D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

「雨のクリスマス」

 
あらためまして
皆様、主の御降誕おめでとうございます。
救い主イエス・キリストがお生まれになったこの日
世界中のすべての人の上に、神様の恵みと慈しみが豊かに注がれますように。

            ♢

・・・なんだかムード歌謡曲みたいなタイトルですが・・・


クリスマス・イヴの名古屋エリア
昨日は、夕刻から日没を待っていたかのように雨が降り出しました。
それも大雨と言っていいレベルの、かなり激しい雨量で。

(雨かァ・・・今年はサボっちまうか?)
と、直前までかなり本気で悩んでいたわけですが・・・

キリスト教徒の哀しい性と申しますか
結局、半ば惰性のように教会までクルマを走らせてしまったわけです (^^ゞ

私の所属するカトリック布池教会では
毎年12月24日の夜には、午後8時・午後10時・深夜0時と、計3回のミサがあるわけですが、当然ながら、午後8時からのミサが最も参列者の多いミサとなります。
カトリック信徒にとって、このミサは「司教ミサ」でもありますし
一般の方々にとっても、足が向きやすい時間であるということでしょう。
一方で(多くの教会がそうなのですが)駐車場が殆どありません。
特にこの日は近隣のコインパーキングもすぐに満車になります。

ということで、毎年早めに教会に着くようにしているのですが
今年はすでにどこも満車でした。
雨ということもあったのでしょうが
例年になく、早くからのクルマでの参列者が多かったようです。

それでも何とか駐車場を見つけて教会に行きますと
すでに教会聖堂の会衆席(裕に500名以上座れます)は満席で、立ち見の方も大勢いらっしゃる。
でもそれはそれで想定内だったのですが、問題は「傘」。
これだけの多くの参列者が持つ「傘」の置き場所がない。
傘立てはありますが、すぐにいっぱいになるので
傘袋を用意して、信徒の方が聖堂入り口で傘袋を用意して配っていらっしゃったんですね。

(こりゃ大変だわァ)と、他人事のように眺めていたら・・・

「オカダ君(=私)助けて!」

と、教会の案内係を務める信者さんからSOSが。
聞けば「傘袋が全然足りない」とのこと。
正確には
「今はまだあるけれど、このペースだと間違いなく足りなくなる」ということ。

つまり
私の会社にある、お葬式で使用する傘袋スタンドを貸して欲しいというわけです。

「お願い、出来れば今すぐ貸して!」

・・・私、会社に取りに戻りましたよ。
苦労してようやく駐車場を見つけたのに、早々に駐車場を放棄して。

急いで傘袋スタンド二台を持って教会へ戻って、あとはもう延々と傘袋渡しのお手伝いと、雨で濡れた聖堂入り口のモップ拭き ^^;

あっという間に、深夜0時過ぎまでお手伝いで終わっちゃった・・・

主任神父様は神父様で
「これ(=傘袋スタンド)良いなァ。このまま教会に置き忘れていってもらって良いよ」

・・・って、おい!

結局この傘袋スタンド
ウチがお葬式で使用するとき以外は、教会に “ 無期限貸し出し ” ということに(笑)

お手伝いスタッフの信者さんたち曰く
「オカダ君、きっと神様の恵みがたくさんあるわよ!」

・・・ホンマかいな ^^;





[PR]
by dscorp-japan | 2017-12-25 13:14 | キリスト教 | Comments(2)
Commented by pga2152 at 2017-12-25 16:47
今日聞いた話では、昨日の夜は大変だったらしいですね、。この季節では珍しい大雨が降って駐車場も足りなかった話を聞くと、今日行って正解でした。
Commented by dscorp-japan at 2017-12-26 23:44
☀pga2152さん。
おかげ様で私、少々風邪をひいてしまいました。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28