曇りや雨で星が見えなくとも
ご自宅で伺った方角(※仏式葬儀の場合、ご遺体をご安置する際には方角をお尋ねします)を頼りに、だいたいの方角を定めます。
凡その位置関係が分かったら
あとはとりあえず、会社のある方角へとにかく走る。

もちろん小さな失敗はあります。
方角を頼りに走っていたら一方通行でハマったり
せっかく順調に走っていたら行き止まりだったり。

でも
方角さえ分かれば、まず間違いなく会社に戻れるものなんですね・・・

            ♢

・・・と、長々と書きましたが
おそらく、昔のこういった経験が尾を引いてか、私は車載用ナビも地図と同じように『ノースアップ』じゃないと気持ちが悪いのだと思います。

それともうひとつ。
車載用ナビって
時々(・・・んん?そっちに誘導するか?)ってときがあるじゃないですか。
目的地とは少々異なった方角に「曲がれ」などと仰る ^^;
場合によってはそれが正しいときもあるんですけれど
どう考えてもその案内は間違ってるってときが、たしかにあります。
こういうときもまた「方角」が頼りになるわけです。
今、自分がどの方角に向かって走っているかが分かることで
いろんなリスク回避が出来ると思うんですよね~





[PR]
# by dscorp-japan | 2017-12-29 00:16 | クルマ | Comments(2)

大掃除が「義務」とは存じ上げませんでした

 
大した知識も無いまま、見切り発車で会社を立ち上げて15年。
会社の大掃除が「義務」とは、ついぞ存じ上げませんでした・・・

「会社は半年に1度、大掃除をしなければならない」 実は風物詩じゃなく、法的な義務


・・・皆様、それぞれのご家庭で大掃除に汗を流していらっしゃる方も少なくないかと存じます。
私は決して潔癖症ではありませんが
周りの人に言わせると「綺麗好き」という認識で一致しているようです。
どの程度を「綺麗好き」というのか分かりませんけれど
掃除はキライじゃありません。
部屋の床にモノが散らかっているとかは別にいいんです。
ただ、単純に「不潔」なのがイヤなタイプです。
だから(毎日ではありませんが)定期的に自宅のお掃除はします。


では、ウチの会社はどうなのか。

以前にも申しましたが
年末に「大掃除」と称するお掃除をすることはありません。
私どものお仕事って
大体年末は現場のお葬式に忙殺されるので、大掃除などしている暇が無いのであります。
ですからウチの会社の場合
決算期の棚卸しの際に、併せて大掃除する感じでやってきました。

・・・はい。
「大掃除」と呼べるお掃除は、年一回に留めていたというのが正直なところです。
法令を守っていなかった、ということになります m(_ _)m


・・・ただね
どの程度のお掃除を以て「大掃除」と呼べるのかという問題もありますよね。

「これで大掃除って呼べるの?」
というレベルで終わらせる方もあれば
「お前、毎回大掃除するつもりか?」
という綺麗好きの方もいらっしゃるでしょうし。

そこら辺は少々曖昧な感じもします ^^;

でも、知った以上はやらなければ!

            ♢

・・・でも、一応申し上げておきますが
お葬式の際に使用する道具のすべては、お葬式が終わったたびに必ずお掃除してるんですよ。
傷が付いたり、ちょっとしたガタがあれば必ず修繕しますし
修繕が無理なら、その道具はすぐに廃棄します。
もちろん、消耗品の使いまわしもしません。

っていうか
ちゃんとした葬儀屋さんは皆、当たり前のようにそうしています、間違いなく。
以前私が在籍していた葬儀社には、それ専門の社員(嘱託)がいましたから。

道具を綺麗にするとね
ひとつひとつの道具を丁寧に扱うようになるし、お仕事全般も美しく仕上げようとするものなんです。
これだけは間違いない。

            ♢

さて。
決算期の大掃除の他に、もう一度大掃除をするならいつか。
単純に考えれば、半期決算の時期ということになります。
・・・うん。
ウチの場合、比較的現場が忙しくない時期にはなりますネ。
時期が近付いたら
ウチのスタッフに通達して、大掃除やります!

・・・良いこと聞いたなァ ♪





[PR]
# by dscorp-japan | 2017-12-27 00:00 | ニュース | Comments(4)

「雨のクリスマス」

 
あらためまして
皆様、主の御降誕おめでとうございます。
救い主イエス・キリストがお生まれになったこの日
世界中のすべての人の上に、神様の恵みと慈しみが豊かに注がれますように。

            ♢

・・・なんだかムード歌謡曲みたいなタイトルですが・・・


クリスマス・イヴの名古屋エリア
昨日は、夕刻から日没を待っていたかのように雨が降り出しました。
それも大雨と言っていいレベルの、かなり激しい雨量で。

(雨かァ・・・今年はサボっちまうか?)
と、直前までかなり本気で悩んでいたわけですが・・・

キリスト教徒の哀しい性と申しますか
結局、半ば惰性のように教会までクルマを走らせてしまったわけです (^^ゞ

私の所属するカトリック布池教会では
毎年12月24日の夜には、午後8時・午後10時・深夜0時と、計3回のミサがあるわけですが、当然ながら、午後8時からのミサが最も参列者の多いミサとなります。
カトリック信徒にとって、このミサは「司教ミサ」でもありますし
一般の方々にとっても、足が向きやすい時間であるということでしょう。
一方で(多くの教会がそうなのですが)駐車場が殆どありません。
特にこの日は近隣のコインパーキングもすぐに満車になります。

ということで、毎年早めに教会に着くようにしているのですが
今年はすでにどこも満車でした。
雨ということもあったのでしょうが
例年になく、早くからのクルマでの参列者が多かったようです。

それでも何とか駐車場を見つけて教会に行きますと
すでに教会聖堂の会衆席(裕に500名以上座れます)は満席で、立ち見の方も大勢いらっしゃる。
でもそれはそれで想定内だったのですが、問題は「傘」。
これだけの多くの参列者が持つ「傘」の置き場所がない。
傘立てはありますが、すぐにいっぱいになるので
傘袋を用意して、信徒の方が聖堂入り口で傘袋を用意して配っていらっしゃったんですね。

(こりゃ大変だわァ)と、他人事のように眺めていたら・・・

「オカダ君(=私)助けて!」

と、教会の案内係を務める信者さんからSOSが。
聞けば「傘袋が全然足りない」とのこと。
正確には
「今はまだあるけれど、このペースだと間違いなく足りなくなる」ということ。

つまり
私の会社にある、お葬式で使用する傘袋スタンドを貸して欲しいというわけです。

「お願い、出来れば今すぐ貸して!」

・・・私、会社に取りに戻りましたよ。
苦労してようやく駐車場を見つけたのに、早々に駐車場を放棄して。

急いで傘袋スタンド二台を持って教会へ戻って、あとはもう延々と傘袋渡しのお手伝いと、雨で濡れた聖堂入り口のモップ拭き ^^;

あっという間に、深夜0時過ぎまでお手伝いで終わっちゃった・・・

主任神父様は神父様で
「これ(=傘袋スタンド)良いなァ。このまま教会に置き忘れていってもらって良いよ」

・・・って、おい!

結局この傘袋スタンド
ウチがお葬式で使用するとき以外は、教会に “ 無期限貸し出し ” ということに(笑)

お手伝いスタッフの信者さんたち曰く
「オカダ君、きっと神様の恵みがたくさんあるわよ!」

・・・ホンマかいな ^^;





[PR]
# by dscorp-japan | 2017-12-25 13:14 | キリスト教 | Comments(2)

『お葬式費用の総額が一定』というのに無理がある

 
はじめに。

ずっとブログの記事更新をサボっていたら
周りの方から「さすがにあんなに放っておいたらダメでしょ」と、お叱りの言葉をいただきました 。
これだけサボっていたのですから、言い訳の言葉もございません。
ただただ単純に、気分が乗らなかっただけであります (^^ゞ
ご心配いただきました方々にはお詫び申し上げます次第でございます m(_ _)m

            ♢

さて、本題。

昨日ネット上に、こんなニュースがアップされました。

「イオンのお葬式」に措置命令=「不要の追加料金」請求4割―消費者庁

『イオンのお葬式』というのは、イオンライフさんが全国の信頼できる葬儀屋さんを紹介して下さるという『葬儀屋さんの紹介屋さん』といえると思います。
イオンライフさんの定める品質基準(140項目もあるそうです)をクリアした葬儀屋さんがイオンライフさんと提携して『イオンのお葬式』に依頼のあったお葬式を、提携葬儀屋さんが施行するというものです。

この「葬儀屋さん紹介業」自体に何らの問題はないと思います(個人的には好きじゃありませんが)。
ニュース記事にもあるように
問題は、葬儀のセット価格以外には「追加料金不要」と謳ってしまったことです。

消費者庁の措置命令をうけて
すでに『イオンのお葬式』公式HPの価格表の但し書きが改訂されてますが・・・


お葬式って、千差万別なんです。
様々なケースで亡くなられますし
様々な場所で亡くなられますし
お葬式を終えるまでに費やされる日数だって変わってきます。
それらのあらゆるケースをひとまとめにしてしまうこと自体に無理がある。

おそらくこれまで
イオンライフさんと提携する葬儀屋さんは、様々なご苦労をされてきたのだろうなぁと思います。
(詳しくは申しませんが、実際にあったそういう話を聞いております)


私はここで
殊更に『イオンのお葬式』を批判したいのではありません。
措置命令を受けたわけですから、善処してくださることでしょう。
私が申し上げたいのは
「お葬式の最終的な総額は、お葬式が終わらない限りはっきりしない」ということです。
葬儀屋さんの提示する「セット料金」は
あくまでも「基本料金」であって「スタート価格」なんです。
そこを起点として
必要と考えられるものを追加していく。
多分、これはこの先も変わらないと思います。





[PR]
# by dscorp-japan | 2017-12-23 03:41 | 葬儀 | Comments(2)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30