D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

2018年 08月 28日 ( 1 )

人の振り見て・・・

 
ようやく本業のお葬式が一段落して
今日はお休みを決め込んでノンビリしております・・・(^^ゞ


・・・実は先日
ちょっと、いや相当に衝撃的な光景を目にしてしまったんです。
衝撃的というのはつまり
他社の施行しているお葬式の様子を目の当たりにしたということなんです。
その日私たちは午前中のお葬式を終えて
スタッフみんなで「メシ食うべ!」ということで、行きつけのお店に出向いたら
その向かい側の集合住宅で、お葬式(というか出棺)の場面に出くわしたんです。

そのお葬式の当事者であるご遺族様や故人様のため
その詳細は申しあげられないのですが
そこの葬儀屋さん
少なくとも、私が担当者なら「絶対に」やらないようなことをやっていたんです。
死者の尊厳を守っているとは到底思えない、私からすれば蛮行。
私を含めた3人のスタッフが一台の車に乗り合せて店の駐車場に入って
その光景を目にした途端「おい!何じゃありゃ!?」
と、しばし私たち全員が絶句したほどの行為です。
(具体的なことがお伝えできず申し訳ないのですが・・・)

とにかくヒドイ!
これだけ葬儀屋さん業界が注目される昨今に
あの行為を平気でやってのけられる、その担当者の気が知れない。
その集合住宅前の道
大通りではないのですが、そこそこ交通量もあるし歩行者も行き交うところです。
それらの方々はまず間違いなく「あの光景」に目を留められたはずです・・・

事の成り行きが一段落するまでを車内からこっそり見守り
私たちは店に入ってからも、ひとしきりさっき見た光景について話しました。
「あれは絶対ないな」
「さすがにありゃ亡くなった人が可哀想だわ」
「○○さん(=私たち共通の業界の先輩)があれを見たら
間違いなく『みぞおちパンチ』か『尻キック』だな」

そして
あの葬儀屋さんに欠けているものって何だろうかという話になって
やはり
「故人や遺族の立場に立っていない」
「心が無いからあのような行為ができる」
という結論に達したわけです・・・

            ♢

結局のところ
葬儀屋さんに最も必要不可欠なスキルって「心」なんですよね。
もちろん専門的な知識や経験値も必要でしょう。
でも、どれだけ知識と経験値があろうと
心が伴わないのなら、その葬儀屋さんは完全に「失格」なのです、絶対に。

「思い遣りや気遣いは全く無いが、ベテランの葬儀屋さん」
「まだまだ勉強不足だけれど、常に遺族の思いに寄り添おうとする葬儀屋さん」。
少なくとも私なら間違いなく、後者を選ぶでしょう。


・・・と
エラそうに他の葬儀屋さんを非難しておりますが
あの日は私たちも、本当に良い勉強をさせてもらいました。

「あんな葬儀屋にはなるまい」
それはつまり
『人のふり見て我が振り直せ』ということに他ならないのでありましょう。






[PR]
by dscorp-japan | 2018-08-28 23:05 | 葬儀 | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31