D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

2018年 08月 03日 ( 1 )

『 The Wind Chimes 』 マイク・オールドフィールド

 
皆様
暑中お見舞い申し上げます。
もうあと数日で「残暑お見舞い」の時期になるというのに
この猛烈な暑さといったら・・・!

私は毎日、日中は犬のように呼吸してますよ。
口を開けて
舌を出して。
私は喫煙者ですが
この夏、屋外じゃタバコを吸う気にもならんのであります。
酸欠になりそうで・・・^^;

            ♢

というわけで
この酷暑を乗り切る音楽とは?と考えたりするわけです。
もちろん多数の候補が挙がるわけですよ。
たとえば
高中正義さんの『 渚・モデラート 』とか
ピンク・フロイドの『 Marooned 』とか
これら全部、個人的にお勧めなわけです(だからすでに記事になってるわけです)

では
こんな感じの曲で、我が敬愛するマイク・オールドフィールド氏はどんな曲を書いているかしら?と考えたら・・・

やっぱこのアルバムでしょ ♪

a0153243_00101063.jpg
アルバム 『Islands 』(1987年発表)


ジャケットからして、それっぽい感じでしょ ♪
(よく見りゃ少々気味が悪い感じもマイクらしい)

私はこのアルバム、当然LPレコードで持っているわけですが(CDも持ってますよ)
レコードのA面を占めるのが
今回ご紹介する『 The Wind Chimes( Part1 & Part2 ) 』なのであります。

まずはパート1から。
これはいわゆる主題提示的な曲ですね。


そしてパート2。
これが当然ながらメインになるわけです。



マイク・オールドフィールドの個性のひとつに
「ワールドミュージック的エッセンス」というのがあります。
お聴きいただければ分かりますが
バリ島(インドネシア)の「ケチャ」みたいな音が入ってます。
少々サンプリングっぽい感じは、80年代後半の録音だから御愛嬌ということで(笑)

・・・えっと (^^ゞ
「この曲で涼しさを感じられるか?」ということでしたら
私は、暑い夏の季節に感じられる「爽やかさ」みたいなものが重要だと思ってるんです。






[PR]
by dscorp-japan | 2018-08-03 00:30 | 音楽 | Comments(5)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31