D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

サガヤラジ神父様の追悼ミサ

 
皆様
“ 待ちに待った ” ゴールデンウィーク、ですよね?(笑)
皆様にとって
この一週間が素晴らしい日々となりますように m(_ _)m


さて。
ゴールデンウィーク初日であった昨日(4月28日)
ちょうど一年前の今日、天国に召されたサガヤラジ神父様の追悼ミサが
岐阜県多治見市にある、カトリック多治見教会・多治見修道院にて執り行われました。

( → 過去記事

日本の仏教風な表現をすれば
昨日がサガ神父様の『一周忌』の日にあたるわけです。
今回の “ 一周忌 ” 追悼ミサは
サガ神父様と同じ、インド出身の神言修道会司祭である、スサイ神父様の呼びかけによるものでした。
有難いことに、私たちスタッフもお声をかけていただき
追悼ミサのための祭壇をお手伝いさせていただき、一緒にお祈りさせていただきました。

a0153243_23383912.jpg
カトリック多治見教会・聖堂にて


・・・嘘偽りなく申しますと
正直なところ、最近はサガ神父様のことをあまり考えておりませんでした。
「忙しさにかまけて」というのは全くの言い訳でしかなく
ただただ、私が薄情者であったということなのでしょう・・・<(_ _)>

でも
午後からの追悼ミサの準備の為、多治見教会の聖堂で作業を進めるうちに
サガ神父様との思い出などが次々と思い出され
(薄情者のくせに)目頭が熱くなって仕方がありませんでした・・・

追悼ミサは
生前のサガ神父様と仲が良かった、同じ神言会司祭でドイツ人のプルム神父様を筆頭に、今回の企画立案者であるスサイ神父様、そしてサガ神父様の同郷司祭であるアルバート神父様による共同司式で執り行われました。

ミサ中の説教はスサイ神父様がお話し下さいました。

「私たちのお友だちであり、先生であり、神父様であるサガ神父様の為に集まって下さり、本当にありがとうございます」
「サガ神父様は
出会った全ての人との関わりを大切にされた方でした。だからこうして、多くの方々にお集まりいただけたのだと思います」
「朝から晩まで、サガ神父様は常に忙しそうに働いていました。
きっとサガ神父様は、私たちが70年80年という一生の時間をかけて成し遂げることを
たったの50年で成し遂げられたのだと思います。
だから神様が、サガ神父様のこの世での働きに満足されて
『サガ、もう充分だよ』と、この世での務めに終止符を打たせ、天国へ連れていかれたのではないでしょうか」

・・・とても良いお話でした。
スサイ神父様のお話をお聞きしながら
偽善者の私は、何度も涙が溢れてきて仕方ありませんでした・・・

            ♢

・・・あらためて思いました。

追悼ミサとか
追悼礼拝とか
年忌法要とか
正直(面倒臭ェなァ~)とか思うかもしれません。

でも
大切な人の為に集まり祈る機会って、とっても大切!
私のような人間でも
そういう機会に参加することで、あらためて亡くなった方のことを思い出し
その方の魂の安息を祈る想いを新たにすることができるんです。

そうです。
私のような薄情者だからこそ
「追悼ミサ」や「年忌法要」には積極的に参加すべきなのだと。

私のような人間が申し上げるのは恐縮なのですが
大切な方のことを思い出さなくなってしまったことを恥じる必要はないのだと。
(面倒臭い)と思ったままでもいいから
とにかく、その機会を逃してはいけないのだと。

その場所に身を置けば分かります。
そのとききっと
あらためて大切な方のことを思い出し、自然に祈ることでしょう。

そして
それは間違いなく、亡くなられた方にとっての喜びとなるのだと。






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-04-29 00:25 | おともだち | Comments(4)

クイーン『ALL DEAD, ALL DEAD』の別バージョン

 
・・・やっぱりクイーンは良いのです。
もう何百回、もしかすると千回以上聴いてる曲もあるはずなのに
全く飽きないのであります。

私の家にはクイーンのアルバム(LP)がほぼ揃っております。
今でも思い出したように、レコードプレーヤーで回します。
たとえば部屋の掃除をしながらかけると
いつのまにか、掃除の手を止めてスピーカーの前に座ってしまいます。

・・・きっと私は
彼らの音楽を死ぬまで聴き続けることでしょう・・・


で、今回ご紹介する曲ですが
実はすでに以前、この曲はここで取り上げているんです( → 過去記事
ところが
最近知ったのですが、私の大好きなこの曲の別バージョンが公開されていたんですね。

で、早速聴いてみたのですが
これはまたこれで素晴らしいのであります・・・!

以前ここでご紹介したのは
クイーンファンなら誰もが聴いたことのあるアルバム・バージョンです。
ギタリストであるブライアン・メイが作曲し
アルバムバージョンではブライアン自身がヴォーカルもとっています。
フレディ・マーキュリーはバックコーラス(&おそらくピアノ)のみです。

対して
今回ご紹介するアナザー・バージョンでは、フレディがメインボーカルをとっているんですね~
(過去記事にあるアルバム・バージョンと聴き比べてみて下さい)






アルバム・バージョンと異なるのは
イントロ部分で歌詞が追加されていること。
そして
最初の1ヴァース目の歌詞も書き換えられていること。

・・・何と申しましょうか
基本的には同じ曲なのですが
フレディが歌うと、途端に「フレディの曲」になってしまったかのような印象です。
私は、ブライアンの少々弱々しいボーカルも好きなんです。
声量があるわけではないけれど、決して上手くないわけじゃない。
ブライアンの性格を表すような、優しげな雰囲気が大好きです。
しかし、どうでしょう。
フレディが歌うこの曲は
まるでフレディ自身の哀しみを詩にしたかのように聴こえます・・・

そしてもうひとつついでに
この動画(オフィシャル)のアニメがまた素晴らしい!
ネコ好きだったフレディにピッタリの映像だと思います。






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-04-17 22:28 | 音楽 | Comments(2)

宗教離れ

 
→ ネタ元のニュース記事はコチラ

・・・ニュース記事を読む限りで思いますのは
どうやら人々の「宗教離れ」は、日本の仏教離れに限ったことではないということなのでしょうか・・・

            ♢

さて。
カトリック信者でありながら言うのも何ですけれど
日々、それなりに何とか生活するなかで
(宗教とか信仰心って、本当に必要か?)って思うことは、正直時々あります。
だって
宗教なんて無くても(基本的に)働けさえすればメシは食えるし雨風もしのげる。
経済的にどうにもならなくなっても
最終的には「お国」が何とかしてくれることを期待できないわけでもない。
叶わぬ思いに悩むときでさえ
「神様助けて!」と天を仰ぐことが、はたしてどれだけあるでしょう。
(私はしょっちゅうあるんですけどネ)

・・・これは私見ですけれど
ニュース記事にある「欧州でのキリスト教離れ」って「先進国だから」というのが一因にあると思うんです。
特に先進諸国における「人口の減少」「高齢化」という問題も勿論ですが
先進国ゆえの経済的・物質的な「豊かさ」が、人々の目を宗教から遠ざけているということなのではないかと。

特に先進諸国に暮らす人々の意識が
どうやら「神」という概念を必要としなくなってきたという。

記事にある「イスラム教の台頭」というのも
元々からイスラム教の家系の人口比率が増加傾向にある、という意味なのではないでしょうか。
つまり「イスラム教を信仰する人が増えた」というのではなく
キリスト教の人口が減少したことで、相対的にイスラム教信者の割合が増えたということかと。

つまりこの問題の根本は
「キリスト教離れ」ということではなく「宗教離れ」ということでしょう。
(アジア圏を除いて)多くの先進諸国がキリスト教圏にあるので
それら先進諸国のデフォルト宗教がキリスト教なのであって、そこに暮らす人々の意識が「宗教から離れる」つまり「キリスト教から離れる」という現象として表れたということ。

・・・そりゃね
キリスト教、特にローマ・カトリックほど血生臭い歴史を辿ってきた宗教もないわけで(笑汗)
「そんな宗教はまっぴら御免だ」という意見も分かるのですが・・・

            ♢

ここで私は敢えて
葬儀屋さんという立場で申し上げたいと思います。

「あなたの大切な人を亡くしたとき
大切な人の魂を、誰に(或いは何に)委ねるのですか」

なにもキリスト教である必要はありません。
イスラム教でもユダヤ教でも仏教でも神道でも、何でもいいんです。
「そのとき」がきたとき
あなたの拠り所となる「何か」くらいは持っておいて損は無いんじゃないの?と思うわけなのです。






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-04-06 17:57 | 宗教 | Comments(8)

遅まきながら

 
タイトルにありますように
キリスト教における最大の祝日である復活祭(イースター)は
今年4月1日に迎えました。

ということで
皆さま、主のご復活おめでとうございます ♪

よく
キリスト教は「愛の宗教」といわれます。
と同時に
キリスト教は「復活の宗教」でもあります。
「救い主イエス・キリストの復活」はキリスト教の根源的な教義であり
イエス・キリストの復活なくして、キリスト教は成立しないのであります。
これが
復活祭(イースター)が、キリスト教最大の祝日である所以であります。

私たちの罪を、イエス・キリストが私たちに代わって贖(あがな)って下さったことによる救いの御業
つまり「イエス・キリストの、十字架上での死と復活」があったからこそ、イエス・キリストは私たち人類の「救い主」であると信じられているわけです。


・・・私なんぞはド不良信者なわけですが (^^ゞ
それこそ、毎日を神への感謝のうちに過ごされていらっしゃる方々は
この復活祭(イースター)を迎えるまでの約40日間(厳密には46日間)である四旬節(受難節)を、イエス・キリストの受難に思いを馳せながら慎ましく生活されていらっしゃったに違いないのであります。
そのような方々にとって復活祭(イースター)を迎えることは
本当に、心の底からの大きな喜びなのです。

・・・オマエがエラそうなこと言うな!って話ですが・・・<(_ _)>


それでも
ダメダメ信者であるこんな私でも
(あぁ、今年も何とかこの日を迎えられたのだなァ)と、感慨にふけるものではあります。

毎年、桜の季節を迎えられる喜びと同じように
キリスト教を信じる私たちにとって
復活祭(イースター)とは、救い主イエス・キリストの救いの御業に賛美と感謝する日であるとともに、教会典礼の最大の祝日を「今年もまた迎えることができた」という喜びを味わう日でもあるのです・・・





[PR]
# by dscorp-japan | 2018-04-02 18:22 | キリスト教 | Comments(6)

やっぱりお葬式はあるわけで・・・

 
キリスト教専門葬儀屋さんとしては
復活祭(イースター)までの一週間(聖週間・受難週・聖週)、なんとかお葬式がありませんようにと祈るわけなのですが・・・

やっぱりお葬式のご依頼がありまして・・・

教会サイドと協議の上
聖週間典礼の合間をかいくぐるような日程で、何とかお葬式をお手伝いさせていただいている状況であります。
ご遺族様方々には、多大なご迷惑をおかけしておりますが
教会典礼の事情をご理解いただきご協力を仰ぎつつ、本日通夜式を挙行させていただきました。


そんななか救われるのが
まずはお天気が崩れていないということと
現在、名古屋エリアの桜が満開であるということでしょうか。

「満開の桜に送られるのだから幸せです」

そう仰っていただけると
私どもとしましても、ほんの少しだけ気持ちが軽くなります m(_ _)m


a0153243_18413591.jpg
今日の、私の自宅近くの桜並木デス


皆さま
どうぞ良き復活祭をお迎えください。
そして
今、様々な悩みや苦しみ、病との闘いのなかにあるすべての方の上に
主イエスの受難の先にある、ご復活の恵みと慰めが豊かに注がれますように。





[PR]
# by dscorp-japan | 2018-03-30 19:32 | 葬儀 | Comments(2)

聖週間(受難週・聖週)なのです

 
・・・名古屋エリア
一気に桜の花が咲き始めました。


キリスト教会では
昨日の『枝の主日(棕櫚の主日・聖枝祭)』からの一週間を指す『聖週間(受難週・聖週)』に入りました。
つまり
次の日曜日の『復活祭(イースター)』まで、キリスト教会にとって最も重要な一週間を迎えるわけであります。

・・・もう毎年申し上げていることですが
キリスト教専門葬儀屋さんである私たちにとって、この一週間は最も神経を使う期間であります。
多くの教会において
特にこの時期は多くの典礼上の行事が行われるわけでして、この期間中にでお葬式のご依頼が入ると、日程調整に細心の注意を払う必要があるわけです。

式場となる、教会の行事予定。
司式される神父様(牧師先生)のご予定。
これらに火葬場の空き状況を照らし合わせて
もちろん、ご遺族のご希望も充分に加味させていただいたうえで
何とかしてお葬式の日程を探ってゆくプロセスが大切になります。

とはいえ
これらすべての事情を照らし合わせていく以上、どうしてもご遺族様のご希望に添えない日程とならざるを得ないケースも少なくありません。
ですから
ホンネで申しますと、特にこの時期だけは(お葬式のご依頼がありませんように!)と切に願うばかりなのであります・・・






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-03-26 00:56 | キリスト教 | Comments(6)

私にはできない

 
今日は全国的に冷え込んでおりますが
こんなに寒くても「春分の日」なんですね~


さて。
今日、カトリック名古屋教区では
司祭職(神父様)や修道者(ブラザーやシスター)の皆様など、その生涯をカトリック教会のために奉げられた方々のなかで、奉献生活50周年(=金祝)或いは25周年(=銀祝)を迎えられた方々を祝うミサが行われました。


・・・誤解を恐れずに正直に申します。
私は
カトリック教会に限らず「教会のためにその生涯を捧げる」方々のことを “ 変人 ” じゃねェかと思っております(笑汗)

だって、考えられないですもん。
基本的に「年中無休」「24時間営業」。
そのくせ
(カトリックの場合)好きな人がいても結婚できない。
自分の為に大金を稼ぐ経済活動もできない。
自分がヘロヘロに落ち込んでいようと
教会信者の皆様から「助けて」と請われれば応えなきゃいけない。
たとえばお葬式の場面においても
神父様が高熱でフラフラな状態にもかかわらず、亡くなられた方とそのご家族のために、一生懸命お葬式の司式をされるお姿を何度も拝見しております。
(無理することないのに)
(誰か代打を頼めばいいのに)
って思います。
でも神父様たちは
余程のことが無い限り「体調が悪いからパス!」とは仰らないんです。

そういう条件を分かったうえで
「私、やります」って、言えますか?
少なくとも私には言えません。
なんていうか
言葉は悪いですけれど「一生を棒に振る」感じさえしませんか?


・・・そうなんです。
私たちからみれば「一生を棒に振る」ような選択が
彼ら彼女らにしてみれば、その生涯を「神様に奉げる」ということなんですよね。
もうね
私なんぞからしてみれば、その選択を決意されたというだけで尊敬に値することだと思うんですよ。

そして
そんな奉献生活を25年、更には50年の長きに亘り継続されてこられたのです。
今日、金祝や銀祝を迎えられた方々を祝うことはもちろんですが
それ以上に私たち信徒は、心からの敬意と感謝の念をもたなくてはならないと思うのです。





[PR]
# by dscorp-japan | 2018-03-21 16:46 | キリスト教 | Comments(4)

『 They Dance Alone (Cueca Solo)・孤独のダンス』 スティング

 
・・・相変わらずサボってますよね、ブログ記事更新 (^^ゞ

記事更新はサボってるくせに
映画とか観たり小説読んだりする時間は作るんです、はい。
確信犯ですよね・・・

ということで
先日、以前から観たかった映画『コロニア』を観ました。
a0153243_02111267.jpg
2016年公開

(映画の詳細については公式HPをご覧ください)


私が本作に興味を惹かれた理由は
本作が、実際に南米のチリで実際にあった話だということです。

それまで、チリという国やその歴史については詳しくなかったのですが
今回取り上げた、スティングの『孤独のダンス』の歌詞に
“ Hey Mr.Pinochet ~”
と、当時チリの大統領だったアウグスト・ピノチェトに語りかけていて
(アルバム発売年は1987年。ピノチェト政権の真っ只中でした)
その意味を、当時購入したLPの歌詞カードで読んでみて興味を持ちました。

「民主化」という錦の御旗のもと
クーデターにより、軍事政権として国を支配し
それまでの政権に関係した市民を大量虐殺し
その後も反ピノチェト派の人間をあぶり出しては拷問にかけたという・・・

映画『コロニア』は
そんなピノチェト政権の拷問を手助けしていたとされる『コロニア・ディグニダ(現在はビジャ・バビエラ)』について描かれた作品だったわけです。


・・・このブログのなかでは
一切の政治的な発言はしないものと考えておりますので、チリの政治的な歴史とその背景について意見することは差し控えさせていただきます。
ただ
スティングによる本作で歌われる歌詞
“ Can you think of your own mother
dancin' with her invisible son? ”
という一節に、当時の私は大いに心を揺さぶられたものだったのでした・・・





当時のスティング氏が
コロニア・ディグニダや、そのリーダーであるパウル・シェーファーのことを知っていたのかは分かりません。
でも間違いなくこの曲は
ピノチェトのみならず、シェーファーにも向けられた作品であると言えると思います。





[PR]
# by dscorp-japan | 2018-03-02 02:54 | 音楽 | Comments(6)

語学力

 
キリスト教専門葬儀社ということで
私たちはしばしば、在日外国籍の方々のお葬式をお手伝いさせていただくことがあります。
特にカトリックの場合ですと
英語圏の方々はもちろんのこと
フィリピンの方々や南米(ポルトガル・ペルー・ボリビアなど)の方々のお葬式が少なくありません。

そうした方々のお葬式をお手伝いする際に重要なのが
「ご遺族とのコミュニケーション」と「ご本人やご遺族の母国文化や伝統」ということになるかと思います。
特に「ご遺族とのコミュニケーション」
つまり、お葬式を執り行うにあたっての打ち合わせであります。

日本在住ということですから、日本語で大丈夫といきたいところなのですが
実のところ、必ずしもそういうわけにもいかないのが実情です。
特にお亡くなりになられた方の世代の方など
日本で暮らしてはいるけれど、日本語は殆ど分からないという方も少なくありません。

・・・さて。
このようなお客様との打ち合わせはどういたしましょう。
「帰国子女」の端くれではある私ですが
私の拙い英語など、まったく役に立たないこともしばしば ^^;
英語って世界共通の言語みたいに思われがちなのですが
たとえば南米系の方々に(私の拙い)英語でお話ししたところで、まったく理解していただけなかったりします。

実態として申しますと
それら日本語の分からない方々のご子息様などが通訳の役割を担っていただくケースが多いかと思われます。

・・・とは申しましても
必ずしもそういった日本語の変わる方がいらっしゃるという保証もないわけで・・・

ですから私の場合
重要なキーワードとなる単語だけでも覚えておこうということで
私のスマホのメモ帳には、そうした単語が登録されています。

たとえばスペイン語。
(実のところ、スペイン語圏の方のお葬式が非常に多いのです)

「教会」ですと『イグレシア(Igresia)』
「通夜」ですと『ヴェロリオ(Verolio)』
「葬儀」ですと『エンティエロ(Entierro)』
「火葬」ですと『クレマスィオン(Cremacion)』
「祈り」ですと『オラスィオン(Oracion)』

「主の祈り」ですと『パードレ・ヌエストロ』
「アヴェマリアの祈り」はそのまま『アヴェマリア』ですね。
「栄唱」なら『グロリア』。

これで充分とは申しませんが
これだけでも知らないよりはマシ、ということで (^^ゞ






[PR]
# by dscorp-japan | 2018-02-19 12:49 | 葬儀 | Comments(2)

老いを感じるこの頃

 
ブログの記事更新をサボる癖がついて久しいわけですが
さすがに約半月もサボるというのはイカンですよね・・・^^;

先日も、隣県にあるはじめてお葬式をお手伝いする教会へお邪魔した際
その教会の信者さんから言われてしまいました。

「あなたがオカダさんですか?
ようやくお会いすることができました。
私はオカダさんのブログをずっと拝見していたんですよ」

恥ずかしくも、有難いお言葉ではあります。

「でも最近は記事更新がありませんよね」

・・・も、申し訳ございませんッ m(_ _)m


毎度の言い訳ですけれど
この時期、ムチャクチャ忙しいのであります。
記事更新する時間が無い、といえばウソになりますが
連日お葬式の現場に赴き、私なりに気合を入れてお手伝いさせていただく日々が続きますと、自宅に帰ってきたときはもう精魂尽き果ててたりするんです。
連日コンビニ弁当で夕食を済ませ
タバコをくわえながらぼんやりとテレビを観ているうちに
怒涛の睡魔が襲ってきて、もうあとは風呂に入って寝るだけなのであります。

さすがに歳なのです、きっと。
以前ならクタクタになっても
(ブログ記事書かなきゃ)って思えたものです。
でも今じゃ
布団の中で本を読む習慣さえ、何気にもどかしくなってきたくらいです。


一週間前
以前の葬儀社時代の仲間が心筋梗塞で入院しました。
私より2~3歳上の人ですけれど
私と違ってお酒をたしなむ人ですけれど・・・
もう私も、そういうお年頃なのであります。


・・・って
やっぱり言い訳がましいですかね (^^ゞ



明日は灰の水曜日だ。





[PR]
# by dscorp-japan | 2018-02-13 22:31 | 思うに・・・ | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30