人気ブログランキング |

D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2019年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

これもまたグリーフワーク

 
もう半ば確信犯的にブログをサボっております。
言い訳はいたしません。
ただただサボっているだけなのであります m(_ _)m


さて。
只今、春のお彼岸であります。
私はカトリック信者ですが
ここでも再三申し上げておりますように『お彼岸』と『お墓参り』は、とても大切なことだと考えております。
お彼岸も、お盆も
今はこの世を去った私たちの大切な人のことを思い返すための “ きっかけ ” として、大きな意味があると思っているからです。
仏教だろうとキリスト教だろうと
「思い出す」「思い返す」ことこそが重要なのだと考えるわけです。

            ♢

かく申します私も
昨秋に母方の伯父を亡くしまして、ただいま伯父の納骨手続きを進めているところであります。
伯父には三人の娘(つまり私の従姉妹)がいるのですが
・・・まぁこういうときって、私が葬儀屋さんであるということもあって
いろいろとお手伝いしてるわけであります。
とはいえ
納骨にあたって必要な手続きは従姉妹たちが進めていて
納骨先である、カトリック南山教会の納骨堂とのやり取りを私が受け持っている感じです。

・・・私は
納骨に至るまでのひとつひとつのプロセスを、自分たちでやることもまた
「弔い」「葬り」の大切な要素だと思うんです。
亡くなった大切な人のために時間を割き、実際に動く過程の中で
私たちはあらためて、心の中で亡くなった方と対話するのだと思うわけなんですね。
つまり
これもまたグリーフワークの一環である、と。


私が幼少の頃
亡くなった伯父は、会うたびにお小遣いとして100円をくれました。
(その100円は毎回母に預けたのですが、全部使われちゃいましたけど)
その100円は小さなものかもしれないけど
私にとっては、忘れてはならない「御恩」なのであります。
仏教徒として、今は浄土へと旅立った伯父に
これは恩返しにもなりませんが、私として出来ることをしてあげたいという思いで動いている現在であります。







by dscorp-japan | 2019-03-21 16:47 | 葬儀 | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31