人気ブログランキング |

D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『 The Golden Boy 』 フレディ・マーキュリー&モンセラート・カバリエ


毎年私のブログでは
フレディー・マーキュリー氏の命日に合わせて、彼の音楽について触れさせていただいております m(_ _)m
敬愛するフレディー氏に対する、私なりの追悼であります。

フレディー氏が亡くなられたのが1991年11月24日。
もう20年以上経つんですね・・・

世間ではロック・ヴォーカリストとしての評価が高い彼ですが
個人的にはクリエイターとしての彼をより高く評価しております。
ソングライター・メロディメーカーとしての彼のセンスは、本当に素晴らしいものがあると思っております。
クイーンというバンドの音楽性の幅を大きく広げたのは
まぎれもなくフレディー・マーキュリーの功績によるものと断言できるのではないでしょうか。

オペラ・ロックの代表曲である『ボヘミアン・ラプソディー(Bohemian Rhapsody』はもちろんのこと
ゴスペル・ロックの代表曲『愛にすべてを(Somebody to Love)』も
スタジアム・ロックの金字塔とも呼べる『伝説のチャンピオン(We Are the Champions』も
みんな、フレディー氏が作曲したものです。
彼の音楽
ある意味では十二分にプログレッシヴ・ロックといってもいいものをたくさん遺しているんです。


そんななか
私はフレディー氏の音楽的アナザーサイドとも呼べる、このアルバムが大好きなんですね ♪





1988年発表。今は廃盤らしい・・・(泣)



もちろん私はこのアルバムを持っておりますよ~
(但しLPレコードだけど)
このアルバムからの曲は以前にも取り上げさせていただきました(→過去記事
ロックミュージシャンの曲とは思えない、オペラ&ミュージカル・テイスト溢れる曲が並びます。


そして今日は(というか今年は)
このアルバムの中でも特に好きな一曲をご紹介です m(_ _)m



・・・素晴らしい!
なんとまァ
世界的オペラ歌手を相手に、フレディー氏の堂々とした歌いっぷりといったら・・・!
そしてまた
モンセラート女史のノリノリなこと!


毎年思います。
素晴らしいアーティストだったと。







by dscorp-japan | 2013-11-24 00:00 | 音楽 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30