D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

サガヤラジ神父様の追悼ミサ

 
皆様
“ 待ちに待った ” ゴールデンウィーク、ですよね?(笑)
皆様にとって
この一週間が素晴らしい日々となりますように m(_ _)m


さて。
ゴールデンウィーク初日であった昨日(4月28日)
ちょうど一年前の今日、天国に召されたサガヤラジ神父様の追悼ミサが
岐阜県多治見市にある、カトリック多治見教会・多治見修道院にて執り行われました。

( → 過去記事

日本の仏教風な表現をすれば
昨日がサガ神父様の『一周忌』の日にあたるわけです。
今回の “ 一周忌 ” 追悼ミサは
サガ神父様と同じ、インド出身の神言修道会司祭である、スサイ神父様の呼びかけによるものでした。
有難いことに、私たちスタッフもお声をかけていただき
追悼ミサのための祭壇をお手伝いさせていただき、一緒にお祈りさせていただきました。

a0153243_23383912.jpg
カトリック多治見教会・聖堂にて


・・・嘘偽りなく申しますと
正直なところ、最近はサガ神父様のことをあまり考えておりませんでした。
「忙しさにかまけて」というのは全くの言い訳でしかなく
ただただ、私が薄情者であったということなのでしょう・・・<(_ _)>

でも
午後からの追悼ミサの準備の為、多治見教会の聖堂で作業を進めるうちに
サガ神父様との思い出などが次々と思い出され
(薄情者のくせに)目頭が熱くなって仕方がありませんでした・・・

追悼ミサは
生前のサガ神父様と仲が良かった、同じ神言会司祭でドイツ人のプルム神父様を筆頭に、今回の企画立案者であるスサイ神父様、そしてサガ神父様の同郷司祭であるアルバート神父様による共同司式で執り行われました。

ミサ中の説教はスサイ神父様がお話し下さいました。

「私たちのお友だちであり、先生であり、神父様であるサガ神父様の為に集まって下さり、本当にありがとうございます」
「サガ神父様は
出会った全ての人との関わりを大切にされた方でした。だからこうして、多くの方々にお集まりいただけたのだと思います」
「朝から晩まで、サガ神父様は常に忙しそうに働いていました。
きっとサガ神父様は、私たちが70年80年という一生の時間をかけて成し遂げることを
たったの50年で成し遂げられたのだと思います。
だから神様が、サガ神父様のこの世での働きに満足されて
『サガ、もう充分だよ』と、この世での務めに終止符を打たせ、天国へ連れていかれたのではないでしょうか」

・・・とても良いお話でした。
スサイ神父様のお話をお聞きしながら
偽善者の私は、何度も涙が溢れてきて仕方ありませんでした・・・

            ♢

・・・あらためて思いました。

追悼ミサとか
追悼礼拝とか
年忌法要とか
正直(面倒臭ェなァ~)とか思うかもしれません。

でも
大切な人の為に集まり祈る機会って、とっても大切!
私のような人間でも
そういう機会に参加することで、あらためて亡くなった方のことを思い出し
その方の魂の安息を祈る想いを新たにすることができるんです。

そうです。
私のような薄情者だからこそ
「追悼ミサ」や「年忌法要」には積極的に参加すべきなのだと。

私のような人間が申し上げるのは恐縮なのですが
大切な方のことを思い出さなくなってしまったことを恥じる必要はないのだと。
(面倒臭い)と思ったままでもいいから
とにかく、その機会を逃してはいけないのだと。

その場所に身を置けば分かります。
そのとききっと
あらためて大切な方のことを思い出し、自然に祈ることでしょう。

そして
それは間違いなく、亡くなられた方にとっての喜びとなるのだと。






[PR]
by dscorp-japan | 2018-04-29 00:25 | おともだち | Comments(4)
Commented by pga2152 at 2018-04-29 23:34
確かに、その通りです。毎年集まるのはアリだと思います。
Commented at 2018-04-30 19:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2018-05-04 17:32
☀pga2152さん。
「故人を偲んで集まること」
「故人のお墓参りにいくこと」
それらすべて
故人のことを思い起こすための「きっかけ」なのだと思います。
Commented by dscorp-japan at 2018-05-04 17:33
☀******さん。
追悼ミサは
慎ましくも荘厳ななかで、多くの方がお祈りされていらっしゃいました。
Sr.Rosaにもよろしくお伝えくださいませ。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31