D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

映画 『 アマロ神父の罪 』

 
少し前、とある神父様からお借りしていたDVDなのですが
今日の夕刻にお返しすべきタイミングがきましたので、急いで鑑賞した次第。

a0153243_01451878.jpg
2002年公開・メキシコ映画


寡聞にして
私は本作のことを全く存じ上げませんでした。
(この類の映画は大好物のはずなのに!)


物語のあらすじはというと・・・

ヨハネ・パウロ二世時代のメキシコが舞台。
とある町の教会に
アマロという、若くてハンサムなカトリック司祭が赴任してきます。
そこには主任司祭であるベニト神父がいて、司教からも寵愛されているという、前途有望なアマロ神父を歓迎します。
しかし長年その教会にいるベニト神父は
地元の麻薬組織の長と繋がりがあって、町の料理屋の女将と男女の関係を続けていたりします。
一方、同じ教区内のナタリオ神父は
農園で働く住民たちと衣食を共にしていますが、この集落がゲリラ組織であるとの疑いがあり、ナタリオ神父はゲリラ組織の支援者ではないかと司教からも目を付けられています。
そんな環境に身を置いたアマロ神父は
とあるきっかけから、料理屋女将の娘・アメリアと男女の関係に陥ります。
清廉潔白なイメージだったはずのアマロ神父は
アメリアとの逢瀬の為に、巧みな嘘をつくようになります。
そしてある日
アメリアが妊娠したことを知ったアマロ神父は・・・


・・・あまり上手にあらすじが書けなくてすみません <(_ _)>

            ♢

本作を観てまず思い出したのは
同じくカトリック教会の暗部を描いたような作品『 バチカンの嵐 』でした。

a0153243_02320181.jpg
1982年公開。残念ながらDVDは未発売の模様 (-_-;)


どちらの映画も
司祭職にありながら罪に手を染め、しかしその罪はローマ・カトリック教会という「組織」に隠蔽されてしまうという図式が描かれた映画という感じ。


本作で描かれる「アマロ神父の罪」について考えるとき
彼の犯してしまった「罪」には二種類のそれがあったのではないかと思います。
ひとつが
司祭職でありながら、若くて美しいアメリアと一時的な恋に落ちてしまった罪。
もうひとつが
その罪を、アマロ神父の利己的な判断で処理してしまおうとした罪、です。
これを言い換えると
ひとつ目の罪は「聖職者としての罪」であり
ふたつ目の罪は「人間としての罪」ということになるでしょうか。

仮にこの考え方に沿って考えたとき
私は「聖職者としての罪」なら、全然赦せちゃうわけです。
個人的には、まったく「お咎めなし」であります。
でも、ふたつめの罪は少々いただけません。
自身の立場を守ることばかりを考えるが故に
相手を深く傷つけてしまうような仕打ちをしてしまうのですから。
(本作においてその罪は、さらに大きな悲劇を生んでしまうのです)


そして
本作ではもうひとつ、さらに大きな罪が描かれます。
それは
アマロ神父の犯してしまった「ふたつの罪」を隠匿した、カトリック教会という「組織」による罪。


・・・私はいつも思うのです。
聖職者たちの犯してしまった罪と
その罪を隠匿する、教会という「組織」の罪。
どちらが、より信仰の躓きになるだろうかと。


少なくとも私は、後者の方にガッカリさせられます。





[PR]
by dscorp-japan | 2018-07-27 03:47 | 映画・テレビ | Comments(6)
Commented at 2018-07-27 19:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pga2152 at 2018-07-27 23:41
アマロ神父様の罪が赦される時が、明日かも知れません。100年以上掛かるかも知れませんが、必ず来ると思います。
Commented by dscorp-japan at 2018-08-03 00:32
☀******さん。
・・・えっと
ここで紹介しておきながら何ですけれど
正直、あまりお勧めできる映画、というわけではないんです。
後味があまりよろしくない、というか・・・^^;
Commented by dscorp-japan at 2018-08-03 00:34
☀pga2152さん。
・・・素晴らしい考え方だと思います!
仰る通り
アマロ神父の罪は、必ずや神様から赦していただけることでしょう。
私たちもまた、他者の罪を断罪するのではなく
可能な限り「赦す」という姿勢を忘れないようにしたいものですね。
Commented at 2018-08-03 19:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2018-08-18 23:55
☀******さん。
お気遣いを有難うございます。
お盆直前まで、例年にない忙しさでした。
おそらくは今年の猛暑の影響も少なからずあったかと。
かく言う私も、聖母被昇天の祝日は一日ダウンしておりました。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30