D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「死」を表す言葉について

 
突然ですが
「死」を表す言葉や表現って、いろいろありますよね。


たとえば新聞の訃報広告や訃報記事を拝見しますと
お亡くなりになられたことを表す言葉として見受けられるのが「死去」「永眠」といった表現です。
傾向としては
死亡広告の場合が「永眠」、死亡記事の場合は「死去」という表現が用いられるのが一般的なようです。
この使い分けの違いとして考えられるのが
死亡広告は、亡くなられた方のご家族(或いは関係者)が告知するのに対して
死亡記事の場合、掲載する新聞社が客観的な視点で、記事として掲載するという違いかと思われます。

一方で
葬儀の場面でよく使われる表現が「逝去(せいきょ)」です。
これは「死去」の丁寧語とされていて
一般的には亡くなられた方のご家族や関係者以外の人間が用いる言葉になります。
ですから
「私の母が逝去しました」というのは間違っているということになります。
ですから、弔電などにある表現ですと
「逝去の報を受け」ではなく「ご逝去の報を受け」となります。

葬儀屋さんなら誰でも知っている単語に「遷化(せんげ)」というのがあります。
これは一般的に
お寺のご住職やお上人などがお亡くなりになられた際に使用される表現です。

天皇陛下や皇后陛下がお亡くなりになられた場合は「崩御(ほうぎょ)」ですね。

一方で「没」という表現もあるにはありますが
葬儀屋さん的に使用するケースは「没年月日」という使い方くらいです。
でも私は好きじゃないので使いませんが。


・・・では、キリスト教の場合はどうでしょう。

カトリック教会は「帰天(きてん)」
プロテスタント諸教会は「召天(しょうてん)」という表現が一般的です。
読んで字のごとし
帰天は「天国に帰る」、召天は「天国に召される」という意味ですね。


・・・こうして表現を挙げてみますと
「死」を表す単語がこれほど多いのは日本語だけではないか、と思ったりします。
それだけ私たち日本人は
大切な人の「死」を、畏敬の念をもって捉えていることの証左ではないかと思います。


では
私が(葬儀屋さんとして)日常的に使用する表現はというと・・・

「お亡くなりになられた」、です。

表現に対する個人的な印象として
これがいちばん、日本語としてやわらかく感じるからです。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-29 00:00 | 葬儀 | Comments(2)

映画 『 海よりもまだ深く 』

 
長引く風邪に辟易としつつ ^^;
時間のある限りは自宅で療養しようと決めて、その間に観ようと思った映画を借りてきました。

a0153243_02323588.jpg
私が是枝裕和監督作品を観るのは
『 誰も知らない 』と『 花よりもなほ 』、そして『 海街diary 』に続いて四作目です。
是枝作品には他にも素晴らしい作品が沢山あることは存じているのですが
たとえば『 そして父になる 』など
あまりにも評判が良すぎると、却って手を出しづらいというか、天邪鬼な性格が災いしてというか・・・未だ観てないんですよね ^^;

でも
本作はレンタルがはじまったら絶対借りようと思っていたんです。
何となく、直感的に(これは絶対観たい!)と思ったので。
だから新作料金も気にせず(笑汗)
早々に借りて観たという次第であります。

(本作のあらすじなど詳細は公式HPをご覧ください)

結論から申しますと・・・観て良かったです。
本当に、観て良かった。


登場するのは
「ダメ家族」とまでは申しませんが、決して社会的に成功した家族ではありません。
キャッチコピーにもある通り
『夢見た未来とちがう今を生きる』人々を描いた作品であります。

舞台は、とある団地。
是枝監督ご自身、団地育ちだったとのことです。
私もまた団地育ち(正確には県職員住宅)の人間ですので
本作で描かれる、団地の様子とか人々の生活臭みたいなものに、まずシンパシーを感じました。
『みなさん、さようなら』も団地を舞台とした映画でした)

主人公は
成功しきれていない “ 自称 ” 作家。
その実、探偵事務所でバイトまがいの収入を得ながら、ほぼその日暮らしのバツイチ男。
元妻子のもとへ養育費を払わなければならないのに
収入があるとすぐにギャンブルにつぎ込んでしまい、結果仕送りも滞る。
そのくせ
自分には作家の才能があると信じて(或いは自分に言い聞かせて)夢を諦めようとしない。
元妻にそういうところを愛想を尽かされて別れ(させられ)たのに
自分の置かれている現実を分かっていない(というか受け入れようとしない)。

阿部寛さん演じるダメ男を
私たちは笑いながら観るわけなんですが・・・

でも実のところ
私たちもまた、このダメ男と相通じる部分があるんじゃないかと考えさせられます。
少なくとも私は
自分もまたこのダメ男と同じなんだなァと思いました。

私の場合
「夢見た未来といまが違った」というより
「大した夢も無いままいまに至った」というのが正しいような気がしますが
(ホントの自分はこんなじゃない!)と思ったことが無いかといえば、ウソになります。
具体的な夢は描けていなかったかもしれないけれど
ただ漠然と、何となく成功した自分を夢見たことがあるのはたしかです。
ただただ自分に才能があると過信して
「努力する」というプロセスを避けて通ってきた私は、本作のダメ男と変わらないのであります・・・


・・・しかし。
そんな私のような人間に
ダメ男の母親(樹木希林さん)は、救いの言葉を送ってくれるんですね・・・

まさに
『夢観た未来とちがういまを生きる』ことの意味を教えられます。
「こんなはずじゃなかった」今を、諦めないで生きられる希望を与えられます。

本作は
「今」に疲弊している、すべての人に観ていただきたい作品だと思いました。







[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-28 04:03 | 映画・テレビ | Comments(0)

予防接種やったのに (><)

 
一応、毎年受けているんです
インフルエンザの予防接種は。

私たちもまたお客様相手のお仕事ですし
お葬式の現場に出れば、そこは結構大勢の人が集まる場所にもなり得るということで
「伝染さない、伝染されない」ように心がけてはいるんです。

・・・そしたら
インフルじゃない、普通の風邪をひいてしまった・・・ ^^;


たしかに
先週後半から今日に至るまで、お葬式の現場をハシゴする状態ではあったんです。
日によって、暖かかったり寒かったりの繰り返しで
汗をかいたと思えば、やや寒さに震えるときもあったりで・・・

私の弱点のひとつに
風邪をひくとすぐに気管支をやられる、というのがありまして・・・
とりあえず身体は動かせないこともないんですけど
ちょっと無理をすると、一気に高熱に見舞われるという (><)

情けないこと、この上なし。

            ♢

これは余談。

幼少時、父親(医者です)に言われたものです。
「風邪の特効薬を開発すればノーベル賞モノなんだぞ」

(へぇ~、そういうものなんだぁ)

その父親
私がちょっと風邪をひいただけで抗生剤をバンバン処方してくれたおかげで
今じゃ抗生剤の効き目が弱くなっちゃった ^^;

やたらと薬を処方する医者はヤブ医者だといいます。
そういう意味じゃウチの親父、バリバリのヤブ医者ってことだな(苦笑)


・・・あぁ
早く治さないとなぁ。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-25 00:00 | あったこと | Comments(4)

フレディ・マーキュリー、没後25年

 
音楽ネタが続きますが・・・(^^ゞ

さて、今日11月24日は
クイーンのヴォーカリスト:フレディ・マーキュリー氏の命日であります。

a0153243_18452189.jpg
(1946.9.5~1991.11.24)


1991年のこの日
彼はHIVの感染合併症による肺炎で、この世を去られました。
御年45歳。
クイーンの音楽が好きだったバカ少年の私も
今では彼の歳をゆうに超えてしまいました・・・

特に今年は没後25年ということで
東京では追悼イベントなどがあるようです → 告知記事

私はお仕事があるので行けませんけれど
今日くらいはフレディのことを偲びつつ、彼の遺した音楽に浸りたいと思います。


クイーンというバンド
基本的には「ロックバンド」という位置づけではありますが、その音楽性は多岐にわたっております。
特にフレディ自身の嗜好であるオペラやミュージカル、クラシックなどの影響を感じさせる曲が少なくなく、特に初期から中期にかけての彼らのアルバムには、そういった曲が収録されていました。

そんな
フレディの音楽性が感じられる曲のひとつをご紹介です。


Good Old-Fashioned Lover Boy 』




この曲のメロディは、もうフレディのお得意とするところですね~
やはりこの曲について感じるのは
ロックバンドという「縛り」にとらわれない、自由な発想で作られているなァということです。
どう考えてもこのアレンジ、ロックバンドのそれではありません。
ポップといえばポップなのでしょうけれど
まさに古き佳き(=Good Old-Fashioned )雰囲気を醸し出した音楽性ではないでしょうか。

そしてこの曲で個人的に好きなのが
ギタリスト:ブライアン・メイ(現在は天文学者!)によるギターアレンジ。
ブライアン自身のお手製ギター『レッド・スペシャル』は
七色の音を奏でるギターとして有名です。

a0153243_18431381.jpg
ブライアン・メイとレッド・スペシャル


この曲でのギタートーンは温かみがあって、この曲調にとてもマッチしていると思います ♪








[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-24 00:38 | 音楽 | Comments(2)

『 ウルトラ・ロケットマン 』 すかんち

 
私、密かに思ってるんです。
日本のロックシーンにも素晴らしいバンドさんが大勢いらっしゃいますけれど
そのなかでも特に秀でたバンドのひとつとして『すかんち』を外してはいけない、と。

『すかんち』。
逆から読めば・・・そういう下品なお名前 ^^;
デビュー当時はイロモノバンドのレッテルが貼られてましたけれど
その実、その音楽性や演奏力は相当に高いものだったと思っております。

T・レックスやデヴィッド・ボウイに代表されるグラム・ロック
レッド・ツェッペリンの流れを汲むハードロック
クイーンの持つ煌びやかな世界観
それら全部を、非常に高いレベルで昇華して自分たちの音楽にしたという・・・

やっぱりね
ROLLY(当時はROLLY寺西)さんって、才能溢れる方だと思うんですよ。
終始おフザケな感じのキャラですけれど
ギター、ムッッッチャクチャ上手いし
そのメロディセンスも素晴らしいと思います。


で、これ。

a0153243_01275752.jpg
アルバム『恋のウルトラ大作戦』(1990年発表)


このアルバム、今でも愛聴盤です ♪
正直、捨て曲ナシの名盤と言い切っちゃいます!
ROLLY寺西さんによる、名だたるロックバンドのパクリ(というかオマージュ)がてんこ盛り(笑)
ハードロック好きなら爆笑しながら楽しめるアルバムです。

今回はこのアルバムから
ツェッペリンを意識しつつも嘲笑うかのような、見事なパクリを見せるこの曲(笑)




・・・もうね
ツェッペリンを聴いたことのある方なら、膝を叩いて「お見事!」と叫ぶに違いないのであります!

ツェッペリンをパクってると言われたバンドは数多あります。

たとえば
レニー・ウルフを中心としたバンド『Kingdom Come(キングダム・カム)』。
たとえば
デヴィッド・カヴァ―デイルの『White Snake(ホワイト・スネイク)』。
デヴィッド・カヴァーデイルなんて
その後、本家ツェッペリンのギタリストであるジミー・ペイジと『カヴァーデイル・ペイジ』なんてユニットまで組んじゃった ^^;

でも私は言いたい。
ツェッペリンのパクリを、ここまで潔く(そして面白おかしく)やってのけたのは『すかんち』の他にいない!と。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-20 00:00 | 音楽 | Comments(2)

水泳の飛び込み、ダメですかね ^^;

 
ネタ元のニュース記事はコチラ→  

要は
小・中学校と同じく、高校での水泳授業においても「飛び込み」の指導は廃止すべきではないか、というものです。


私は50を超えたオッサンなのですが
私が小・中学生だった頃、水泳の授業では当たり前のように「飛び込み」アリ、でした。
でもって
小学生時代は水泳部にいたこともあって、当然のように「飛び込み」をしたうえでタイムを測っていたものです。

これは個人的な好みなんですけれど
私はプールサイドからの「飛び込み」が大好きなんです。
何といっても、気持ちが良いんですよ ♪
ほんの一瞬ですけれど、自分の身体が宙に浮いて
その後瞬時に水中の世界に移って、慣性の勢いに乗って身体が水中を進む感じが何とも気持ちいいんです。

そりゃ初めて飛び込むときは怖かったかもしれませんけれど(覚えてませんけど)
一度要領を掴めば、水底に身体や頭をぶつけることなんて絶対ないし
よく言われる「腹打ち」にもなりません。


・・・でも、ダメですかぁ・・・

もちろん
水泳の飛び込みによる重大事故が多発しているということですから、そこは看過できないところではあるのでしょうね。

・・・う~ん ^^;

でも「飛び込み」が危険だというのなら
体育の授業って、他にも危険といえば危険なものってあるような気がするんですけど。
たとえば「跳び箱」。
あれ、要領を得ないと結構危険じゃないですか?
たとえば「鉄棒」。
単純に鉄棒から「落ちる」ことは想定できるわけですし。

これは私見ですけれど
水泳の「飛び込み」って、小学生とかのうちに教えた方が良いんじゃないかと思ってます。
身体が成長するにしたがって
逆に「飛び込み」を習得するのが難しくなるんじゃないの?って思ったりしります。

「水深が浅いから」ということですけれど
私が子どもの頃は普通にそこで「飛び込み」やってたんですけどね。
あの頃の小・中学校プールの水深って、大体1.0~1.2mくらいだったかと思います。
高校だと1.3~1.5mくらいでしたっけ?

水泳の専門家さんが「私でも浅いプールでの飛び込みは怖い」と仰っているとか。

でも、私がガッコのセンセだったとき
1.2mの深さのプールに、平気で教師として飛び込んでたけどなぁ。


いろんな問題があるんでしょうけれどね~

結論的な私見として申しますと
私は水泳の「飛び込み」もまた「泳ぐ」ことを学ぶ一環として外さない方が良いのになァと思う次第であります。


素人がエラそうなこと言ってスミマセン <(_ _)>






[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-18 00:00 | ニュース | Comments(2)

「当事者発信」であること

 
昨日の記事に続いてのお話です)


お葬式における「笑い」に関するお話について、肝心なことをひとつ。

個人的に、お葬式の場面での「笑い」は有りだと思っているのですが
基本的な前提としてその笑いは「当事者発信」であるべし、というのがあります。
お葬式の「当事者」であるご家族から投げかけられた笑いなら、そこには素直に反応していいのだと思うのです。
しかし
その「笑い」を当事者以外の人間(たとえば一般の参列者)が発信するとなると、それはともすると死者を冒涜することにもなりかねませんし
「当事者」であるご家族を傷つける行為にもなりかねないということです。
もちろん、その笑いの質にもよるのでしょうけれど・・・

・・・こんなこと、言わなくても分かりますよね?


でも、ごくたまにいらっしゃるんです。
そこを履き違えていらっしゃる方が・・・(><)

            ♢

「履き違えている」といえば
この(おそらく)学生諸君もまたそうでしょう → ニュース記事

私の個人的な尺度であります「当事者発信」か否かで申しますと
(確証はありませんが)おそらく間違いなく、ご本人の許可は取れていないはず。
つまり「当事者不在」の行為、ということになります。
であるなら
私の尺度で申しますなら、これは大変卑劣な行為であるとしか思えません。
件のお葬式内で読まれた弔辞も読みましたし、その映像も観ました。
(個人的に悪趣味だと思われたので文面や映像のリンクは貼りません)
おそらくご本人の承諾なしに行われたであろう、この生前葬は
部外者のひとりとして見ていても、不快感しか感じられません。

私が葬儀屋さんだから、そう思うだけなのかもしれませんが・・・

            ♢

お葬式とは
亡くなられた方の、人間としての尊厳を尊ぶものだと固く信じております。
そこで行われるあらゆる行為のひとつひとつが
亡くなられた方の尊厳を尊ぶものであれば「笑い」もまた有りだと思っております。
しかしそれは
基本的に当事者から発信されることで成立するものだと思うのです。

百歩譲って
当事者以外の人間がそこで笑いを発信するのであれば
必ずそこに「心」が感じられるべきものでなければならないと思います。







[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-16 00:00 | 葬儀 | Comments(2)

要はそこに「心」があるかということ

 
昨日、爆笑問題・太田光さんのお母様のご葬儀が執り行われ
そこで喪主の太田さんはご自分を「ドナルド・トランプです」と話されたとのこと。
 ( → ニュース記事
一方で
少し前にスピードワゴン・井戸田潤さんも、お父様のお葬式で漫才をご披露されたそうですね。


私は
太田さんや井戸田さんの行いを批判するつもりなど毛頭ございません。
「最愛の親を送る」お葬式という場面で
おふたりはそれぞれがご自身なりに熟考されたうえで、最も相応しいとご判断された送り方を実践されたということなのでしょう。


・・・以前は例外なく
お葬式に「笑い」は厳に慎むべきものとされていたように思います。
昔であれば
おふたりの行為は(家族のお葬式に何て不謹慎な!)と非難されていたかもしれません。

「喪に服す」という言葉があります。
これは近親者を亡くした者は一定の期間(一般的に一周忌まで)
日々の生活を慎み深く過ごし、晴れがましい行為や行事を控えるものとされています。
この意味において「笑い」は「喪中」に相応しくないと
以前は、ほぼ万人が共通した認識で捉えていたのだと思います。
少なくともお葬式において「笑い」は例外なくタブーとされていたように思います。

それが今日においては
この「喪に服す」という考え方が少しずつ希薄化してきているような気もいたします。
これはその「思い」が希薄化しているという意味ではなく
服喪期間における「生活」において、という意味であります。

しかしこれもある面ではむべなるかな、でありまして
遺された家族のお葬式後の生活において
様々な予定や行事を、死者を悼むためにそれらすべて控えるというわけにもいかない、という事情があるということはよく理解できるところです。
また特に「笑い」という一点についても
昨今では、たとえばご遺族代表者(喪主様)による会葬御礼のご挨拶でも、ユーモアを交えたご挨拶をされる方が以前以上に増えてきたという印象があります。
喪主様のお話に、参列された方々から笑い声があがることもしばしばであります。


・・・私は、それでいいと思っております。
要はその「生活」や「笑い」の裏側に「心」があればいいのだと。

冒頭に挙げたおふたりの行為には間違いなく
おふたりなりの深い「心」があったに違いないのであります。
当事者でない私たちは
ただ、おふたりの「心」を汲み取ればいいのだと思います。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-15 00:00 | 葬儀 | Comments(2)

スーパームーン

 
どうやら今日(11月14日)の夜
お月様が、68年ぶりに地球に最接近するんだそうですね。
いわゆるスーパームーンというやつですね~


ということで
「お月様」をキーワードとした曲って何が思い浮かぶかなぁと考えてみました。
とはいえ
私も結構記憶力が低下してきておりますし (^^ゞ
個人的な音楽の好みも偏っております故、皆様とは思いつく曲が異なるかもしれませんけど・・・


Fly Me To The Moon/フランク・シナトラ



Moonlight Serenade/グレン・ミラー



③ Moon River/オードリー・ヘップバーン




・・・と、まずはこのあたりまでが超定番ソング、でしょうか。
(他にもあるのでしょうけれど思い出せません ^^;)
Fly Me To The Moon』は
私の知っているシナトラさんの曲の中でいちばん好きな曲です。


邦楽ですと、この二曲が思い浮かびます。

Cry For The Moon/浜田麻里



⑤ Moon/ レベッカ



・・・って
この二曲しか思い浮かばん (-_-;)
どちらも若い頃、そこそこ聴いてたから思い浮かんだ。


さて
ここから本当の意味で好きな曲を。

Moonlight Shadow/マイク・オールドフィールド



マイク信者ですもの、当然です。
そして当然、エクステンド・バージョンですッ

そしてもう一曲がこれ。

Moon Child/キング・クリムゾン




マイクびいきの私ですが
こと「月」をテーマとした曲をと考えたとき、私がいちばん好きなのはクリムゾンのこの曲です。


ということで
下らない記事でお茶を濁しておりますが (^^ゞ
皆様
今夜くらい、少しは夜空を見上げてみましょ♪
滅多にお目にかかれない、おっきなお月様と
たまにはニラメッコするのも良いんじゃないでしょうか (^^)





[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-14 00:41 | Comments(4)

『 風のエレジー 』 井上陽水

 
いきなり寒くなりましたね。
名古屋地方、一昨晩あたりから強風が吹き荒れております。

強風を感じると、よく頭の中で流れる曲がこれ。

a0153243_23192994.jpg
1981年、ニューアルバムと同日発表されたシングル『 風のエレジー 』


で、本作が収録されるアルバムがこれ。
a0153243_23054679.jpg
『 あやしい夜を待って 』(1981年発表)


私は陽水さんの
70年代後半~80年代前半の時代が特に好きなんです。
もちろん、私自身が思春期だったということもあるかもしれませんが
この時代の曲って、個人的には佳曲ぞろいだと思ってるんですよね~
(大麻で捕まっちゃったのもこの時代ですけど ^^;)

『なぜか上海』とか
『娘がねじれるとき』とか
『勝者としてのペガサス』とか
『ジェラシー』とか
『とまどうペリカン』とか。

発表当時、セールス的には芳しくなかったようなんですけど・・・

・・・あ
後になってヒットした『リバーサイドホテル』もこの時代ですね~


で、風のエレジーです。




歌詞が “ いかにも陽水的 ” なんですけど
実はこの曲の作詞は阿木燿子さんだったりします。
阿木さんは陽水さんの曲のために
意図的にその歌詞を陽水さんっぽく “ 寄せた ” のかもしれません。

だとしても
井上陽水の曲として、ちゃんと成立してます。


そしてこの曲
なんと!あの演歌の大御所・森進一さんに提供されているんですね~



森さんバージョンもまた
森進一的な曲として成立してるのが面白いところではあります。

でもやっぱり
陽水ファンとしてはオリジナルに軍配が上がりますかね~






[PR]
by dscorp-japan | 2016-11-10 00:00 | 音楽 | Comments(2)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30