D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『心付』についてもう少し。

。。。私たち葬儀屋さんは、今でも時折「これ、少ないけど受け取って」と言われることがあります。

私が言いたいのは、これ、葬儀が終了する前に言われるのと、葬儀終了後、御精算が終了した後に言われるのでは全く意味が違うということなんです。

おそらく前者は(やっぱ、心付を渡しておくと対応が違うんじゃないの?)という計算のもとに出されるのではないかと。
対して後者は(色々と有難う、おかげで良い葬儀が出来ました)という謝意からのもの。

前者の場合は、断固断ります。

でも、後者の意味で出されると、やっぱり私だってただの人間です。
正直言って、嬉しい。
おカネがじゃなくて、ご遺族のその気持ちが、です。
だから良識のある方などは、こう言われることもあります。

「今度ウチのお店に食べに来てよ、サービスするから」
「ウチの在所の名産品なんだけど、少ないけど持って行ってよ」
・・・とっても嬉しいです♪

・・・どうですか?
謝意としての心付は、強制なんかじゃない。
そして謝意を表すのなら、事が済んだ後だとは思いませんか。

さらに言うなら
心からの感謝の表し方は、おカネなんかじゃない。
気持ちのこもった「ありがとう」の一言で充分なんです。
私たちはそれを励みに出来るし、誇りも持てるんです。

ウチの社員、ご精算を終わらせて事務所に戻ってくると、得意げに言いますよ。
お客様から何もいただかなくても、ですよ。

「いやぁ、エライ感謝されちゃってさぁ~」

これを
『やりがい』というんです。
[PR]
by dscorp-japan | 2010-02-13 00:47 | 葬儀 | Comments(4)
Commented by uonakaji at 2010-02-13 01:10 x
友達の話。親父さんが亡くなり自宅で葬儀した際、祭壇の準備をしていた葬儀会社の人達にお金を包んで渡したところ、その場で開封され「これっぽちっかぁ?」と言われたそうな。当然友達はキレ、社長を呼び出し「こんな奴らに親父を葬ってほしくない」とガンガンに文句をいったとのこと。まぁ人の心がない人間にこういう仕事にはついて欲しくないなぁ。
Commented by dscorp-japan at 2010-02-13 01:27
☀uonakajiさん。
・・・それ、マジ!?
ちょっと、それはマジでヒドイわぁ。
そのご友人、どこに住んでる人だろ?(いや、言わなくていいよ)
もしかしてuonakaji氏の住む町だったら、思い当たる葬儀屋さんが・・・
Commented by もりもり at 2010-02-13 02:00 x
今日もまだ元気です。まだいけそうでどうしようと迷っていますが、まぁいいかこのまま行くか。で
uonakajiさんのコメント、やはり喪主の人の心を傷つけますよネ。
僕は先までビデオで「ニーベルングの指輪Ⅳ」を見ていました。「葬送行進曲」がなんとも。純粋な心を持った人の「死」を讃えるような葬送曲。僕に合うかな?しかし僕には「Kyrie elison」しかないと思う。どう思う、今日はまだ文字も間違えていないでしょう。
Commented by dscorp-japan at 2010-02-13 02:04
☀もりもり様。
はい、今日はまだ何とか文面は破綻してませんな(失笑)
そしてもりもり様に似合うのは、私も「Kyrie elison」だと思いますよ。
ちゃんとしたグレゴリオ聖歌のね。
。。。っていうか、もう寝なさいってば!
「このまま行くか」じゃありません!
一体今日は何本飲まれたのですか!?
少しは身体をいたわりましょう。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31