D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『 No-One But You(Only the Good Die Young) 』 Queen

 
私はまだ観に行けていないのですが
巷では映画『 ボヘミアン・ラプソディ 』が好評なようですね~
アットタイムでクイーンを知らない世代の方々も
本作を観て、ロックバンド『クイーン』と、その音楽に興味を持たれる方が増えているようです。
そしてもちろん
バンドのフロントマンであるフレディ・マーキュリーに対しても。

クイーン世代の私としては嬉しい限りであります ♪


さて、今日はフレディの27回目の命日です。
これまでにもフレディの命日には
彼の遺した音楽を紹介する記事を書かせていただいてまいりました。
( → 過去記事
私が最も敬愛して止まないアーティストは、マイク・オールドフィールドなのですが
クイーンもまた、小学校高学年以降ずっと聴き続けてきた、大好きなバンドです。
私がいわゆる「プログレッシヴ・ロック」というジャンルを好きになった
きっかけのひとつでもあるバンドなのではないかと思います。
新しいアルバムがリリースされるたび
発売日を待ちかねては、当時行きつけだったレコード屋さんに自転車を走らせたものです。


ということで今年のフレディの命日は
フレディが亡くなった後、ギタリストのブライアン・メイがフレディの為に作った曲を紹介します。

a0153243_17144943.jpg
本作が収録されたアルバム『 Queen Rocks 』(1997年発表)




・・・思い入れがあるからなのかもしれませんが
個人的には、ロック・バラードの “ 超 ” 名曲だと思っております。
ブライアンのピアノとギター
ロジャー・テイラーのドラム
ジョン・ディーコンのベース
・・・そして
ブライアンとロジャーによる扇情的なヴォーカル!
シンプルな曲調で
美しいメロディラインで
曲が進むにしたがって盛り上がる構成。
ロック・バラードのお手本のような曲だと思いますよ私は。

ブライアンのヴォーカルは特別に上手いというわけではないと思います。
どちらかというとコーラス向きの声質なんですが
彼の人柄というか、優しい雰囲気がこの曲にとてもマッチしています。
そしてロジャーのヴォーカル。
往年のクイーンファンはご存知のことですが
実はロジャー、フレディに負けず劣らずの音域を歌いこなせる、素晴らしいヴォーカリストでもあります。
クイーンの初期のアルバムで聴ける超高音域のスクリーム(叫び声)は、彼によるもの。
彼ら二人の一声一声から
今は亡きフレディを偲ぶ思いが伝わってくるようで、聴いているこちらも心が閉めつけられるのであります・・・






by dscorp-japan | 2018-11-24 00:00 | 音楽 | Comments(2)
Commented by pga2152 at 2018-11-26 12:20
この映画は、面白そうです。この話がいつ出て来るか待っていました。
Commented by dscorp-japan at 2018-12-04 00:27
☀pga2152さん。
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の評判はうなぎ昇りのようですね。
私はまだ観に行けていないのですが、是非機会があれば映画館に足を運びたいと思っております。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31