人気ブログランキング | 話題のタグを見る

D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

 
至極プライベートなことですし
今はこの世を去った私の父についてここで語ることを、はたして父は許してくれるのかどうか分かりませんが・・・

まずは私の父の名前について。
・・・おそらくは日本でも滅多にない名前かと。
私の父は岡田喜篤と申します。
さて、何と読むでしょう・・・?
喜篤と書いて「きとく」と読むんです。
「きとく」と読む単語にはいくつかあるともいます。
「既得」「奇特」そして「危篤」。
では父の職業は何かと申しますと、医者なのであります。
医者の名前が「キトク」ですよ・・・(汗)

その昔
よく電報定型文のひとつとしていわれてきた一文があります。

「チチキトク、スグカエレ」

・・・あ~そうですよ、私の父は「キトク」ですよ!
いつだってね!(笑)

            ♢

私が父の名前をイジったことで、父は怒ってるかもしれませんので(汗)
少々父の名誉回復を。

父は精神科医でした。
特に、重度心身障がい者の臨床医という分野で働いておりました。
私は医学の世界のことなど全く分かりませんが
どうやら父は、その世界では一時期それなりに名の通った医者だったようです。
決して天才肌ではなかったと思いますが、努力は人一倍していたと思います。
少なくとも(私などと違って)勤勉な人間だったことは確かかと思います。
幼少時、私は滅多に父の顔を見たことがありませんでした。
少なくとも
子どもの私が起きている時間に帰ってきたことは殆どありません。
父の部屋にはおびただしい量の医学書があり
子供の頃の私は、分からないながらも父の蔵書を読むことが好きでした。
なんせ私が起きている時間、父は殆ど家に居なかったのですから
「鬼の居ぬ間に」というやつです。
あくまで拾い読みではありましたが
中途半端に様々な病名や医学用語は頭に入ってきました。
そして何となくですが、父の職業にも憧れてもいました。
「大きくなったら医者になる」
その淡い憧れも
成長するにしたがって(俺には到底無理!)と悟るわけですが(笑)

そこそこ高名になった父は
医療系大学の学長を務めたり、社会福祉法人の理事長なんかもやっていたようです。
「やっていたようです」というのは
この約四半世紀、父は私たち家族とはほぼ接触がなかったんですね~
(このあたりのことは家族の問題なので触れずにおきます)

晩年の父は緑内障を患い、ほぼ視力を失いました。
その頃からでしょうか、父から私に連絡が来るようになったのは。
ようするに自身の終活的なことに関する相談だったわけですが
最終的に、終の棲家であった九州の施設で息を引き取ったというわけでした。

父_a0153243_22271324.jpg

父の遺骨葬です


努力の人ではありましたが
…まぁ~結構好きなように生きてきた人でもあります(笑汗)
家族としては複雑な思いもあるにはあったわけですが
息子として、最初で最後の親孝行(になっているかどうか分かりませんが)として
私は父の葬儀の喪主と、担当葬儀屋さんの二役を担ったというわけでした、とさ。







by dscorp-japan | 2024-06-17 00:40 | あったこと | Comments(1)
Commented by pga2152_s48 at 2024-06-17 19:09
お父様の名前は。難解名前です。苗字で。苦労した事があります。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31