D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

とある神父様からの電話。

独り身の夜はおセンチな気分になる。

さっき、仲のいいカトリック司祭のひとりから電話がありました。
この方もまた寂しがり屋さんで、よく、しこたまビールを飲んだ後に電話してきます(汗)
しかし今日の電話は(珍しく)違いました。
名古屋に拠点を置く、某葬儀社のセレモニーホールでカトリックの方の葬儀があって、神父様がいないから葬儀の司式をお願いされたそうです。
ところがその葬儀社さん、カトリックの葬儀に使用する道具(「祭具」といいます)が何もないそうで、その神父様はすべての祭具を持参しなくてはならないということでした。

「仏教のお葬式のときもお坊さんたちが全部持っていくの?」

「いいや、仏式の道具は葬儀屋が全部用意するのが普通だよ」

「仏教はいいなぁ、全部葬儀屋さんが用意してくれるんだ・・・」

・・・何が正しいのかは私にも分かりません。
しかし、仏教の道具は用意して、カトリックの道具は用意しないってのは、そりゃ司式者にしてみれば若干の違和感は感じるでしょうね。
そして、多くの葬儀屋さんは「宗旨宗派を問いません」というけれど、実際にキリスト教のお葬式を熟知した葬儀屋さんは少ないんです、本当に。

「あの葬儀屋さん、カトリックの式場の飾り方、分かってるかなぁ。僕、心配なんだよね」

「式場の設営について、担当者は聞いてきたの?」

「いいや。でも心配だから、早めに式場に行って見てこようと思ってる」

・・・これが実態。
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-04 01:00 | 葬儀 | Comments(0)

『宣教者たち』

a0153243_16453860.jpg
『宣教者たち』 (900mm×5400mm アクリルガッシュ)


名古屋市昭和区に、カトリック修道会『神言会』の施設『神言会ハウス』というのがあります。
ここは、神言会の司祭たちが暮らす修道院です。
一昨年、神言会が日本宣教100周年を迎え、これにあわせて神言会ハウスに絵画を描いてほしいという、大変に名誉な依頼をいただきました。
どういう絵にするのかかなり悩んだのですが、キーワードとして
『宣教』→『海』
『修道者』→『白百合』
と考え、これを絵にしたわけです。
開いた百合の花は12本。12使徒をイメージしてます。

元来私の絵は「暗い」と言われますが、たしかに暗いか。。。
でも、自分としてはかなり好きな絵です。






[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-03 18:30 | 絵画 | Comments(2)

クラス会

昨晩、高校二年のクラス会に行って参りました。

参加者の皆にとっても私にとっても、高校二年のクラスは特別なものでした。
メンバー全員が奇跡的に集まったような、そんなクラス。
だから昨年夏、約25年ぶりのクラス会があった時の出席率の高いこと!
皆ずっと離れていたけど、それぞれが(いつか必ず会いたい)と思っていたはず。
なぁんか、長い間離れ離れになっていた兄弟姉妹が再会したような。。。

昨日も大変に楽しい時間を過ごすことができました。
この歳になって、大切な仲間がいることは幸せなことです。

ありがたや~
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-03 16:26 | 思うに・・・ | Comments(0)

娘・3号 『 PRS 20th Anniversary Model 』

今日は私の娘のひとりを紹介します。

a0153243_1612940.jpg
Paul Read Smith 20th記念モデル

ギターは子どもの頃から始めましたが、真剣に練習などしていないので全く上達しません。
譜面も読めないし、基礎理論も全く知りません。
完全な“耳コピ”だけでやってます。
それでも大好きなMike Oldfieldの曲は所々弾けるとこだけ弾いて悦に入ってます。
なんたって、小学2年生のとき、生まれて初めて耳コピしたのがTubular Bells(映画『エクソシスト』のテーマに使われた)の、あの旋律ですから、Mikeとは死ぬまでお付き合い。
だからこの子も、Mikeが使ってるという理由だけで大枚はたいて手に入れました。

この子、とってもいい音がします♪
低音はやや弱いですが、中高音の伸びがピカイチ。
この子は絶対嫁なんかにゃ出さねぇ。






[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-02 16:24 | 音楽 | Comments(2)

ごあいさつ。

新年を迎え、小生、いよいよブログなるものに手を出すことに。

皆様、明けましておめでとうございます。
小生、キリスト教葬儀専門会社『有限会社ディーズ』の代表を務めさせていただいております、岡田と申します。
齢40も半ばのアナログ男が果たしてこのブログを続けることができるのか甚だ不安ではありますが、出来るだけやってみようと思います。

今後ここでは、日頃のお葬式のお仕事に携わるなかで思うこと、ただの一信徒からみたキリスト教のこと、さらには個人的な趣味などについて書いてみようと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

P.S.
今回のブログ立ち上げ及び『有限会社ディーズ』のHP作成に尽力いただいた“OB”女史に深謝!
[PR]
# by dscorp-japan | 2010-01-01 22:43 | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28