D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

映画 『 教誨師 』

 
以前から是非観たいと思っていた映画。
私は滅多に映画館へは行かないのですが
この映画だけはどうしても劇場で観たかったのです。

a0153243_00383886.jpg

→ 映画の公式HPはコチラ


皆様もご存じの通り
今年の二月に急逝された、大杉漣さんの主演作です。
きっと映画やドラマファンの方なら誰もが大好きだったはずの俳優さん。
もちろん私も大好きな俳優さん。
大杉さんの急逝の一報を知ったとき、本当に愕然としたものです・・・

私が本作を「是非劇場で観よう」と思った理由はふたつあります。
ひとつはもちろん
大杉さんご自身がエグゼクティブ・プロデューサーとして本作の制作に携わられたからということ。
「ちゃんと映画館でお金を払って観よう!」
と思ったからです。
そしてもうひとつは「教誨師」をテーマに扱った映画だからということ。
私がお世話になっている宗教者のなかに
実際に教誨師としての役目を担っていらっしゃる方がいるんです。
牧師先生におひとり。
神父様におひとり。
教誨師をされていらっしゃる方にはさまざまな守秘義務があるようです。
よって、実際の死刑囚とのやり取りに関する詳細は教えてもらえないのですが
それでも、こんなことは仰るんです。

「司祭職として、これほどやりがいのある仕事も無いと思う」
「彼らから学ぶことは山ほどある」


本作で大杉さん演じられる教誨師は、プロテスタントの牧師・佐伯という役です。
佐伯は、六名の死刑囚との接見を通して
自らの牧師としての使命と向き合いながらも苦悩します。
一緒に賛美歌を歌ってみたり
聖書を勧めてみたり
救い主イエスの愛について教え諭してみたり
しかしながら、なかなか死刑囚たちの心に佐伯の思いは届きません。
死刑囚たちと向き合うなかで
佐伯は、彼自身の苦い過去とも向き合うことになります。
(このあたりは私の大好きな映画『エクソシスト』にも通じるところがあります)
そんななか
クリスマスを迎える年末になって、自分の担当する死刑囚のひとりに執行命令が下ります・・・


映画の殆どが
接見室での、佐伯と死刑囚とのやりとりです。
とても静かな映画で
殆どSE(音響効果やBGM)は使われておりません。
しかしそれがかえって緊張感を醸しだしていて
死刑囚たちそれぞれの思いというか、感情がひしひしと伝わってきます。
それぞれの、自ら犯した罪との向き合い方。
罪を犯した、その理由というか思考、人間性。
そして
刑の執行を待つ身としての、彼らの内にある思い。

もちろん私は死刑囚と接見したことなどありませんが
映画を観ながら(もしも自分だったら・・・)と、何度か自問しました。
しかしおそらく最終的には
彼らの立場になってみなければ、彼らの思いなど分かるはずもないのだろうなと思うのでした。

映画の終盤近くでの接見室でのやりとりで
牧師である佐伯が言った言葉はとても印象的でした。

「神の救いとか、もうこの際どうでもいい。
ただ私は、最後まで君のそばにいるよ」
(言葉遣いは違っているかもしれませんが)

あの言葉こそ
死刑囚にとって最も救いとなる言葉だったのではないか、と・・・


個人的には
死刑囚のひとりを演じられた玉置怜央さんという俳優さんが素晴らしかった!
心の底から、本当に(上手い!)と唸らされました。

            ♢

・・・もちろん本作は
娯楽として気軽に楽しめる映画ではありません。
終始、眉間に皺をよせながら鑑賞することになるかもしれません。
でも
私はそれでも観て良かったと、心の底から思います。

多分、DVDが発売されたら買うと思います。
何度も、とまでは申しませんが、間違いなく再鑑賞します。

最後に。
あらためて、大杉漣さんという偉大な俳優さんのご冥福をお祈り申し上げます。
最後の最後にこんな映画を遺された大杉漣さん。
それは単なる偶然だったのかもしれないけれど
もしかすると本作こそが大杉さんの魂の救済になったのかもしれない、などとも思ってしまうのであります・・・





[PR]
by dscorp-japan | 2018-10-23 01:45 | 映画・テレビ | Comments(4)
Commented by pga2152 at 2018-10-23 12:39
教悔師の話は、是非とも聞いてみたいです。教悔師の神父様に会ってみたくなりました。
Commented at 2018-10-23 18:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2018-11-07 18:37
☀pga2152さん。
えっと
教誨師に関する情報は軽々にここでお伝えできないんですね。
ですからまずは映画をご鑑賞くださいな。
Commented by dscorp-japan at 2018-11-07 18:45
☀******さん。
とにかくいろいろと考えさせられる映画でした。
そして
この映画を遺された大杉漣さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30