D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

語学力

 
キリスト教専門葬儀社ということで
私たちはしばしば、在日外国籍の方々のお葬式をお手伝いさせていただくことがあります。
特にカトリックの場合ですと
英語圏の方々はもちろんのこと
フィリピンの方々や南米(ポルトガル・ペルー・ボリビアなど)の方々のお葬式が少なくありません。

そうした方々のお葬式をお手伝いする際に重要なのが
「ご遺族とのコミュニケーション」と「ご本人やご遺族の母国文化や伝統」ということになるかと思います。
特に「ご遺族とのコミュニケーション」
つまり、お葬式を執り行うにあたっての打ち合わせであります。

日本在住ということですから、日本語で大丈夫といきたいところなのですが
実のところ、必ずしもそういうわけにもいかないのが実情です。
特にお亡くなりになられた方の世代の方など
日本で暮らしてはいるけれど、日本語は殆ど分からないという方も少なくありません。

・・・さて。
このようなお客様との打ち合わせはどういたしましょう。
「帰国子女」の端くれではある私ですが
私の拙い英語など、まったく役に立たないこともしばしば ^^;
英語って世界共通の言語みたいに思われがちなのですが
たとえば南米系の方々に(私の拙い)英語でお話ししたところで、まったく理解していただけなかったりします。

実態として申しますと
それら日本語の分からない方々のご子息様などが通訳の役割を担っていただくケースが多いかと思われます。

・・・とは申しましても
必ずしもそういった日本語の変わる方がいらっしゃるという保証もないわけで・・・

ですから私の場合
重要なキーワードとなる単語だけでも覚えておこうということで
私のスマホのメモ帳には、そうした単語が登録されています。

たとえばスペイン語。
(実のところ、スペイン語圏の方のお葬式が非常に多いのです)

「教会」ですと『イグレシア(Igresia)』
「通夜」ですと『ヴェロリオ(Verolio)』
「葬儀」ですと『エンティエロ(Entierro)』
「火葬」ですと『クレマスィオン(Cremacion)』
「祈り」ですと『オラスィオン(Oracion)』

「主の祈り」ですと『パードレ・ヌエストロ』
「アヴェマリアの祈り」はそのまま『アヴェマリア』ですね。
「栄唱」なら『グロリア』。

これで充分とは申しませんが
これだけでも知らないよりはマシ、ということで (^^ゞ






[PR]
by dscorp-japan | 2018-02-19 12:49 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by pga2152 at 2018-02-20 13:03
外国語を始めるなら、ラテン語から入るのが一番楽だと聞いた事があります。その方曰くイキナリ英語から入るのは、リスクがあるらしいです。
Commented by dscorp-japan at 2018-03-02 02:56
☀pga2152さん。
・・・もうこの歳ですから
お勉強に脳みそがついていけないと思うんですよね~ (^^ゞ
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30