D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『La Japonaise』 フレディー・マーキュリー & モンセラート・カバリエ


音楽ネタが連発ですが、今日はやっぱりフレディーの命日ということで。

実はフレディーのソロワークは、それほど多くはありません。
数々のミュージシャンとのコラボレーションはありましたけどね。
(マイケル・ジャクソンとのコラボとかネ)
純然たるソロアルバムは、『Mr,BAD GUY』(1985年発表)のみ、です。
日本でも有名な『I Was Born to Love You』もクイーンの曲として認識されていますが、元々はこのアルバムに収録されたフレディー自身の曲、です(その後クイーン名義で発表されもしましたが)。

フレディーのソロワークと言えるかどうか、議論が分かれるところではありますが
私は『Mr,BAD GUY』よりも、このアルバムが好き♪

a0153243_23574469.jpg
1988年発表


スペインの世界的なオペラ歌手:モンセラート・カバリエをお招き♪
彼が大好きなオペラ、ミュージカルの世界を表現したという
ロック・ヴォーカリストの作品としてはかなり異質の作品です。
逆に言えば、フレディーにしか出来ない芸当、とも言えますね。
アルバムで一番有名な曲は、もちろん『バルセロナ』。
バルセロナ・オリンピックの公式テーマソングでしたね~
フレディーが亡くなられなければ
本当はオリンピックの開会式で、この二人がライブで歌うはずだったのに・・・(号泣)
(実際の開会式では、フレディーの代役にホセ・カレーラスが歌ったという・・・)

さて。
フレディーの日本好きは有名な話ですね。
日本の骨董品が大好きで(特に伊万里焼)
ロンドンの自宅には日本庭園を作っちゃったり
新宿二丁目には行きつけのバーがあったり・・・(笑)

そんな彼が
彼の解釈する「日本」、を歌にしています。




私の思い入れが強過ぎるのかもしれませんが
フレディーが歌っているのに、ちゃんと日本の情景が目に浮かぶような歌だと思います。
日本語の発音も、かなりよろしいんじゃないでしょうか・・・♪

私、思うんですよ。
フレディーは、それこそ世界中をツアーで回ってきた方です。
アジア圏の国々も、もちろん回ってきた。
そのなかで、彼は日本を“選んだ” という事実!
やっぱり
私たちの暮らす日本は、美しい国なんだなぁと思うんですよ・・・

日本を愛してくれたフレディーの命日を
この曲を聴きながら過ごすのであります・・・






by dscorp-japan | 2010-11-24 00:14 | 音楽 | Comments(2)
Commented by りょう at 2013-02-19 21:38 x
クィーンを最初に認めたのは日本の女子だったからですよ!恩を感じてたはずです。
Commented by dscorp-japan at 2013-02-20 23:39
☀りょうさん。
ご来訪&コメントを有り難うございます m(_ _)m

そのお話は私も存じ上げております(アットタイムでしたので)
当時はB.C.R.派とクイーン派に二分されてたような気がしますね(笑)
ただ
それだけがフレディの日本好きの理由とも思えないんですよね~
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31