D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『有限会社ディーズ』の由来

西経一神父様が名付け親という、ウチの会社名の由来をば。。。

私は決して熱心なカトリック信者などではないのですが、それでも多少は聖書なんてものを読んだりしたこともあるわけです。
私がまだ幼少の頃、聖書にあるエピソードのひとつに惹かれました。
『ルカによる福音書』23章です。

簡単に言うと、イエスと一緒に十字架に架けられた二人の罪人のひとりが
「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、私のことを思い出して下さい」
と言ったら、イエスは
「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」
と言ったというエピソードです。

・・・待てよ、と。
これってつまり、どんだけ悪いことしてても「イエス様ァ~、ごめんちゃいm(_ _)m」と言えば
「しゃ~ないなァ~」と、ゆるしてもらえるってことじゃないか?と。
子供の頃の私は、都合良くそう捉えたのでした。
いわゆる“天国泥棒”。

で、会社を設立する際に、私はこの罪人(教会では一般的に「善き罪人」「イエス様の右の人」とかいわれます)の名前を社名にしたいと思ったわけです。
西神父様にお聞きしたところ、

「そりゃお前、『デュスマス』だわ」
「でも『有限会社デュスマス』って、言いにくくないか?頭文字をとってD'sでどうだ」

と相成りました。

ちょっと真面目になりますが、
人って誰でも罪を犯しますよね。
でも、誰のなかにも良心の欠片みたいなものがあって、自分の犯してきた罪を内に秘めつつ、心を痛めながら生きていますよね。

私は、「ごめんなさい」のチャンスは死ぬ瞬間まで与えられていると思うんです。
(実はこれ、映画『エクソシスト』のカラス神父の生き様でもあります)
だどするなら、ウチの会社でお葬式をされたすべての方が「ごめんなさい」を経て、めでたく“楽園”に行っていただけるとしたら、
“ふたつ不埒な悪行三昧”の私だって、少しは人さまのお役に立てるのではないかと。


“天国泥棒”、大いに結構!
キリスト教は、そういう宗教なのですから。
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-06 00:14 | Comments(0)

『君たちへ』 西 経一 著



「君たちへ」西 経一 著

本の紹介というか、著者の紹介というか。。。

神言会司祭であり、名古屋にある南山中・高等学校の校長であらせられる西 経一神父様。
この方とはもう「腐れ縁」とでも申しましょうか、長きにわたりお付き合いさせていただいております。
実はウチの会社の名付け親でもあります。
彼について多くを話すことは“敢えて”控えましょう(笑)
ただ、すごい人です。
是非ご一読を♪

因みに、この本の表紙絵と挿絵、私が描きました(恥)
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-05 12:34 | | Comments(2)

とある神父様からの電話~その後~

結局、昨晩電話のあった神父様が執り行うお通夜に私も顔を出してきました。
私が「葬儀屋さん」ということは伏せて、あくまでも、一カトリック信徒のお手伝い役として。

私は思うのです。
『セレモニーホール』、たしかに便利ですよね。
私もその昔、勤務していた葬儀社のセレモニーホール支配人をしてましたから、その良さは十分に理解しています。
・・・でも、葬儀を『宗教儀礼』という側面で捉えた場合、はたしてセレモニーホールがベストなのかというと、少々疑問符がつくような気がします。
これはキリスト教だけを指して言っているのではありません。
仏教だって同じことだと思うのです。
キリスト教に教会があるように、仏教にはお寺がある。
教会には祭壇があって、お寺には本尊が祀られているわけです。
いわゆる『本物』があるんです。

人は皆大切な人を亡くしたとき、その魂の安息を願って手を合わせます。
では、誰に手を合わせるのか。
故人に対して?
勿論それもあるでしょう。
でもそれと同時に、自分たちの信じる神仏に故人の魂を委ねるために手を合わせるのではないでしょうか。
だとするなら、『本物』に依り頼みたいとは思いませんか。
教会やお寺の柱の一本一本に染みついた、人々の喜びや悲しみ、笑いや涙。
そういうものって、私はとても尊いものだと思うのです。

私は、宗教って『死生観』の捉え方だと思っています。
だとするなら、お葬式こそ、自分の信仰する宗教施設で執り行うのが理に叶っているのではと思うのです。

セレモニーホールを悪者扱いするつもりは微塵もありません。
ただ、セレモニーホールでのお葬式が増えることが、日本人の宗教的感性を希薄にしてしまわないことを願うばかりなのです。
逆に言うのなら、セレモニーホールはもっと、本当の意味での『祈りの場』としての空間を提供するということを考えていかなくてはならないだろうなぁと思うのです。

セレモニーホールでお葬式をした方々へ。
どうか、後からでもいいから、自分の信仰するお寺や教会へ行って、ほんの少しでもいいから故人のために祈ってあげて下さい。

それが、私の偽らざる思いです。

エラそうなこと言ってごめんなさいm(_ _)m
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-05 02:07 | 葬儀 | Comments(0)

エクソシスト

 
a0153243_18172162.jpg


言わずと知れた、ホラー映画の金字塔。
でも私、小学生のときにこの映画を見て、感動して泣きました。
私のなかではこの映画、とても崇高な宗教映画です。
多くの皆さんはこの映画のグロテスクな描写を「怖い」と思われるのでしょう(実際、私も怖かったけど)
でもこの映画の本質は、若きカトリック司祭・カラス神父の苦悩とその先にある救いにあると私は言いたい!
カラス神父は、自分の信仰に疑問を持ちながら司祭職を続けるべきかを悩んでいて、一方で年老いた自分の母親の死に目にも会えなかったことを悔いていて、そんなときにエクソシズム(悪魔払い)に立ち会うことになって・・・最後の最後、カラス神父の手の動きがすべてを物語る!!!

この映画を見て(自分はカトリックで良かった)と、子供心に思ったものでした。

この映画、公開当時、いろんな問題があったそうな。
『呪われた映画』だの『悪魔が宿った映画』だの・・・
アホか!
冗談じゃない!


そしてこの映画で、私は生涯追い続けることになるMike Oldfieldの音楽とも出会うのでした。。。
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-04 09:09 | 映画・テレビ | Comments(13)

とある神父様からの電話。

独り身の夜はおセンチな気分になる。

さっき、仲のいいカトリック司祭のひとりから電話がありました。
この方もまた寂しがり屋さんで、よく、しこたまビールを飲んだ後に電話してきます(汗)
しかし今日の電話は(珍しく)違いました。
名古屋に拠点を置く、某葬儀社のセレモニーホールでカトリックの方の葬儀があって、神父様がいないから葬儀の司式をお願いされたそうです。
ところがその葬儀社さん、カトリックの葬儀に使用する道具(「祭具」といいます)が何もないそうで、その神父様はすべての祭具を持参しなくてはならないということでした。

「仏教のお葬式のときもお坊さんたちが全部持っていくの?」

「いいや、仏式の道具は葬儀屋が全部用意するのが普通だよ」

「仏教はいいなぁ、全部葬儀屋さんが用意してくれるんだ・・・」

・・・何が正しいのかは私にも分かりません。
しかし、仏教の道具は用意して、カトリックの道具は用意しないってのは、そりゃ司式者にしてみれば若干の違和感は感じるでしょうね。
そして、多くの葬儀屋さんは「宗旨宗派を問いません」というけれど、実際にキリスト教のお葬式を熟知した葬儀屋さんは少ないんです、本当に。

「あの葬儀屋さん、カトリックの式場の飾り方、分かってるかなぁ。僕、心配なんだよね」

「式場の設営について、担当者は聞いてきたの?」

「いいや。でも心配だから、早めに式場に行って見てこようと思ってる」

・・・これが実態。
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-04 01:00 | 葬儀 | Comments(0)

『宣教者たち』

a0153243_16453860.jpg
『宣教者たち』 (900mm×5400mm アクリルガッシュ)


名古屋市昭和区に、カトリック修道会『神言会』の施設『神言会ハウス』というのがあります。
ここは、神言会の司祭たちが暮らす修道院です。
一昨年、神言会が日本宣教100周年を迎え、これにあわせて神言会ハウスに絵画を描いてほしいという、大変に名誉な依頼をいただきました。
どういう絵にするのかかなり悩んだのですが、キーワードとして
『宣教』→『海』
『修道者』→『白百合』
と考え、これを絵にしたわけです。
開いた百合の花は12本。12使徒をイメージしてます。

元来私の絵は「暗い」と言われますが、たしかに暗いか。。。
でも、自分としてはかなり好きな絵です。






[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-03 18:30 | 絵画 | Comments(2)

クラス会

昨晩、高校二年のクラス会に行って参りました。

参加者の皆にとっても私にとっても、高校二年のクラスは特別なものでした。
メンバー全員が奇跡的に集まったような、そんなクラス。
だから昨年夏、約25年ぶりのクラス会があった時の出席率の高いこと!
皆ずっと離れていたけど、それぞれが(いつか必ず会いたい)と思っていたはず。
なぁんか、長い間離れ離れになっていた兄弟姉妹が再会したような。。。

昨日も大変に楽しい時間を過ごすことができました。
この歳になって、大切な仲間がいることは幸せなことです。

ありがたや~
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-03 16:26 | 思うに・・・ | Comments(0)

娘・3号 『 PRS 20th Anniversary Model 』

今日は私の娘のひとりを紹介します。

a0153243_1612940.jpg
Paul Read Smith 20th記念モデル

ギターは子どもの頃から始めましたが、真剣に練習などしていないので全く上達しません。
譜面も読めないし、基礎理論も全く知りません。
完全な“耳コピ”だけでやってます。
それでも大好きなMike Oldfieldの曲は所々弾けるとこだけ弾いて悦に入ってます。
なんたって、小学2年生のとき、生まれて初めて耳コピしたのがTubular Bells(映画『エクソシスト』のテーマに使われた)の、あの旋律ですから、Mikeとは死ぬまでお付き合い。
だからこの子も、Mikeが使ってるという理由だけで大枚はたいて手に入れました。

この子、とってもいい音がします♪
低音はやや弱いですが、中高音の伸びがピカイチ。
この子は絶対嫁なんかにゃ出さねぇ。






[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-02 16:24 | 音楽 | Comments(2)

ごあいさつ。

新年を迎え、小生、いよいよブログなるものに手を出すことに。

皆様、明けましておめでとうございます。
小生、キリスト教葬儀専門会社『有限会社ディーズ』の代表を務めさせていただいております、岡田と申します。
齢40も半ばのアナログ男が果たしてこのブログを続けることができるのか甚だ不安ではありますが、出来るだけやってみようと思います。

今後ここでは、日頃のお葬式のお仕事に携わるなかで思うこと、ただの一信徒からみたキリスト教のこと、さらには個人的な趣味などについて書いてみようと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

P.S.
今回のブログ立ち上げ及び『有限会社ディーズ』のHP作成に尽力いただいた“OB”女史に深謝!
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-01 22:43 | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31