D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

私は何故、司祭職の道を諦めたのか(後篇)

 (前記事の続き) 

・・・お断りしておきますが
そんな崇高な話でもなけりゃ、大したオチも無い話ですんでご了承くださいな・・・ m(_ _)m


「罪深い自分を変えたい」
特に
「エロの呪縛から解き放たれたい」(笑)
そして
「他者を愛せない自分を何とかしたい」


その対策として当時の私は
「他人が幸せになるのを手助けすることで、自分も他者を愛することが出来るようになれるんじゃなかろうか」
そして
「カトリックの世界に没頭する(=身を置く)ことで罪から解放されるんじゃなかろうか」
と考えるようになったのでした。


そこでいきなり(神父になりたい!)と。

・・・ムチャクチャ短絡的ではあります(笑汗)

当時の私
神父になることがどれほど大変なことか、そしてどれほど責任を伴うことか、全く分かっておりませんでした。
ちょうど高校三年生、つまり進路を決める時期ではあったわけですが
(キリスト教系大学の「神学部」に入れば良いんじゃないの?)くらいに簡単に考えていたんです。

で、私は父親に頼みました。
「神父になりたいから神学部に行くわ」

父親からは激しく叱責されました。
「神父を舐めんな!」

父もまた厳格なカトリックの家庭で育ったカトリック信者なのですが
母と結婚して以降、父は一切教会に行かなくなりました。
(その理由は家族だけの秘密です)
それでも、そんな父の中にもカトリック司祭の崇高さみたいな意識はあったらしく
学業も疎かにしている不肖の息子が神父になるなど笑止千万!ということだったようです。

「エラそうなことを言う前に勉強しろ」
「そういうことを言うのは成績が上がってからにしろ」
「神学部に入れば(神父に)なれるなんて簡単なものじゃない。
そもそも神学部に入ることがどれほど大変なのか、オマエは分かっていない」

反対されると余計に反発するのが10代の青年です。
(だったら絶対神父になったるわ!)と意気込んだわけですが
いかんせん、どうにもお勉強だけは好きになれない ^^;
机の前には座るのですが
本来開くべき教科書や参考書はそっちのけで、やっぱり哲学系やら宗教系の本ばかり読んでしまうわけです。
そして何より
カトリック司祭になるためには具体的にどうしたらいいのか、神父様に相談することもしておりませんでした。
この頃はタバコの本数も増えたよなァ~(ってオイ!)

・・・で、当然の結果として浪人です。

「浪人は一年まで。その先は面倒見きれん」

親のすねかじりで予備校には入ったのですが
まァ~遊び呆けますよねそりゃ ^^;
毎日「行ってきまァ~す」と家を出てはパチンコ屋に行ったり
(高校時代のバイト代で、そこそこ貯金はあったのです)
同じ予備校生たちと麻雀ばっかりやってたり
(今も全然強くないですけど)
(神父になりたい)という思いはあったものの、具体的な行動は一切なかったんですね。

そんななか、同じく浪人していた同級生の女の子がいて
何やかんやと経緯があって、お付き合いするようになったんです。

「そんなことするヒマがあったら勉強しろ!」
・・・仰る通りなのです。

でも私
その子のことが本当に大好きだったんです。
実は私、その子のことが高校三年のときから好きでした。

彼女とお付き合いする前の段階で
私は(珍しくも)本気で真剣に悩みました。

(神父になるつもりなのに女の子と付き合っていいのか?)

つまり私のなかで
どちらかを諦めなければならないという選択に迫られたわけです。


・・・はい。
悩んだ末に、私は彼女とのお付き合いを選びました(笑)
私、女の子とお付き合うするの、これが初めてだったんです。
「オクテ」といわれればその通りなのですが
私のなかで「異性とお付き合いすること=結婚前提」との思いがあったんで(そういうところだけカタブツだった)。
そして何より
彼女のことを「心から好き」という自覚はつまり(自分も他者を愛することが出来たということじゃないのか)という喜びもたしかにあったんです。

かくして
彼女とお付き合いが始まった時点で、司祭職という選択肢はバッサリ消えたという次第であります。



・・・これが、私が司祭職を諦めた理由であります (^^ゞ
つまらない話でゴメンナサイ m(_ _)m


・・・まァ今となってはすべて過去の話なわけですが
この歳になってつくづく思うわけです。
あらためて
自分なんぞが神父にならなくて良かった、と。
・・・いやもちろん
なれるかなれないかを決めるのは神様なわけですが
仮にでもなってしまっていたら、私は間違いなく日本のカトリックの歴史に汚点を残すような神父になっていたに違いないという、強い確信があります。


最初に申し上げましたでしょ?
だって私「煩悩の塊」なんですから(笑)






[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-27 19:34 | あったこと | Comments(4)

私は何故、司祭職の道を諦めたのか(前篇)

 
・・・とある方よりご質問がありましたので。

っていうか
ただ何とな~く(なりたいかも)と思ったくらいで「目指していた」「志していた」なんて言葉にするのもおこがましいわけですよ。
だから自分自身
「諦めた」と言うほど真剣だったのかも分かりませんしね。

・・・まァね
先に結論から申しますと「煩悩を断ち切れなかった」ということですよ、ハイ・・・


私の場合
何となく(神父になりたいかも)と思ったのが、高校三年の頃だったと記憶します。
地元じゃそこそこの進学校といわれる高校に進学したものの
私の場合、実技四教科の内申点で滑り込めたようなものですから、高校に入ってからはずっと地上スレスレの低空飛行だったわけです(笑)
元々勉強なんて大ッキライだったし
好きな音楽をやったり聴いたりして、好きなお絵描きをして、のんびり楽しいことだけやって過ごしたかったわけです(つまり今と一緒!)

そんななか(一応)多感なお年頃だった私は
「人間の幸福とは何ぞや」とか「生きる意味とは?」とか、生意気にも薄っぺらな哲学的なことを考えるようになりました。
学校帰りには毎日のように本屋さんに行っては哲学っぽいことが書かれてる本を読み漁ったりしてまして
そのうちに今度はいろんな宗教の本を読むようになりました。

私は “ ボンクリ(Born Christian=幼児洗礼) ” のカトリックでしたが
それまでは殆ど教会にも行っておりませんでした。
幽霊部員ならぬ “ 幽霊信者 ” でありました。
自分の洗礼名が「ペトロ」ということだけ認識していて、あとはカトリックに対して何ら思い入れもなかったわけです。
ところが様々な宗教の本を(あくまでも薄っぺらァ~く、ですが)読み漁っているなかで
(やっぱオレ、カトリックが良いや ♪)と思うに至ったわけです。
それ以降
こんどは当時の自宅からほど近い教会のミサに通うようになりました。
(それが今も私の所属する『カトリック布池教会』であります)
ミサに出ていても最初は何のこっちゃさっぱり分かりませんでしたが
通い詰めるうちに、私なりに少しずつ理解していったんだと思います。

青臭い当時の私のなかには
常に「罪の意識」というのがありました。
その罪にもいろいろあったわけですが
私のいちばんの罪の意識というか、自分には「他者を心から愛する心が欠けている」という思いがありました。
元々が冷めた人間だという自覚がありましたし
本来大切であるべき家族に対しても、それほどの思い入れも持てませんでした。
人並みに好きな女の子もいたりしましたけれど
それとて(ただの性欲の対象なんじゃないか?)という自問がありました。

・・・悶々と考えるなか
いつしか私は(罪深い自分を変えたい)という思いが強くなっていったのでした・・・

(続く)






[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-25 00:12 | あったこと | Comments(4)

『 キリスト教のリアル 』 松谷 信司

 
基本的に
私の読む本は、専ら娯楽小説であります。
いわゆるハウツーものとか、お勉強系は苦手(勉強嫌いですから)。
新書サイズの本を手にすることも、まず無い人間です。

しかしながら
何かとお世話になっている方の書かれた書籍、しかもキリスト教を題材にした本ということで、出版から一年以上経ったところではありますが手に取ってみました。

a0153243_15352183.jpg
なかなか面白かったので、画面いっぱいに宣伝しときました(笑)


日本人の0.8%しか知らない「キリスト教」
近年、様々なメディアでキリスト教が取り上げられているが、その多くが「(日本における)現場・現実」と接点のない、「歴史や教養」のひとつとして語られることが多い。
日本に約0.8%いると言われているクリスチャンや牧師・神父の現状を書いた、「キリスト教の今」を知るための一冊。
(書籍背表紙説明より)



本書の著者である松谷信司さんとの交わりのきっかけは
盟友:はるさん(『株式会社シャローム』代表取締役)からのご紹介でした。
キリスト教葬儀について研究・情報や意見の交換を行うネット上の任意団体『キリスト教会葬儀研究所(CCFI)』のメンバーとして、何度もネット会議を通じていろいろとお世話になっております。
彼が旗振り役となって開催されてきた『いのり☆フェスティバル』にも参加させていただき、私としてはお世話になりっぱなしなのであります (^^ゞ
お世話になりっぱなしなので
彼の所属するキリスト新聞社の発行する『キリスト新聞』に、時折寄稿させていただいておる次第であります。


さて、本書について簡単にご説明です。

本書は前半(第一部)が、今日の日本におけるクリスチャンたちの生活や実態、もっといえば「クリスチャンあるある」について語られます。
そして後半(第二部)が、実在の牧師先生や神父様による対話が掲載されています。

第一部で語られる、今日の日本のクリスチャンの実態について申しますと
やはりまず、同じクリスチャンである私からすると、終始ニヤニヤしながら読み進められるものでありました ♪
ただ同じクリスチャンと言っても
私はカトリック信者であり、プロテスタント信者の皆様の実態については知らなかったこともあったりして、そこは勉強にもなるものでした。
・・・同じクリスチャンでも
教派の違いによる小さな差異みたいなものって、結構あったりするんですよね~

そして第二部。
ここでは、各教派から集まった4名の牧師・神父による “ 歯に衣着せぬホンネ ” が次々と語られます。

集まった牧師・司祭がまた面白い ♪
単立『ともにチャペル』の森 直樹先生
日本のキリスト教世界では有名なバンド『牧師ロックス』を組む関野和寛先生
とってもお若い女性牧師の川上咲野先生
そして我がカトリックからは
カリスマ神父として名高い、晴佐久昌英神父様
彼らが一堂に会して
それぞれの教派に仕えながら、日々の生活や思うところを余すことなく語り合います。

牧師先生や神父様の「ホンネ」って
訊こうと思っても、なかなか聞けないじゃないですか。

(神に仕えるってどういうこと?)
(よくもまぁ牧師とか神父とかになる気になったなぁ)
(毎日何して暮らしてるの?)

クリスチャンである私たちでさえ、知らないことって沢山あるんです。
そういう意味では
私たちクリスチャンもまた “ 外野 ” の人間なのかもしれません。
そんな私たちの疑問が
本物の牧師先生や神父様の口から語られるのですから、面白くないはずがないのであります。


・・・ただひとつ、敢えて申しますが
ここに集った方々って、何気にエキセントリックなメンツだったりするんです。
私は直接お会いした頃はありませんが
たとえば関野先生なんてエキセントリックを通り越して、もはや「ファンキー」じゃないですか(笑)
そういう方々の語るホンネが
他に数多いらっしゃる牧師先生や神父様のそれと同じかというと、そこは何とも言い難いところではあると思うんですよね・・・

しかし一方で
牧師や司祭職になられた方々って、元よりエキセントリックといえばそうなのかもしれない。
・・・普通、牧師や神父に何てなろうとなんて思いませんもん。
(私も諦めたクチです)

まぁね
ここに登場される先生方の語られる言葉は、あくまでも「一例」と捉えるスタンスで読み進められれば良いのではないでしょうか。

少なくとも本作、私は非常に面白かったデス ♪
キリスト教に興味のお有りの方
すでにクリスチャンでいらっしゃる方々も含めて、是非ご一読をお勧めします。

最後に

一年前に行われた、本作の出版記念感謝礼拝&トークイベントの動画がありますのでご紹介しておきます。










[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-23 00:00 | | Comments(5)

『 A Man I'll Never Be 』 ボストン

 
超のつく秀才:トム・ショルツ。
(少なくとも理系では世界最高峰のマサチューセッツ工科大学出身ですから)
電子工学の知識を生かして
デビュー前から自宅にプライベートスタジオを作っちゃうし
『 Rockman 』というブランドでギターアンプやエフェクターを製作しちゃうし。
ある意味において
トム・ショルツとは、究極の “ 音楽ヲタ ” なのでありました。
だから40年以上のキャリアであるにもかかわらず
発表されたアルバムは(ベスト盤を除いて)たったの6枚という・・・^^;

a0153243_16413633.jpg
若い頃の(笑)トム・ショルツ氏


彼の率いる(というか、半ば彼個人のプロジェクト)であるバンド『ボストン』の名声は
もちろん彼の作り出す楽曲の素晴らしさもあるのですが
彼の生み出したギタートーンによるところも少なくないと思うのです。
『ボストン』の音楽性は(当時の音楽業界の流れもあって)「産業ロック」などと言われたものですが
トム・ショルツの生み出した独特のギタートーンは産業ロックの、ひとつの「顔」のような存在だったような気もします。
だからこそ
彼のギタートーンが出せるエフェクターとして、当時『 Rockman 』というブランドが成立したのだと思います。


今回は
そんなトム・ショルツが紡ぎだす、独特のギタートーンを堪能できる曲をご紹介。
これは初期ボストンの
というか、これまでのボストンのキャリアの中でも最も美しいとされるバラード。




ギタリストであるトム・ショルツが
敢えて、ギターイントロ無しでピアノとヴォーカルからはじまる曲としたところに、彼のセンスが伺えます。
彼はバンドのプロデューサーであり、コンポーザーであり、アレンジャーであり、ギタリストでありますが
他の多くのギタリストとは異なり、殊更に自分が前に出ようとする意識は少ないです。
音楽を演奏する際には、バンドのワンパートとしてのギタリストに徹するという感じ。
ギタリストの立ち位置という点においては
ボン・ジョヴィのギタリスト:リッチー・サンボラと似ていると言えるかもしれません。

今回の曲はバラードとしてエヴァーグリーンであることは間違いないのですが
特にトム・ショルツが好きな人間にとっては
この曲間に聴かれる、彼独特のギタートーンとそのメロディに惹かれるのであります。





[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-21 16:43 | 音楽 | Comments(1)

私は葬儀屋さんに飽きた、のか?

 
昨日朝、テレビの報道バラエティ番組で
とあるプロ・テニスプレイヤーの「テニスに飽きた」という発言を受けて
「自分の仕事に飽きるか」という話題で盛り上げってました。
そのなかでMCのダウンタウン・松本さんが
「(自分の仕事に)飽きてからが本番」ということを仰っていて、なるほどなぁと思って観ていたんですね。

・・・で、当然私も自問するわけです。
(自分は葬儀屋さんに飽きたのだろうか?)


元来の私、非常に飽きっぽい人間だと思っております。
よく「熱しやすく冷めやすい」といいますが
私の場合は「熱することなく、ただ冷めやすい」という、どうしようもない性格です ^^;
つまり
飽きっぽいという以上に、何事にも冷めた人間だということになるでしょうか。

正直に申しますと
私は(葬儀屋さんになろう!)と思って葬儀屋さんになったわけではありません。
はっきり言って “ 成り行き ” です。
ガッコのセンセを辞めて
呑気に絵を描いて過ごしながら、結婚式披露宴の司会のバイトなんかして過ごしていたら、とある葬儀屋さんから誘われただけです。
それも「パートで」という約束だったのに、初日に行ってみたら正社員にさせられていたという・・・^^;
その後、約四半世紀にわたって葬祭業界に身を置いているわけですが
正直(これが自分の天職だ!)などと思ったことは、一度たりとてございません。
今のお仕事が自分に合っていると思えることがあるとすれば
お葬式の依頼が無い限り、いつだって半ば「お休み」状態だということ。

・・・ある意味において
50歳を過ぎた今も、私はただフラフラ生きているだけなんです・・・


私は、今の自分のお仕事に飽きているのか。

はっきり申し上げまして
ウンザリすることは日常茶飯事です。
肉体的にも(状況によっては)精神的にも、キツいことがたくさんあります。
(もうイヤだ!)と、逃げ出したくなることもあります。
つまり
おそらく「飽きる」以上のことを何度も考えたということです。

では何故、辞めないのか。
教育関係からのお誘いも
医療関係や福祉関係からのお誘いも断って
何故、葬儀屋さんを続けているのか。

・・・多分、キライじゃないんだと思います。
自分の生業を、尊いお仕事だという矜持もあるんだと思います。
神様が私を
「葬儀屋さんとして世の中に仕えなさい」と言っているのだと、勝手に思っているところもあるんだと思います。


恥ずかしながら私
シスター渡辺の著書『置かれた場所で咲きなさい』を読んだことはありません (^^ゞ
ただ、この著書のタイトルには個人的に大きな意味を感じます。
積極的に選んだ道ではありませんが
葬儀屋さんという立ち位置に身を置いて、そこで出来ることを精一杯実践することが『置かれた場所で咲く』ということなのかな、と。

・・・ま
決して「咲いて」はいないんですけど ^^;







[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-17 15:26 | 思うに・・・ | Comments(4)

サガ神父様の納骨式

 
今日は、大切な友人の納骨式でした。
今年の四月に天国に召された、アントニサーミ・サガヤラージ神父様です。

一カ月以上前から納骨式のご連絡をいただいておりまして
「今日だけは何を差し置いても必ず参加しよう!」と、スタッフ全員で申し合わせておりました。

「頼む!この日だけは葬儀の仕事、入るなッ」

・・・神様はよく取り計らって下さいました。
おかげ様をもちまして、ウチのスタッフ全員が参加することが出来ました。


a0153243_22245902.jpg
岐阜県多治見市にある『カトリック多治見教会』


ここはもちろん教会なのですが
私たちは『多治見修道院』という認識です。
古くからのカトリック信者にとって
ここは「神言修道会の修道院」という認識が強いのです。
・・・そしてここには
今は天に召された、神言会の神父様や修道者たちの眠るお墓があるんですね・・・

多治見修道院の聖堂において、追悼ミサがあり
その後、司祭団と参列者は列をなして墓地へと移動して納骨式、という流れです。

a0153243_22333574.jpg
長い歴史のある、多治見修道院の聖堂

a0153243_22343700.jpg
神言修道会日本管区・管区長のジェブーラ神父様による説教


・・・私はこの聖堂に入るたび
他の教会の聖堂に入ったときとは一味違った、何とも言えない厳粛な気持ちになります。

ただこの聖堂
聖堂内の景観を保つためもあってか、未だにエアコンがない・・・(><)
下の写真でお分かりの通り
ひたすら扇風機で暑さをしのぐのみ、なのであります ^^;

a0153243_22380834.jpg

・・・ここは「岐阜県多治見市」です。
埼玉県熊谷市とならんで『日本一暑い街』と称されるところです。
暑さには滅法弱い私が
追悼ミサの約一時間を耐えきったのは、サガ神父様の為に他なりませんッ

a0153243_22455469.jpg
追悼ミサを終えて司祭団が退堂

a0153243_22461091.jpg

そして先にも述べましたように
ミサを終えた後は、司祭団を先頭に墓地へと移動です。

a0153243_22463324.jpg

修道院敷地内のブドウ畑を抜けていくと
そこに神言修道会々員のための墓地があります。

a0153243_22535628.jpg

a0153243_22504166.jpg

納骨式の祈りの後
ジェブーラ神父様ご自身の手によって、サガ神父様の遺骨が納骨されました。

a0153243_22561672.jpg

・・・私の大切な友人であるサガ神父様。
今はもう間違いなく天国にいらっしゃって、私たちのことを笑顔で見てて下さってることでしょう。

「オカダさん、元気でしたかァ~♪」

きっと、あの独特の早口で話しかけて下さっていたに違いありません。






[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-15 23:02 | 葬儀 | Comments(6)

「明日は我が身」

 
九州エリアの豪雨被害を憂いておりましたら
今度はここ、名古屋エリアでも豪雨被害の出たところがありました。

会社のある名古屋市名東区はそれほどの被害は無かったのですが
弊社スタッフのひとりが住む自宅近辺は、かなり大変な状況だったようです。
水曜日の夜、彼が住むマンションの階段を動画撮影したのですが
低層マンションの階段をまさに急流のように雨が流れる様を見せられたときには、驚愕しました。

・・・私たち名古屋エリアに住む人間は
先日のような豪雨に遭うとどうしても思い出すのです、東海豪雨を。
17年前の豪雨を経験した私たちにとって
東海豪雨は、半ばトラウマのように心身にこびりついて離れません・・・

今回の豪雨
私自身が直接の被害を被ったわけではありません。
でもつくづく思います。
天災は、他人事なんかじゃない。

阪神や東北や熊本の大震災も
これまで数多あった豪雨や台風の被害も
災害の起こった場所が自分の生活エリアと違っていたからといって、それは決して他人事じゃないのだということ。

「自分は関係ない」と思うのも事実でしょう。
「ここじゃなくて良かった」と、正直私も思ったりします。
でも、それは「たまたま」なんですよね・・・

被害に遭われた方々のことを
自分や自分の大切な人と同じように考えることが出来るとは申しません。
でも、いつ何時、次の災害が自分自身の身に降りかかってくるか分からないんですよね。

「自分が被災者の立場だったら、何を望むだろう」

せめて
そのように考えることだけでも忘れないようにしたいと思います。
「明日は我が身」を
口先だけで考えるのではなく、心に深く刻みたいと思います。






[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-14 19:21 | あったこと | Comments(2)

被災者方々の暑さ対策を思う

 
ここ名古屋エリアは、一気に夏全開の気候です。
この猛暑の中
連日のようにお葬式がありまして(毎度のごとく)ブログもサボりがちの日々です m(_ _)m

常々申しておりますように、私は寒さ以上に暑さに弱い人間です。
頭のてっぺんから落ちてくる汗は、さながらドリフのコントのよう ^^;

・・・いや、大袈裟じゃなくてホントに凄いんです、恥ずかしいくらいに・・・


とはいえ
先の九州地方を襲った大豪雨に見舞われ、避難されていらっしゃる方々のことを思うと
私などが軽々に「暑い!」などと愚痴を言うことさえ憚られます。
学校の体育館などに避難されていらっしゃる方々は
空調設備もない施設で、さぞやお辛いことと拝察いたします。
元ガッコのセンセだった私ですから
エアコンのない体育館が如何に暑いか、よく存じ上げております。

ニュースによれば
避難先で熱中症になられた方もいらっしゃるとか・・・

こういうとき
一体私たちに何ができるのでしょうか。
避難されていらっしゃる方々が涼をとるために、何ができるんでしょうか・・・
義援金をお送りすればエアコンが付くという話でもないでしょうし。

・・・私自身が避難者の皆様の立場になったとき、何を望むだろう。
もちろん
実際に避難者になってみないことには分からないことも多いんだろうけれど
でも、私と同じように暑さに弱い方も、間違いなくいらっしゃるはず。
せめて扇風機とか、団扇とか
そんなものでも、あるだけで違うような気もします。

何か妙案があったらご指導ください。
私なりに出来る限りのことをさせていただきたいと思います。





[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-11 13:35 | 思うに・・・ | Comments(5)

台風のなかでの通夜です

 
午後3時現在、台風は中部エリアに上陸してはおりませんが
今日これから、とある教会の信者さんのお通夜があるんです・・・
・・・天気予報図を見ると
今日の夕刻、通夜後あたりの時間に台風が直撃するかもしれない状況です (><)


こういうときのお通夜やお葬式は
もちろん葬送儀礼としてやるべきことはやるんですけれど、いろいろな面で臨機応変に対応しなければならないものです。

いちばん気を付けなければならないのは、葬儀を告知する各種看板などのサイン関係。
室内は問題ないのですが
屋外に設置する、各種告知看板類は極力控えた方がいいものです。
どうしても設置すべきものを最低限に抑えて、式後は即座に撤去します。
もちろん、ちょっとやそっとの風には飛ばされたりしないように設置しますが
台風のときの風って、予測できませんよね・・・
強風で看板類が飛ばされて
どなたかに当たってしまうとか
或いは人間でなくとも参列者の車を傷つけてしまったりとか
万が一にもこのようなことがおきてしまったら、これはもう「人災」なのであります。

そういうことを避けるために、万全の対応をしなければなりません。

あとは
すべての予定に対して、普段以上に時間にゆとりをもたせること。
葬儀屋さんとしては、早めに準備をして
お客様が遅れたりすることを充分に想定しておくことです。

・・・まぁこれはどんなお仕事でも言えることなのでしょうね。


とにかく。
事故の無いよう、細心の注意を払ってお手伝いさせていただきます m(_ _)m






[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-04 15:02 | 葬儀 | Comments(4)

『 From Dusk Till Dawn 』 ベビーメタル

 
ごく一部の方を除いて
私の周りじゃ殆ど同意を得られないBABYMETALネタ ^^;
でも良いのです。
私が好きだから、それでいいのです。

そして今日は
私と同郷のMOAMETALさんの誕生日ということで・・・
(いよいよ本格的なアイドルヲタになったか!?)
いやいや(笑)
やっぱりネ、メンバーのなかに同郷(しかもかなりご近所)の方がいらっしゃれば応援したくなるものですよそりゃ ♪
(同じ中学の先輩である八神純子さんとか、同じ高校の後輩である岡田有希子さんとかずっと応援してた)

・・・なんか言い訳がましいな・・・(^^ゞ


さて、今回は
彼女たちの2ndアルバムの、国内盤には収録されていない曲をご紹介death!(←ベビメタ風)

私は個人的に
BABYMETALをアイドルユニットとは認識していないんですよね。
まぁこれも言い訳がましいですけれど
元々ヘヴィメタルやプログレッシヴロックが好きな私にとっては、あくまでもそのカテゴリーのなかのバンドのひとつ、なんです。
だからどちらかというと
フロントのお三方よりも、バックの演奏に耳を傾けるタイプです。

・・・そんな私にとって
この曲なんかはもう、究極のミクスチャーロックだったりするわけですよ ♪

(今回はニコニコ動画から転載させていただきました)



・・・充分にアーティスティックな曲じゃないですか!
もはやアイドルの曲じゃないでしょ!






[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-04 01:36 | 音楽 | Comments(2)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31