人気ブログランキング |

D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

子どもは授かりもの

 
お葬式に「慣れる」という言葉は適切でないかもしれませんが・・・

様々なお葬式をお手伝いさせていただいてきたなかで
何度経験しても、決して「慣れない」お葬式というのがあります。
私の場合それは、若い方のお葬式であります。
もちろん、人の命がその長さによって区別されるものではありません。
それでも
長きに亘ってその人生を過ごされた方のお葬式と、前途ある若い方のお葬式とでは
やはりどうしても、私どもの気持ちの持っていき方も変わるというものです。


先日もまた
まだ成人式も迎えていらっしゃらない方のお葬式がありました。
ある重篤な病によって、その人生の大半を闘病生活に費やされたお嬢様のお葬式でした。
お葬式の打ち合わせの時点から
私自身、何ともやり切れない思いに駆られたものでした。
もちろんご依頼をいただいたわけですから、精一杯お手伝いするのですが
内心では(オレみたいな人間にこの方のお葬式を担当する資格があるのか)という、半ば自責の念のような思いがよぎるのであります。

そのお葬式では
亡くなられたお嬢様のお母様がご遺族の代表(=喪主)となられました。
ご依頼をいただいてからお葬式まで
終始、気丈にふるまっていらっしゃいました。

そして葬儀礼拝(その方はプロテスタント教会でお葬式をされました)の最後
参列された皆様へのご挨拶の言葉に、私は大いに心を打たれたのでした。

「(前略)
神様
私に〇〇(お嬢様のお名前)を授けて下さり、有難うございます。
〇〇が生まれてきてくれて、私はとっても幸せでした。
今日、あなたの元へ〇〇をお返しいたします。
神様、どうか〇〇のことをよろしくお願いいたします」


「子どもは授かりもの」とよく言います。
では、授けてくれたのは誰なのかと。
このお母様は
我が子を「神様から授かったもの」と捉え
そしてその魂が召されたことを以て
「(お嬢様の魂を)神様にお返しします」と宣言されたのです。
お嬢様を心から愛していらっしゃったからこその
お嬢様への無償の愛と、神様への深い信頼が込められた言葉だったのだと思います。

人の命とはそういうものなのだと
あらためて勉強させていただいたお葬式でありました。





# by dscorp-japan | 2019-06-09 19:28 | 葬儀 | Comments(1)

『 Mna na h Eireann (Women of Ireland) 』

 
・・・こういうことは時折あるのですが・・・

先日、お葬式のお手伝いをさせていただいた教会の信徒の方から
「オカダさんのブログ、時折拝見してるんですよ」
などとお声をかけていただいたんですね。
私としては
こんなつまらない、しかも(ご覧の通り)サボり放題のブログを話題にされると
恐縮するやら申し訳ないやらで、穴があったら入りたい気持ちになるのであります・・・
と同時に
(何でもいいから記事更新せねば!)という思いに駆られた次第であります。

            ♢

・・・ということで
長らく音楽ネタを書いておりませんでしたので、今回は私の大好きなアイルランド音楽からの一曲を記事にしてみようと思います。

『 Mna na h Eireann 』という原題は
私の認識が間違っていなければ、ゲール語という言語です。
これを英語に訳したタイトルが『 Women of Ireland 』つまり『アイルランドの女たち』という意味かと。

私のように
「アイリッシュ大好き ♪」「ケルト大好き ♪」という方なら
曲名は知らずとも、一度はこの曲を耳にされたことがあるのではないでしょうか。

有名な曲なわけですので
いろんなアーティストさんがこの曲を演奏されたり歌っていらっしゃったりします。
私の場合
ケイト・ブッシュさんが歌うバージョンでこの曲を知ったように記憶します。



彼女のこの曲を聴いて以降
私の中では 『 black is the colour 』という曲と並んで、アイリッシュ・トラッドの2トップとなっております(あくまでも私の中での話)。


おそらく、この曲が広く知れ渡ったのは

『 Ceoltóirí Chualann 』(←読み方分かりません)というアイリッシュ民謡バンドが演奏する、このバージョンなのではないか思われます。




確証はないのですが
どうやらこの『 Ceoltóirí Chualann 』というバンドに在籍していた

『 Seán Ó Riada 』(←読み方分かりません)という方が、今私たちが耳にするこの曲の “ 作曲者 ” とされているようです。

(間違っていたらご指摘ください m(_ _)m )


次に、アイリッシュ・トラッドバンドの代名詞
『 The Chieftains(チーフタンズ)』のバージョン。



・・・私、こういうインスト系が大好きなんです。


次、どんどん行きます(笑)
誰でも知っている『サラ・ブライトマン』さんのバージョン。



・・・サラ・ブライトマン、全開!って感じですよね。


次はちょっと変わり種。
アイルランド出のフォークロックバンド『ザ・コアーズ』のバイオリニストであるシャロン・コア―さんと
何と、御大ジェフ・べック様のコラボによるバージョン!



ジェフ・べック氏のギターは
こういう曲でもやっぱりジェフ・べックなのであります。


次。
・・・はい、私の敬愛して止まないマイク・オールドフィールド氏によるバージョン。
(これを紹介したかっただけじゃねェのか!?)



次におまけ(?)
マイク・オールドフィールドにはテリーというお兄さんがいらっしゃって
この方はフルート奏者なのですが、この方もまたこの曲を演奏していらっしゃいますので、そのバージョンを。



・・・同じ曲ばかり聴かされて
ウンザリされたらゴメンナサイ。
でも私、どうしようもなく好きなのであります・・・♪

お付き合いいただき、有難うございました m(_ _)m







# by dscorp-japan | 2019-05-30 03:06 | 音楽 | Comments(4)

今日は『5月13日』です

 
 → 5月13日に関する過去記事


・・・毎年、今日という日は
個人的に思い入れの深い日であります。

今から40年近く前、私がまだ高校生だった頃
ひょんなことから『ファティマの聖母の祝日』について知るに及び、これをきっかけのひとつとして自ら教会に行ってミサに与るようになったという
私にとっては、いわゆる「神との出会い」の記念であります。

あの頃の私は、今よりも少しだけ純粋だったような気がします。

(オレは教会へ行くべきだ!)
(ミサに与ろう!)
(マリア様が待っている!)← ホンマかいな

そんな思いに突き動かされるように
錆び付いた自転車を引っ張り出し
何の準備もなく、ただ教会へとペダルを漕いだ日から、約40年。


毎年、今日を迎えるたびに思うのです。

(オレはこれまでよりも良い人間になれただろうか)
(少しでも罪を遠ざけることが出来ただろうか)

・・・そして毎年、自己嫌悪に陥るのですが(笑汗)

私にとってはそんな大切な日なのですが
では何か特別なことをするのかと申しますと・・・特に何もしない(笑汗)

今朝も惰眠をむさぼっていたところへ
とある教会の信者さんからご葬儀のご依頼をいただき
葬儀屋さんとしての日常を、淡々と過ごしているのみであります。


・・・とはいえ
約40年前のあの日、抗い難い衝動に駆られて教会の門をくぐらなければ
おそらくキリスト教葬儀屋さんとしての私もいなければ、ウチの会社も無かったわけです。
そう考えると
今、こうしてご葬儀のお手伝いをさせていただいている自分の
存在意義の源泉もまた「5月13日」という今日にあるのかもしれません。

・・・であるなら。
今、私のすべきことはやはり
「目の前のお仕事に精一杯の誠意を持って取り組むこと」
ということになるのではないかと思うのであります。





# by dscorp-japan | 2019-05-13 15:46 | キリスト教 | Comments(4)

感謝

 
かつてない大型連休を迎え
新しい元号となりました。

・・・そんななか、弊社もまた5月1日を以て17期目に入りました。
2003年の5月
半ば成り行きのように会社を設立したのが昨日のことのようです。
(半年持つかな)
(3年続けば御の字だろ)
(いざとなったら、また何か考えるさ)

まったく不安が無かったと言ったら嘘になります。
ナケナシの貯金をはたいて、借金もして
大した勝算も無いままにはじめた会社でしたが
お世話になった皆様のお蔭をもちまして、今日を迎えることができました。
ただただ「感謝」の一言に尽きます。

「人間の死にたかる、あくどい商売」
私自身、この業界に足を踏み入れる前は
葬儀屋さんに対してそんなイメージを持っておりました。
しかし日々、お葬式の現場に携わるなかで
「誰かがその役割を担うべき仕事」「必要とされる役割」
との認識を強めていきました。
一方で「人間の死」について日々考えるようになり
「死」というものを、この上なく尊いものとして捉えるようになりました。

葬儀屋さんをさせていただくなかで
多くのお世話になった恩人や友人の死を目の当たりにし
そのご葬儀のお手伝いをさせていただきました。
いっぱい、泣きました。
私なりにたくさん、お祈りもしました。
そうした経験を通して、本当に多くのことを学ばせていただいたと思います。
まだまだ葬儀屋さんとしては勉強不足でありますが
少なくとも人間として、大切な人を亡くした方の思いに寄り添う気持ちは深まったのではないかと思っております。

かく申します私も、今年で55歳です。
この先、あとどれくらいこのお仕事に携われるのか分かりません。
もしかすると明日
私自身が会社にお世話にならないとも限りません。

「目の前で横たわる故人様は、明日の自分である」

その思いだけは忘れず
これからも微力ながら、お葬式のお手伝いをさせていただく所存であります。






# by dscorp-japan | 2019-05-04 17:02 | 葬儀 | Comments(4)

おめでとうございます ♪

 
イースター(復活祭)です。

皆様
主のご復活、おめでとうございます!


キリスト教が「復活の宗教」と言われる所以からも
木曜日からの『聖なる過越の三日間』の典礼を経て、今日のミサを迎えられたことを以て、カトリック教会がカトリック教会たる証しであります。
であるがゆえに
カトリック教会に限らず、キリスト教の最も大切な祝日はクリスマスではなく、イースター(復活祭)であると言われるわけです。

放っておいても、一年間はぐるりと一周して巡ってきます。
春には桜が咲きほこるように
秋には木々の葉が色付くように
復活祭もまた、毎年やってきます。
しかし
この世に生き長らえながらこの日を迎えられることは、実は決して当たり前ではないということ。
そして
毎年この日を迎えられることで
神と自分との関わり方や生き方を見つめ直し
改められるところは改め
更新すべきことは更新する。
そういう機会が与えられたことに感謝すべき日なのだと、私は思っております。


・・・などとキレイ事を申しておりますが (^^ゞ
私なんぞはもう、どこをどう改めたらよいものやら分からないほどですので
結局神様には一言、これだけお願いするわけです。

(そんなわけで、またいろいろよろしくッ)

            ♢

ただひとつ
今朝、カトリック布池教会に行って聖堂を見上げた時
(ノートルダムの信者の皆様は、今日の日をどのような思いで迎えているんだろう)
ということ。

a0153243_14084645.jpg
今朝のカトリック布池教会


祈る場所があることも、当たり前などではない。
こうして眠い目をこすって
面倒臭がりつつもミサに与ることのできる教会があるということに、やはり感謝しなくてはならないのだなと、あらためて痛感したのでありました。






# by dscorp-japan | 2019-04-21 14:39 | キリスト教 | Comments(4)

希望

 
仏教を信仰する方にとっての「お寺」
神道を信仰する方にとっての「神社」
キリスト教を信仰する方にとっての「教会」
イスラム教を信仰する方にとっての「モスク」

宗教は違えど
信者にとって祈りの場所としての宗教施設とは、第二の「家」のようなものなのではないでしょうか。
信仰心の深浅などは関係なくて
たとえ普段は滅多に足を運ばない場所だったとしても
理屈抜きで、ただその場所に行けば「何となく心が落ち着く」。
信者にとっての宗教施設とは、そういう場所なのだと思います。
キリスト教会の場合
よく、礼拝堂(聖堂)は「神の家」と言われますが
それと同時に「信者たちの家」でもあると思うわけです。


すでに皆様もご周知の通り
4月15日、ノートルダム寺院が火災によって甚大な被害を受けました。
現地の信者の皆様にとって
あの出来事はさながら、我が家が火事で焼け落ちる様を見る思いだったのではないでしょうか。
途方に暮れる思いは、私たちには計り知ることのできないものだと思います。

            ♢

このところ私は本業のお葬式が多忙の為
このニュースも少し経ってから知った次第なのですが
テレビやネットで流れるニュース映像のなかにあった、ひとつの写真に目が留まりました。

a0153243_15184022.jpg
焼け落ちた聖堂に残った十字架とピエタ像


この映像をみて私の脳裏に浮かんだのは
『絶えざる御助けの聖母』のイコン画でありました。
(詳しくはレデンプトール修道会のサイトをご覧ください)

a0153243_15314482.jpg


私は不勉強でいい加減な信者なので詳しくはないのですが
若い頃、このイコン画を知った際に教えられた、聖母マリアに抱かれた幼いイエスの足にぶら下がっているサンダルの意味には、深く感銘を覚えたものでした。
今にも落ちてしまいそうなサンダルが
たった一本の紐で、かろうじて落ちないで留まっています。
「この、たった一本の紐こそが私たちの信仰そのものである」
「この細い紐こそが、私たちの希望なのである」

キェルケゴールによる著書『死に至る病』にある
「死に至る病とは絶望である」という言葉。
「絶望」こそが死に至る病だとすれば
幼子イエスのサンダルの紐こそが、絶望から私たちを救って下さる唯一の「希望」という言い方が出来るのではないかと。


ノートルダム寺院の焼け落ちた聖堂内に残る十字架とピエタ像を見て
私はそこに、絶えざる御助けの聖母の、幼子イエスのサンダルの紐を見たような気がしたのです。

「失望はしても、絶望してはいけない」
凛として立つ十字架と、瓦礫に囲まれたピエタ像は
私たちに、そんな風に語りかけているような気がするのです・・・









# by dscorp-japan | 2019-04-18 15:51 | キリスト教 | Comments(4)

映画 『 Blank 13 』

 
今日から
プロテスタントでいうところの『受難週』
聖公会でいうところの『聖週』
カトリックでいうところの『聖週間』
であります。

とはいえ
一応カトリック信者の端くれである私ではありますが
今日を迎えるまでの、いわゆる『四旬節』の過ごし方に何らの特別な意識もなく
普段と変わらずの “ 平常運転 ” で過ごさせていただいております・・・
これじゃイカンのでありますが
本業のお葬式がたて込んでおりまして、結局「お仕事優先」を言い訳にしております。

そのくせ
家に帰れば平気で映画とか観てたりする ^^;

            ♢

俳優:斉藤工さん(監督名義は『齋藤工』)による作品。

a0153243_16112348.jpg
2018年公開

(映画のあらすじや詳細については公式HPをご覧ください)


・・・これは大変によろしくないことなのですが
私は俳優:斉藤工さんのことを、妙な色眼鏡で見ていたところがありました。
ハンサムで、色気があって
モデルも俳優もやって、映画監督までやって
(どうせ周りからチヤホヤされて、担がれていろいろやってんだろ)
という、非常に失礼な見方をしていたんですね。

でも間違ってました。
本作を観て
(この方は本物なのだ)という認識に変わりました。

            ♢

さて。
この映画を観ようと思ったきっかけは
本作において、お葬式の場面が大いに重要な役割を果たしているという情報を得たからです。
「監督:齋藤工」というキーワードには
何らの興味も無かったというのが本音であります。

映画のあらすじには、特に目新しいものはないと思います。
ギャンブル三昧で借金を作ったダメ親父がある日突然失踪し
残された妻と二人の息子は、極貧に喘ぎながらも何とか生活します。
父親が失踪してから13年経って
妻と息子のところに、父親が末期の胃がんで余命宣告をされているという一報が入ります。
複雑な思いを抱えつつ、次男だけは父親の入院する病院に面会に行ったりします。
そして父親は亡くなり
遺された家族で、参列者の少ない小さなお葬式を挙げるのですが
そこに参列してきた数少ない参列者たちから、家族の知らない父親の一面を知らされることになる、というお話です。

映画としての大きな盛り上がりがあるわけでないのですが
それだけに、最初から最後まで、この上ないリアリティが感じられる作品でした。
本作のリアリティが本物のリアリティであることは
日々お葬式に携わっている私が言うのですから、間違いありません。
いわゆる “ お葬式あるある ” という表現とは少々異なっていて
描かれる情景の背景にある、当事者たちの「思い」がリアルに浮かび上がってくるということです。
余計な説明を排して
ただ淡々と描かれる人物の言動ひとつひとつから、その人たちの思いがふんわりと浮かび上がってくるんですね。
それらは決して押しつけがましいことなどなくて
観ている私たちは、自然に登場人物たちの思いを汲み取ってしまうんです。
齋藤監督のその手腕は、本当に素晴らしいと思いました。


「家族の知らない故人の一面がある」というのは
お葬式に携わる私たちは、幾度となく目の当たりにしてきたことであります。
お葬式の場面になってはじめて
参列者の皆さんから、家族の知らない本人の一面を知らされることは
当事者である家族にとって、時として大きな救いになるものだということを、私たち葬儀屋さんはよく知っております。
そしてそれもまた、お葬式の大きな意義のひとつであるとも思っております。
齋藤監督が葬儀屋さん目線で本作を撮られたかどうかは存じ上げませんが
本作は、そんな小さな「救い」をごく自然に描いていると思いました。


本作の元となったのは
はしもとこうじさんという放送作家さんの実体験だということです。
少しだけ調べてみると
どうやらはしもとさんご自身は、本作で描かれる次男さんにあたられるようです。
きっと間違いなく
今はもう、はしもとさんはお父様のことを恨んでなどいないのでしょう。
そして
家族としてのお父様のことを、ありのままに受け止めていらっしゃるのだと思います。
それが
家族、ということなのだと思います。






# by dscorp-japan | 2019-04-14 15:32 | 映画・テレビ | Comments(2)

和を以て・・・

 
すでにご周知の通り
来月の5月1日からの元号が発表されました。
おそらくは日本中の多くのブロガーの皆様が、この新しい元号について語られるのでしょうね・・・

昭和生まれの私は、やっぱり『昭和』という元号が今なお親しみ深く
30余年も続いた『平成』に対しては、実はそれほど思い入れが無いのであります。
そして今回発表された『令和』についてですが
今現在の心境で申しますと、『平成』よりも好き、かもしれません。
多分、ですけど『和』の一文字が好きなのかもしれません。
『平成』は、読みとしても「へいせい」はともすると「へーせー」ともなりまして
やや締まりがない印象を感じてしまうんです。
対する『令和』の読みは「れいわ」。
日常では「れーわ」となるかもしれませんが
最後の「わ」で締まる感じがして、私としては好ましく思います。

『平成』にも『令和』にも
“ 平和 ” を連想させる一文字が入っておりますが
私は「平」よりも「和」という文字に、より強い平和への思いが込められるような気がします。

そんなことを考えつつ
ウチのようなちっぽけな会社でも、只今元号が変わることへの準備をしております。
PC内にある元号表記のある書式などに一通り目を通して
来月1日からの変更に対応すべく、ちまちまと作業をしている最中であります。

一方で
今日も、葬儀屋さんとしての日常が続いております。
お通夜の現場に出向いているスタッフもいれば
つい先ほどご依頼のあったお葬式の打ち合わせに出向いたスタッフもおります。
元号が変わっても
葬儀屋さんのやるべきことに変わりはないということであります。


・・・でも、やっぱり思いますよね。
新しい元号が
私たち皆の生活を、良き方向へ導いてくれればと。
そして私たち自身
この新しい元号に、慶びと誇りを持って生活していければと。


新しい元号に抱いた、私の印象は
「和を以て尊しとなす」です。
出自は違えど
やっぱり「和」ですよ。





# by dscorp-japan | 2019-04-01 16:18 | 葬儀 | Comments(4)

これもまたグリーフワーク

 
もう半ば確信犯的にブログをサボっております。
言い訳はいたしません。
ただただサボっているだけなのであります m(_ _)m


さて。
只今、春のお彼岸であります。
私はカトリック信者ですが
ここでも再三申し上げておりますように『お彼岸』と『お墓参り』は、とても大切なことだと考えております。
お彼岸も、お盆も
今はこの世を去った私たちの大切な人のことを思い返すための “ きっかけ ” として、大きな意味があると思っているからです。
仏教だろうとキリスト教だろうと
「思い出す」「思い返す」ことこそが重要なのだと考えるわけです。

            ♢

かく申します私も
昨秋に母方の伯父を亡くしまして、ただいま伯父の納骨手続きを進めているところであります。
伯父には三人の娘(つまり私の従姉妹)がいるのですが
・・・まぁこういうときって、私が葬儀屋さんであるということもあって
いろいろとお手伝いしてるわけであります。
とはいえ
納骨にあたって必要な手続きは従姉妹たちが進めていて
納骨先である、カトリック南山教会の納骨堂とのやり取りを私が受け持っている感じです。

・・・私は
納骨に至るまでのひとつひとつのプロセスを、自分たちでやることもまた
「弔い」「葬り」の大切な要素だと思うんです。
亡くなった大切な人のために時間を割き、実際に動く過程の中で
私たちはあらためて、心の中で亡くなった方と対話するのだと思うわけなんですね。
つまり
これもまたグリーフワークの一環である、と。


私が幼少の頃
亡くなった伯父は、会うたびにお小遣いとして100円をくれました。
(その100円は毎回母に預けたのですが、全部使われちゃいましたけど)
その100円は小さなものかもしれないけど
私にとっては、忘れてはならない「御恩」なのであります。
仏教徒として、今は浄土へと旅立った伯父に
これは恩返しにもなりませんが、私として出来ることをしてあげたいという思いで動いている現在であります。







# by dscorp-japan | 2019-03-21 16:47 | 葬儀 | Comments(4)

長らく私は間違っていたらしい

 
・・・齢50も半ばに差し掛からんとする私ですが
この歳になって、自分が間違えていたことを知らされた次第であります <(_ _)>



以前、ガッコのセンセをしていたとき
私は自分のハンコを押す時、常にまっすぐになるように押していたんです。
その方がキレイだと思っていたから。
ところが教職を辞して一年後
葬儀屋さんに就職したとき、職場の先輩からふたつのことを教えられたんです。

①「お前の印鑑は必ず左側に傾けろ」
②「手を前で組むときは、必ず左手で右手を覆うようにしろ」

①の理由は
上記ニュース記事にあるのとほぼ同じ理由でした。
「お客様にお渡しする見積書や領収書に押す、オマエの印鑑を左に傾けることで
お客様に対して頭を垂れたかたちになるから」と。
②の理由は
「効き手である右手を左手で覆うことで、相手に対して敵意が無い(抜刀の意志が無い)ことの意思表示になるから」と。

ですから私
ずっとその先輩の教えを守って「印鑑は左に傾けて」「手を組む際は左手が前になるように」を守ってきたんです。
25年以上にも亘って。

・・・でも①は間違っていたんですね・・・

昨日の日中
現場のお仕事が無かったので、いろいろと調べておりました。
そしたら『印鑑.COM』というサイトに書かれてました。

>社外では斜めにせず、まっすぐにビシッと押すように心がけましょう
>斜めに押すのはあくまで慣習です


・・・あぁ、知らなんだ・・・(><)

やっぱり
この歳になっても、日々お勉強なのですね。
以後、気をつけますッ






# by dscorp-japan | 2019-02-25 01:39 | 思うに・・・ | Comments(6)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30