D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『Epitaph』 キング・クリムゾン

 
あまりにも有名なこのジャケット・・・

a0153243_17282486.jpg

                             『クリムゾン・キングの宮殿』1969年


プログレッシヴ・ロックが好きな方なら、誰もが一度は通る名作アルバム。
ビートルズのアルバム『アビイ・ロード』を一位から引きずりおろしたとのお話もありますが
どうやら実際には、公式な全英チャート最高位は3位というお話もあります。
ただ
チャートが何位かというのはどうでもいいお話でして
プログレッシヴ・ロックというジャンルを広く認知させた功績は、このアルバムのものと言っても過言ではないでしょう。
このアルバムには、名曲とされる曲がいくつも収録されています。

『二十一世紀の精神異常者』(現在は『二十一世紀のスキッツォイド・マン』と訳されています)
『ムーン・チャイルド』
『クリムゾン・キングの宮殿』・・・

プログレ・オタクとしてはどれも好きなのですが
今日はこの曲。




・・・ッく、暗い・・・(汗)

『Epitaph』とは 『墓碑銘』という意味です。
つまり
サビで歌われる歌詞は「混乱こそは我が墓碑銘となるだろう」となります。

何度も申しますが、何ちゅう暗い歌詞じゃ。
・・・でも好き♪


・・・と思っていたら・・・



・・・ザ・ピーナッツがカヴァーしてるじゃありませんか!
しかも、かなりカッコイイ・・・!

ロバート・フリップ先生に、是非お聴かせしたい完成度です ♪
[PR]
by dscorp-japan | 2011-05-20 17:59 | 音楽 | Comments(2)
Commented by uonakaji at 2011-05-21 12:21 x
なつーい。30年ぶりに聞いた。グレッグレイクの声は本当によいし、メロトロンも、アルペジオも、トップシンバルも、アレンジが見事。しかしデビューでこんな世紀末ソングをメインに持ってくる奴らとは友達にはなれそうにない。
ザピーナッツのは知らなんだ。てっきり日本語かと思いきや、すごい真面目にカバーしてて感激。こぶしを利かせハモるサビも見事。あの頃のエンターテナーは実力があるなぁ。
Commented by dscorp-japan at 2011-05-21 15:08
☀uonakajiさん。
・・・でしょでしょ ♪
私も
このザ・ピーナッツヴァージョンを聴いた時にはブッたまげました。
恐るべし、ザ・ピーナッツ!
そしてバックの演奏陣も素晴らしいです。

他に西城秀樹ヴァージョンも聴いてみたけど
ザ・ピーナッツとは比較になりませんでした(汗)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30