D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

神と私「一対一」

 
キリスト教徒の方ならご存知の事と思います。

→ ニュース記事
『 性的虐待対応で法王窮地=大司教が辞任要求、権力闘争か-バチカン 』

まず、聖職者たちによる性的虐待については
当然のことながら、とことん糾弾されるべきことです。
「言い訳無用」「弁解の余地なし」であります。
聖職者がなんぼのもんだろうと、ダメなものはダメ!

ではその次の段階として
教皇庁(ヴァチカン)が長年にわたってこれを隠蔽してきたことについて。
これも当然、糾弾されて然るべきことです。
カトリック教会という「組織を守るため」という大義名分によって
「ああそうなの。
カトリック教会では悪いことをしても、隠し通せればオッケーなのね。
あんたたちの信じる神様は、そう教えてるのね」
と受け取られても文句は言えないでしょう。


私はひとりのカトリック信者ですが
こと「ヴァチカン」という、世界中のカトリック教会を束ねる組織については
(どうせ今でも、いろいろやらかしてたり隠してたりするんでしょ)
と、懐疑的な思いで受け取っている部分があります。
現代社会における、最も巨大な「伏魔殿」じゃないかとさえ思っています。

「そんな怪しい宗教を、オマエは何故信仰するんだ」
・・・そう思われても致し方ないと思います。

ただ
私はその問いに、こう答えます。
「私が信じているのは、ヴァチカンという組織ではない。
救い主イエス・キリストという方だから」
と。

            ♢

私の基本的な考え方として
「神様(つまり父と子と聖霊)と私とは
このうえなくパーソナルな関係性であるべし」
というのがあります。
神様と私は
最終的には、誰の介入もない「一対一」の関係にあるのだと。

もちろん、私の信仰の手助けとなる「聖書」も大切。
さまざまな知見を教えて下さる聖職者の皆さんも大切。
共同体としての「教会」も大切。
祈りの手段としての「ミサ典礼」も大切。
でも、それらすべての助けを受けながら
最終的に私は「私一人で神様と対話する」関係性でありたい。

今の「組織」としてのカトリック教会の有様がどうであろうと
その組織に所属する多くの聖職者の方々がどうあろうと
「そこ」を見て神への信仰を疑うべきではないのだと。
神は間違いなく、その向こう側にいらっしゃるのだと。

            ♢

・・・これはあくまでも個人的な推測なんですが
きっとパパ様(フランシスコ教皇)は、今の「組織」としてのヴァチカンのなかで
様々な手枷足枷でがんじがらめになっていらっしゃるのではないでしょうか。
彼の信仰に基づいた理想を
具現化したくても出来ないというジレンマが、垣間見えるような気がします。

『週刊プレイボーイ』で
モーリー・ロバートソンさんがこんなコラム記事を上梓しています。

            ↓

文中にある
「フランシスコ法王が背負っている"何か"に目を向けず」
という表現が、ヴァチカンという「組織」を暗喩していることは多分間違いないでしょう。
もしかするとパパ様は「ヴァチカンのトップ」という
この上なく大きな、そして重い「十字架」を担ったということなのかもしれません。






[PR]
by dscorp-japan | 2018-09-12 18:16 | キリスト教 | Comments(4)
Commented at 2018-09-13 18:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pga2152 at 2018-09-14 13:54
私も、そう思います。糾弾や指弾されるべきは、性的虐待をした神父様や司教様や大司教様や枢機卿様です。
Commented by dscorp-japan at 2018-09-30 14:38
☀******さん。
私が仲良くしている、ある神父様の妹さんが
まさにまったく同じだったりします。
「ただ祈るのみだよ」
その神父様は、そう仰っています。

Commented by dscorp-japan at 2018-09-30 14:41
☀pga2152さん。
もちろん最終的に裁くのは「神」に他なりません。
しかしこの世界で、社会で生きる以上
社会のルールや規範や倫理に背いた行為があれば
当然そのルールに従って裁かれるべきですよね。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31