D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『セントアンナの奇跡』

a0153243_2464420.jpg
私的に、久々のヒット。
というか、ホームラン!

あまりに良かったので、今観終わったばかりですが感想を。

第二次世界大戦中の、イタリアの前線で戦う米国黒人部隊にスポットを当てた映画。
同じアメリカ兵でありながら、白人と黒人との差別があからさまだった時代。


突然、私事ですが・・・
・・・私が小学二年生のとき、父の仕事の関係で一年間、アメリカはコロラド州のデンバーにいました。
私は言葉も分からないまま、地元の小学校に放り込まれました。
同じクラスメイトからはありませんでしたが、上級生からはものすごい差別・イジメを受けました。

今でも覚えています。

"Chinese, Japanese,Look at this,Watch at this!"

小柄な日本人からすれば、上級生のアメリカ人は父親よりも大きかった。
そんな彼らが、大声で囃し立てながら石や砂を投げつけてくるのでした。
怖くてたまりませんでした。
差別されている理不尽さを呪う余裕さえありませんでした。
ただ嵐が通り過ぎるのを待つ。
そんな思いで、私はただ丸くなって、一緒にいた弟と妹を庇うしかありませんでした。
・・・映画の前半、私はそんなことを思い出していました。

そして映画の中盤、非常に象徴的なシーンが描かれます。

アメリカ兵はアメリカ兵の立場で、ドイツ兵はドイツ兵の立場で、イタリア人は地元の教会で、それぞれが『同じ』神に祈りをささげます。

まさに『人間』。
これが、愚かで、滑稽な『人間』。

人間は自分たちの都合のいいように宗教を解釈し、そして利用すること。
戦争の根拠が人種であれ、宗教であれ、戦争の前にはすべては“屁理屈”に過ぎないこと。
これほど明快に描かれたシーンを私は知りません。

しかし一方でこの映画、人種や宗教を超えて、誰もが「人を愛せる」「人を大切に出来る」ことを教えてもくれます。
人間の抱える憎しみや怒りを、愛の代弁者(それが誰かは観てのお楽しみ♪)が癒します。

この映画、実話を元にしたそうですが、本当にこんなことがあったのならすごい!

最期のシーン、やや“あの映画”(ネタばれになるので題名は伏せます)とオーバーラップします。

しかし
こりゃ~
ヤラれました m(_ _)m

ブラ~ボ!!
[PR]
by dscorp-japan | 2010-02-12 03:35 | 映画・テレビ | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31