D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

映画 『 教誨師 』

 
以前から是非観たいと思っていた映画。
私は滅多に映画館へは行かないのですが
この映画だけはどうしても劇場で観たかったのです。

a0153243_00383886.jpg

→ 映画の公式HPはコチラ


皆様もご存じの通り
今年の二月に急逝された、大杉漣さんの主演作です。
きっと映画やドラマファンの方なら誰もが大好きだったはずの俳優さん。
もちろん私も大好きな俳優さん。
大杉さんの急逝の一報を知ったとき、本当に愕然としたものです・・・

私が本作を「是非劇場で観よう」と思った理由はふたつあります。
ひとつはもちろん
大杉さんご自身がエグゼクティブ・プロデューサーとして本作の制作に携わられたからということ。
「ちゃんと映画館でお金を払って観よう!」
と思ったからです。
そしてもうひとつは「教誨師」をテーマに扱った映画だからということ。
私がお世話になっている宗教者のなかに
実際に教誨師としての役目を担っていらっしゃる方がいるんです。
牧師先生におひとり。
神父様におひとり。
教誨師をされていらっしゃる方にはさまざまな守秘義務があるようです。
よって、実際の死刑囚とのやり取りに関する詳細は教えてもらえないのですが
それでも、こんなことは仰るんです。

「司祭職として、これほどやりがいのある仕事も無いと思う」
「彼らから学ぶことは山ほどある」


本作で大杉さん演じられる教誨師は、プロテスタントの牧師・佐伯という役です。
佐伯は、六名の死刑囚との接見を通して
自らの牧師としての使命と向き合いながらも苦悩します。
一緒に賛美歌を歌ってみたり
聖書を勧めてみたり
救い主イエスの愛について教え諭してみたり
しかしながら、なかなか死刑囚たちの心に佐伯の思いは届きません。
死刑囚たちと向き合うなかで
佐伯は、彼自身の苦い過去とも向き合うことになります。
(このあたりは私の大好きな映画『エクソシスト』にも通じるところがあります)
そんななか
クリスマスを迎える年末になって、自分の担当する死刑囚のひとりに執行命令が下ります・・・


映画の殆どが
接見室での、佐伯と死刑囚とのやりとりです。
とても静かな映画で
殆どSE(音響効果やBGM)は使われておりません。
しかしそれがかえって緊張感を醸しだしていて
死刑囚たちそれぞれの思いというか、感情がひしひしと伝わってきます。
それぞれの、自ら犯した罪との向き合い方。
罪を犯した、その理由というか思考、人間性。
そして
刑の執行を待つ身としての、彼らの内にある思い。

もちろん私は死刑囚と接見したことなどありませんが
映画を観ながら(もしも自分だったら・・・)と、何度か自問しました。
しかしおそらく最終的には
彼らの立場になってみなければ、彼らの思いなど分かるはずもないのだろうなと思うのでした。

映画の終盤近くでの接見室でのやりとりで
牧師である佐伯が言った言葉はとても印象的でした。

「神の救いとか、もうこの際どうでもいい。
ただ私は、最後まで君のそばにいるよ」
(言葉遣いは違っているかもしれませんが)

あの言葉こそ
死刑囚にとって最も救いとなる言葉だったのではないか、と・・・


個人的には
死刑囚のひとりを演じられた玉置怜央さんという俳優さんが素晴らしかった!
心の底から、本当に(上手い!)と唸らされました。

            ♢

・・・もちろん本作は
娯楽として気軽に楽しめる映画ではありません。
終始、眉間に皺をよせながら鑑賞することになるかもしれません。
でも
私はそれでも観て良かったと、心の底から思います。

多分、DVDが発売されたら買うと思います。
何度も、とまでは申しませんが、間違いなく再鑑賞します。

最後に。
あらためて、大杉漣さんという偉大な俳優さんのご冥福をお祈り申し上げます。
最後の最後にこんな映画を遺された大杉漣さん。
それは単なる偶然だったのかもしれないけれど
もしかすると本作こそが大杉さんの魂の救済になったのかもしれない、などとも思ってしまうのであります・・・





[PR]
by dscorp-japan | 2018-10-23 01:45 | 映画・テレビ | Comments(4)

フェイツ・ウォーニングとラッシュ

 
私たちの世代が子どもの頃は誰だって
好きになった音楽といえば、アニメや特撮の主題歌だったり、歌謡曲(今で言うJ-POPですか?)だったりしたわけですよ。
そこからそれぞれの音楽の嗜好が分かれていって
好きな音楽のジャンルが出来ていく感じなわけです。

私の場合
最初は『マイティジャックの歌』と『タイガーマスク』のエンディングに流れた『みなし子のバラード』でした。
小学生になって、映画『エクソシスト』の音楽に衝撃を受けて
思春期の頃は、もちろん歌謡曲やニューミュージックも聴きまくりつつ
何となく「プログレッシヴロック」というジャンルに目がいくようになって
一方でハードロックも好きになって・・・という感じでした。

そして今はというと
もう新しい音楽(BABYMETAL以外)にはなかなかついていけないお年頃ですので
もっぱら昔のアルバムを聴いてばかりいる次第です。

「プログレ好き」
「ハードロック好き」
「ヘヴィメタル好き」
そんな私にとって
『Fates Warning』と『Rush』というふたつのバンドは、私の好みを凝縮したようなものでした。
彼らの音楽がいわゆる「プログレッシヴ・ヘヴィメタル」という
プログレでありつつ、ハードロック&ヘヴィメタルでもあるというジャンルだったわけですから。
子どもたちの嗜好でたとえるなら
「カレーライスとハンバーグが一緒になった」という、この上ないステキなご馳走なわけです(笑)

因みにこの二つのバンド
「プログレッシヴ・ヘヴィメタルの始祖」として認識されているバンドです。
そして双方ともにその歴史は長く
フェイツ・ウォーニングがデビューして約25年
ラッシュに至っては、デビューしてから約40年以上!

そんな私の大好きなバンドの曲のなかからご紹介です。

『 The Light And Shade Of Things 』フェイツ・ウォーニング

相変わらずの暗さ(笑汗)
しかしフェイツ好きは、この暗さがたまらなく良いんです♪


『Test for Echo』ラッシュ

バンドのドラマー:ニール・パート先生によるドラミング映像です。


このふたつのバンド双方に共通点があって
どちらもドラマーの技術がとんでもなく高いということ!
フェイツのボビー・ジャーゾンベクも
ラッシュのニール・パート先生も
とにかくドラミングの技術が素晴らしいのです。
だから複雑なリズムでもまったく安心して聴けるわけですね。


・・・BABYMETALのYUIMETALちゃんが脱退しちゃった・・・(T_T)






[PR]
by dscorp-japan | 2018-10-21 23:11 | 音楽 | Comments(6)

伯父のお葬式

 
またまた久々の記事更新で恐縮です m(_ _)m


先日の記事で書きました「結構へヴィな時間」というのが・・・
私事で恐縮ですが、先日私の母方の伯父が急逝しましてね。
すでに年齢は87歳だったのですが、普通に生活していたんです。
それが突然救急搬送されまして
搬送の翌々日には亡くなったということがあったんです。

搬送された病院ではすでに手の施しようがないという診断で
結局、強い鎮痛剤を投与して “ そのとき ” を待つという状態だったわけです。

となると伯父の家族としては
“ そのあと ” つまり「お葬式」のことを考えざるを得ない状況となり
不肖、葬儀屋さんである私が
アドバイザー的に駆り出されたわけです。

母方の家族は代々、曹洞宗の家系です。
したがって伯父もまた曹洞宗でありまして
母方の実家には菩提寺もあります。
故に仏教葬儀となります。
ウチの会社でもごく稀に仏教葬儀をお受けすることはあるのですが
伯父の家族(従姉妹たち)の意向で、いわゆる葬儀会館でのお葬式をすることとなりました。
したがって、弊社と業務提携している『葬儀会館ティア』に依頼することにしたわけです。

実はティアさんの社長である冨安社長は
私が以前在籍していた葬儀社時代の先輩です。
ティアさんには
冨安社長以外にも、何名かの先輩や仲間たちが在籍していらっしゃるんです。
そんなわけで
私としても、何かとお願いしやすいというわけなのです (^^ゞ


伯父が亡くなってから
私は基本的にあまり余分な口出しをしないように気をつけながら、後方からティアの係員さんの説明を聞くかたちで同行しておりました。
伯父のお葬式は、完全な家族葬(身内以外は一切招かない)だったので
私も、ティアさんには過分な気遣いをさせてしまわないように静かにしていたんですが・・・

・・・なァんか
昔の仲間たちが一人また一人と、弔問に来られるわけですよ。
伯父なんですから、そんな気遣いは無用なのに。
とはいえ
あちらから来て下されば、こちらとしてもお世話になっている御礼も言いやすかったわけで有難かったのですが。

いろいろと便宜をはかっていただいた御礼を申し上げて
ひとしきり伯父の話をした後はというと
どうしても同窓会的な話題にもなってしまうわけです (^^ゞ

「○○さんは元気?」
「△△さんは今何をしてるの?」
そんな、昔の仲間たちの近況の情報交換をしたあとは
今日の葬祭業界のお話にも及びます。

・・・思いのほかお話に花が咲いちゃったわけですが ^^;
昔の仲間たちが元気でいること、それぞれがそれぞれの場所で精進していることに
私は大いに勇気づけられたものでした。


そんなこんなで
おかげ様を持ちまして、伯父のお葬式は無事に終わりました。
伯父の家族たちもたいそう感謝しておりました。

今回の伯父の葬儀に際しては
いろいろと便宜をはかって下さったO専務やI課長をはじめ
『ティア御器所』のスタッフの皆様に、心から御礼申し上げます。








[PR]
by dscorp-japan | 2018-10-13 22:51 | 葬儀 | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31