D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

スピーカーケーブル『 ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α 』

 
ずっと、ずぅ~ッと考えていた
自宅オーディオセットの、スピーカーケーブルのアップグレード。
これまで使っていたSPケーブルも悪くはなかったんですけど
もう少しだけ、音の抜けを良くしたいなァと考えていたんです。

候補として考えていたメーカーは

『BELDEN』『JBL』『ORTFON』そして『ZONOTONE』でした。

条件として

バイワイヤリング接続(一台のスピーカーにつき、2本(「+」と「-」で一本)のケーブルで繋ぐ)が必須。

ですから「+」と「-」が一本の一般的なケーブルだと左右で4本必要となります。

予算としては

凡そ約1,000~1,500円(1mあたり)。


私が主に聴く音楽ジャンルは
ハードロックやヘヴィメタル、プログレッシヴロック
ケルト、アイリッシュフォークといったところ(Jポップや歌謡曲も聴きますよ ♪)
ハードロックのように、音が前面に出てきて欲しいなら『JBL』かなぁと思うし
でもアコースティック楽器の、生音の艶もちゃんと出て欲しいし・・・


さて。
名古屋エリアでオーディオ専門店が集まるエリアといえば『大須』でございます。
ということで
お世話になっている各教会様へのお歳暮ご挨拶の合間を縫って(つまり仕事中にサボって)久しぶりに大須のオーディオ専門店に行ってきました。

で、いくつかのメーカーのスピーカーケーブルを視聴。

とは言いましてもネ
お店に置いてある視聴用のオーディオセットって、我が家のそれよりもずっと高級なものばかりなんですよ~
マーク・レビンソンのアンプとか
B&Wのスピーカーとか
そんな高級品でオーディオ組めば
どのケーブルで聴いたってムチャクチャ良い音出るわサそんなもん (@_@;)

・・・こちとらネ
30年前のアンプレコードプレーヤーに、音飛びが頻繁なCDプレーヤーですから ^^;


なんやかんやと思案した結果、これにしました。
a0153243_00062511.jpg
ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α

『ZONOTONE』というブランドは
『株式会社 前園サウンドラボ』という、オーディオ界では有名な前園俊彦さんが立ち上げられた新興オーディオケーブル・メーカーであります。
現在は会長職であられる前園俊彦さんは
以前、私の大好きなメーカー:サンスイ(我が家のアンプです)にいらっしゃって
その後オルトフォン・ジャパンに移られて、その辣腕をふるわれた方。

特にサンスイでは広告畑にいらっしゃったということで
非常にセンスの感じられるCMを多数輩出された方とおききします。
そういえばかつてサンスイは
ミニコンポのCMでマイク・オールドフィールドの『Jungle Gardenia』 を使用されてもいました。

(これもまた前園さんのセンスなのかも ♪)

・・・実は最終的にこのメーカーに決めた決定打は、そこにあったのだった (^^ゞ

            ♢

ということで
久しぶりに我が家のオーディオ類を繋ぐケーブルを全部一旦外して
各オーディオ機器のケーブル端子を全部お掃除して
そして繋ぎましたよ “ ゾノさん ” を ♪

そして早速、音を鳴らしてみましょ。
最初にかけたのはもちろん! マイク・オールドフィールド♪
LPレコードの方です。

結論から申しますと・・・音の艶が全然違う!!!
いや、決して気のせいじゃなくって!
もちろんまだまだエイジング(慣らし運転)がはじまったばかりですが
ピアノもアコギもエレキもベースも
それぞれの音の粒立ちがとってもハッキリしました。
それでいて、耳にうるさい感じじゃない。

我が家のスピーカーとの相性もとっても良い感じです ♪

次に
テレビ(というかDVDプレーヤー)の音をアンプに送った音を聴いてみましたよ。
それで、映像と一緒に聴いてみたのが、これ。
a0153243_15203300.jpg
『 LIVE AT WEMBLEY 』(ブルーレイディスク)


・・・って、BABYMETALかい(笑)

いや、これでいいんです。
特に低音のチェックがしやすいヘヴィメタル系の演奏であること。
おそらく最新の録音技術で録られたライブ音源であること。
音のチェックには相応しいのだ(と、勝手に思ってる)。


・・・ワッハッハ!
笑えるくらいに低音、出る出る!
バスドラ、ドカドカ来るわ~ ♪
サブウーファー、まったく要らねェ! (^O^)/
っていうか
マンションでこんな音が出て、お隣さんにご迷惑かも・・・


さてと。
あとは音飛びの激しいCDプレーヤーを何とかせねば。

・・・というか
実はもう、買っちゃったんですよね~ (^^ゞ
ということで
このCDプレーヤーのお話はまた後日 m(_ _)m






[PR]
by dscorp-japan | 2016-12-16 00:00 | オーディオ | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31