人気ブログランキング | 話題のタグを見る

D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

仲間

 
私の葬儀屋遍歴については以前にもここで触れておりますが
最初の10年間が、名古屋エリアでは老舗の一つに数えられる葬儀社勤務であり
その後、現在に至るまでの18年間がウチの会社ということになります。
残念なことに
以前在籍していた葬儀社は同業他社との吸収合併によって、その屋号は無くなってしまったわけですが
今でもその時代の仲間たちとの繋がりは継続しているんですね。
今はもう葬祭業界とは関係ない職種に就いている人もいれば
名古屋エリア最大手の葬儀社に勤める人もいます。

これは大変に有難いことなのですが
そうした “同じ釜の飯を食った” 仲間たちが、結構な頻度で連絡をくれましてネ
共通の仲間の近況報告をし合ったり
それぞれの職場での愚痴を吐露し合ったりするわけです。
ま、一種のストレス発散みたいなものなんですが
その窓口みたいになっているのが、ウチの会社だったりするわけですよ(笑)

そして昨日も
以前働いていた葬儀社時代の後輩たちが遊びに来てくれました。
缶コーヒーを手土産に。
・・・って、それだけかよ!(ウソウソ ♪)

お互いの近況を話し合い
ひとしきりの愚痴も吐き出し合って
最終的に行き着く話題はというと・・・
「あのとき(以前の葬儀社時代)は良かったよなぁ」ってな話になるんです。

これは手前味噌でもないんですけれど
今思い返してみても、私たちがお世話になっていた葬儀社っていろんな意味で良い職場だったと思うんです。
会社の上層部に対する不満とかはそれなりにはありましたけど
(かく言う私もそれがきっかけで退職したんですけど)
少なくとも現場の雰囲気はとても良かったし、諸先輩方の専門的なスキルもかなり高かったと断言できるものでした。

            ♢

・・・私、つくづく思うんですよね。
良い職場との出会いがあったからこそ
葬儀屋という職業のこともまた好きになれたんだよなぁって。
お世話になった葬儀社時代が苦痛に満ちたものだったら
きっと私は葬儀屋として独立していなかったはずだし
仮に独立していたとしても、早々に立ち行かなくなっていたんじゃないかと。

そして何より
良い仲間との出会いがあったからこそ、独立してからも踏ん張ることができたんだろうなぁと。
事実、私が独立して以降
多くの仲間たちが影日向となって私たちをサポートしてくださいました。
それは本当に心強かったものです。
そしてウチの会社が低空飛行ながらも、どうにかこうにか存続していることを
以前の仲間たちは皆、手放しで喜んでくれるんです。


・・・で、何が言いたいのかと申しますと
月並みなセリフですが
仲間って良いなぁと ♪

            ♢

ということで
昨日遊びに来てくれた後輩諸氏へ。
お前ら、次回遊びに来るときは
コーラとウーロン茶をペットボトルで持ってこんかい!
缶コーヒー一本じゃ、すぐ喉が渇くだろうが(笑)







by dscorp-japan | 2021-02-12 00:00 | おともだち | Comments(2)
Commented by pga2152 at 2021-02-12 10:09
このご時世だと、コロナの話題だと思います。1月に緊急事態宣言が無ければ、伯父も密葬では無かった上で。私もお別れに行っていたと思います。
Commented by dscorp-japan at 2021-02-21 23:21
☀pga2152さん。
どうやら文脈から拝察しますに、伯父様がご逝去なされたということでしょうか。
この時期のご葬儀ということでさぞやお辛かったことと思います。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31