D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

教皇・フランシスコによる刷新

 
ローマ・カトリック教会の現教皇・フランシスコ(以下:パパ様)がまたひとつ
新しい教会の指針となり得る発言をなさったとのことです。
(ニュース記事はコチラ

パパ様はこれまでにも
離婚信者・再婚信者に対する寛容な姿勢を示されたり
女性聖職者解禁の検討を約束されたり
これまでのカトリック教会の(良きにつけ悪しきにつけ)伝統を打破する発言をされていらっしゃいます。

おそらくパパ様は
これまでカトリック教会が定めてきた様々な障壁を出来る限り取り払って「世界中のあらゆる人を神様は愛して下さっている」という、ただ一点に照準を合わせた司牧をお考えなのではないでしょうか。

様々なご意見があることは存じております。
そのうえで
私個人としては、パパ様の方針に(いまのところ)100%同意するものであります。

            ♢

若かりし頃の私は
かなり保守的なカトリック信徒だったと思います。
決してストイックではなかったものの
「是は是、非は非」というスタンスだったと思います。

しかし私も歳を重ねるなかで、それなりに様々な経験をしてきました。
その「経験」とは
端的に申しますなら「生きていくうえで(仕方なくも)積み重ねてきた数々の罪」と言い換えることができると思います。

「カトリック信徒、かくあるべし」
それはたとえば十戒であり
カトリック教会が歴史とともに育んできた戒律であり
カトリック信徒としての「理想像」であります。
理想は理想として
これからもある程度堅持されていくべきでしょう。
「出来る限りこうあると良いよね」
という指針はあって然るべきでしょう。

しかし現代社会に生きる私たちは
カトリック教会の掲げる理想と現実とのギャップに、誰しもが大なり小なり悩みを抱えているのではないでしょうか。
私たちひとりひとりの抱える、教会の提示する理想と現実社会の間にある様々な矛盾が
これ即ち「罪である」と断罪されることによって
(自分は神の子として似つかわしくないのではないか)と自責の念にかられ、その結果として神の救いに対する「絶望」へとつながるとするなら、これは大きな問題だと思うんです。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。
わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音 2章17節)



私たち人間は不完全な存在です。
もとより不完全な私たちなのですから
不完全な私たちをこそ、カトリック教会は受け入れるべきなのではないかということです。

パパ様が仰った「キリスト教徒は同性愛者に謝罪するべき」というお言葉は
不完全な私たちが、また不完全な他者を「自分と全く同じ不完全な存在」として認め合うことを提示しているように思います。
これは
同性愛者が「不完全」という意味ではなく、同性愛者もそうでない人間もまったく同等の「不完全な存在」である、という意味です。

            ♢

若かりし頃の私は
自分のことは棚に上げて、他者を裁くようなところがありました。
ところが
それまで私が裁いてきた様々な「罪」を私もまた犯すに及び、罪を犯す人間の思いや苦しみ、痛みを学んだように思います。

「自分が犯したから相手も許すなんて、都合がいい」

・・・たしかにその通りなのです。
しかし
不完全な私たちは、そうして学んでいくしかないのだと思うのです。


主の祈りにある一節
「私たちの罪をおゆるしください。
私たちも人をゆるします」


ここでいう「ゆるす」という言葉は
「受け入れる」「認める」と言い換えることが出来るかもしれません。

・・・つまりパパ様は
教会はこれまで以上に
あらゆる人間を「受け入れます」「認めます」と仰っているように思うのです。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-28 00:00 | キリスト教 | Comments(2)

葬儀屋さんは “ それ ” を用意しない

 
今日のお葬式において
各宗派のお葬式で用いられる道具(祭具・仏具)の殆どは、葬儀屋さんが用意することが多いようです。


それぞれの宗教葬によって異なりますが
結構いろいろな道具が必要なんですよね。

一般的な仏式葬儀でざっと列挙するだけでも
(宗派によっても異なりますが)
『本尊』
『三具足(さんぐそく)』或いは『五具足(ごぐそく)』
『四華花 (しかばな)』
『輪(りん)』や(宗派によっては)『木魚(もくぎょ)』『鼓鈸(くはつ)』
『曲禄(きょくろく)』
・・・などとあるわけです。


これらの殆どを葬儀屋さんが用意している場合が多いということです。


では、キリスト教葬儀の場合はどうでしょう。
プロテスタント諸派のお葬式ではそれほどでもないのですが
カトリック葬儀の場合で申しますと、結構いろいろな道具(聖具)が必要となります。
特にカトリック葬儀の場合
故人様がカトリック信徒であれば、葬儀の典礼は「葬儀ミサ」として行われますので
ミサを行う為の聖具が必要となるわけです。

カリス
パテナ
チボリウム
コルポラーレ』や『プリフィカトリウム
ホスチア』と『葡萄酒』
その他にも
『ミサを行うための祭壇(テーブル)』
ミサ祭壇用の『燭台』
『復活のロウソク』
司祭用の『香炉・香舟』と『灌水器

で、ここで列挙したもののうち
特にミサ聖具であるカリスやパテナやチボリウムなどは、司式を行うカトリック司祭が用意するんですね。
ミサを行うための祭壇などは一般的なテーブルでも代用出来ますが
たとえば復活のロウソクにしても
ロウソクであれば良い、というものでもないのです。
正式には
その年の復活徹夜祭において、司祭によって祝別されたものなんです。
(ですから復活のロウソクには、祝別された西暦が表記されています)

こうしてみてみると
特にカトリック葬儀の場合、葬儀屋さんが用意できるものって限られてるんです。
たとえばウチの会社でも
用意できるものはせいぜい、司祭用の香炉&香舟&灌水器。
あとは柩の横に置かれる、三対の燭台くらいでしょうか。

つまり
カトリック葬儀で使用される聖具に対する、意識というか重要性が、非常に重んじられているということのように思います。


何が申し上げたいのかといいますと
「カトリック葬儀を葬儀会館で行う」となった場合
司式司祭は葬儀ミサに必要な聖具の殆どを自ら用意して、葬儀式場へと持参することになるというわけです。

・・・それが結構大変だったりするんですよ、と ^^;





[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-27 00:46 | 葬儀 | Comments(2)

ウイルス性疾患

 
異変があったのは、先々週のはじめ頃でした。

いつものように能天気に目を覚ますと
(あれ?ちょっと熱っぽいし悪寒がするし)
ということで、こりゃ~疲れが出たんだろうなァと、とりあえず一日完全休養を決め込んだんですね。
で、ベッドの中で二度寝~三度寝を繰り返していたんですが、まったく熱が下がらない。
というか、どんどん上がって、夕刻には39度オーバー ^^;

(こんな高熱って久々よね~)とか思いつつ
まァそれでも休養すれば治るでしょ、ということで寝まくってました。

ところが、発熱が始まってから三日目だったでしょうか。
体温は下がることないまま、今度は四肢を中心に発疹が・・・ (><)

(あれ?たしかオレって
麻疹(はしか)も風疹も水疱瘡もおたふくも、オール・コンプリートしてたよな?)

とはいえ
幼少時にすでにかかった病気でも、稀に再発することがあると聞き及んでいたので病院へ。
個人的には病院って大っ嫌いなんですけど ^^;
他者への感染の可能性が考えられる以上、ちゃんと検査しないといけません。
で、尿検査&血液検査、そしてとりあえず点滴。

しかしながら
その日の晩から、体温はほぼ40度近くをキープ(ってオイ!)
発疹もどんどん広がって、二の足なんてほぼ真ッ赤!
(発疹の写真があるけど、あまりにグロなので公表は控えます)
痒みは無かったのですが
全身の皮膚が熱を帯びていて、それはさながら激しい日焼けした後の症状。
これが約一週間近く続いたのでした・・・(><)

もちろん外出は厳禁。
というか、もとより外出する気力などございません。
もうひたすら寝るのみ。
おそらく五日間くらいは、一日20時間くらい寝てましたよね~(笑汗)

最終的な血液検査からの診断は『ウイルス性疾患』。
但しどんなウイルスかは分からないとのこと(一応、感染症に強い総合病院の診断デス)
少なくとも、先に挙げた麻疹等の疾患ではなかったそうです。
“ 自宅謹慎 ” を継続のまま、発熱・発疹等が治まったということで
先週末、ようやく「他者への感染の危険性ナシ」との診断をいただいて復活した次第であります。


・・・これが
先々週あたりからブログの記事更新をサボっていた理由だったのでした。


いや~
しかしキツかった (><)

ある年上の友人から言われていたんです。
「オカアミ(オカダ・アミーゴの略)
50を越えると一気に身体にガタが来るから気をつけなよ!」

言われる通りでしたわ・・・ ^^;






[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-21 00:00 | あったこと | Comments(3)

若い頃の写真を遺影に

 
個人的にも大好きだった女優・白川由美さんが急逝され
過日葬儀が執り行われたとのことでした。

白川さんのイメージって
どんなことにも動じず、またどんなことも赦してくれそうな雰囲気をもった
本当の意味で「懐の深い」方だったように思います。
マザコンの私(笑汗)なんか、やっぱ思いますよね~

(こんな方がお母さんだったらなぁ~)

・・・ま、それはそれとして ^^;

            ♢

記事によりますと
白川さんのお葬式に使用された遺影は、白川さんが20代前半の頃に撮影された写真が選ばれたそうですね。
(→ニュース記事

特にお亡くなりになられた方が女性だった場合
ご家族の皆様は、故人様の遺影写真の元となる原版の選定には、より気を遣われるように思われます。
男性の場合は気を遣わない、ということではないんですけれど
やはり故人様が女性の場合って、よりご本人の立場になって写真を選ばれるような傾向があると思います。

以前ここで
「男性は「人」として死ぬが、女性は「女性」として死ぬ」
というようなことを申しました(→過去記事
そういう意味において
故人様が女性だった場合、その遺影写真もまた「女性」としての矜持を表現したものを選ぼうとされているのではないかと思います。

私たち葬儀屋さんは
幾度となく、この遺影写真の原版選定の際にご遺族様から尋ねられます。

「やっぱりあまり若い頃の写真だと違和感ありますよね?」
「元気な頃の写真となると、もう何年も前のになってしまうんですけど」
「本人が選んでいた写真は、10年以上前のものなんですが・・・」

遺影写真を選ぶ際のポイントって
大きく分けてふたつあると思うんです。

① その写真が(家族を含めた)参列者が故人を偲ぶための対象として相応しいか
② 故人の尊厳を尊重する写真であるかどうか

これが昨今の傾向では
二番目のポイントをより重視した選択をされる方が増えてきているように思います。

「はつらつとしていた頃の写真にしたい」
「女性としていちばん輝いていたときの写真にしたい」


・・・私は大いに結構なことだと思っております。

「いくらなんでも若すぎやしないか?」
「さすがに少々違和感がないか?」

そこを気になさるというのであれば、御納得のいくように選ばれればいいのです。
しかし
「遺影は直近の写真でないといけない」などというルールはありません。
そこはご家族として、後悔の無いように選ばれればいいのではないでしょうか。


・・・もしかすると今回の白川由美さんのお葬式で
「遺影写真って、そんな若い頃のでも良いんだ」という認識が広まるかもしれませんね・・・


(白川由美さんの御冥福を心よりお祈り申し上げます)






[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-19 01:16 | 葬儀 | Comments(2)

『 二重人格 』 美狂乱

 
ぎょ、ぎょえぇぇ~~~ッ
気付いたら、約10日間も記事更新をサボってた・・・(><)


さて。
いわゆるメジャーな五大プログレバンドのなかで
私は個人的に、キング・クリムゾンこそが真の意味でのプログレッシヴ・ロックバンドだと信じて疑わない人間です。
いや、イエスだってEL&Pだって大好きで、今でも聴くんですよ。
御大ピンク・フロイドだって、ロジャー・ウォーターズが好きじゃないだけで、デヴィッド・ギルモアのギターには心酔しております(昨年発売された最新アルバムもちゃんと買ってます)。
ジェネシスもまた然りで
ピーター・ゲイブリエルがイマイチなだけで、彼の脱退後のジェネシスは大好きです(というかフィル・コリンズが好きなんです)。


でも
それでもやっぱりキング・クリムゾンだけは別格だと思っております。
“ 教授 ” ロバート・フリップ氏の
類稀なるその才能、音楽に対する精神性の崇高さ、みたいなものは「ロック」というジャンルを軽く超越したものだと思います。

だから『美狂乱』というバンドのことを知った当初
ご多分に漏れず、私は思ったものです。
(キング・クリムゾンは唯一無二!
いくら高い演奏力だろうと、こんなの二番煎じでしかない!)

・・・要は “ パクリ ” でしかないでしょ?と。

でも。
アルバムを聴き込んでいくうちに、それは大きな過ちだと気付くに至ったのでした。


たしかに
音楽的なアプローチやその構成にキング・クリムゾンの影響は多大です。
というか、ほぼクリムゾンです ^^;
でもよくよく聴き込んでいくと
『美狂乱』の音楽の根底には、日本という土壌だからこそ生まれたであろう、日本人のアイデンティティみたいなものが、たしかに感じられたのでした。

「クリムゾンの音だけど、クリムゾンじゃない」


『二重人格①』

『二重人格②』



「須磨邦雄さんのヴォーカルがいかにも日本人的なそれだから」
「アルバム・ジャケットが和のテイストだから」

そういうことだけじゃない、と、私は思うのであります。







[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-17 00:00 | 音楽 | Comments(2)

『信教の自由』に思うこと

 
とある方からいただいたコメントから
思うところをつらつらと書いてみたいと思います。

            ♢

日本国憲法の第20条に『信教の自由』というのがありますよね。

1.信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
  いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2.何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3.国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

世界に目を向けると
たとえば『世界人権宣言』の第18条にはこうあります。

すべて人は、思想、良心及び宗教の自由に対する権利を有する。
この権利は、宗教又は信念を変更する自由並びに単独で又は他の者と共同して、公的に又は私的に、布教、行事、礼拝及び儀式によって宗教又は信念を表明する自由を含む。



私は葬儀屋さんですので
少なくともお葬式に関連するうえでの宗教は、どんな宗教もすべて尊重することを忘れないようにしようと考えております。

故人様或いはご遺族様が信仰されていらっしゃる宗教であれば
それが長い歴史のある宗教であれ、いわゆる新興宗教であれ
たとえその宗教が(様々な理由から)社会的な批判を受けているものであれ
また仮に
私個人の心情としては受け入れがたい宗教であったとしても、少なくともお葬式の間だけでも、私はその宗教を尊重するスタンスを堅持したいと思っております。
これを遵守することが
葬儀屋さんとしての、葬儀を行われる当事者皆様に対する最低限の礼儀だと考えるからです。


・・・これはマザー・テレサから教わったことです。


そしてもうひとつ。
自分の信じる特定の宗教があるとしても
殊更に他の宗教のことを批判したりすることは厳に慎むべしと考えております。
それをすれば
その宗教を信仰される方の人間性そのものを否定することになりかねないと考えるからです。

もちろんその宗教が
社会的な犯罪に加担する(或いはその疑いがある)団体である場合は、この限りではありません。
というか、これも私見ですが
その団体はもはや「宗教」ではないと捉えておりますので。

            ♢

私の考え方が正しいか否かは分かりません。

ただ
自分の信じる宗教が正しいと信じるのは良いとしても
それ以外の宗教を闇雲に批判したり否定することって、結果的に自分の信仰する宗教の器の大きさというか品位を貶めることになると思うんですね。


「アナタが救われて私は救われないのですね」
「アナタからすれば、私は堕落した人間なのですね」
「私はアナタの宗教に何らの意見を申し立てるつもりはありませんけれど
アナタは私の宗教にもの申されるのですね」


人間の心を動かすのは、決して「北風」ではない。
「太陽」こそが、旅人の外套(がいとう)を脱がせるのですよ、と。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-06 00:00 | 宗教 | Comments(11)

「タフネス」だと思う

 
どんな業種でも同じだと思うんですけど
「仕事に携わる人間にとっていちばん大切なこととは?」と考えます。


・・・実はここ数年
こんなちっぽけな会社なのに、慢性的なスタッフ不足に悩まされております。

当初はホントに
私を含めた社員が食べるのに困らない程度で運営していければいいと思っておりました。
基本的には今もその思いに変わりはないのですが
有難いことに、年々お仕事のご依頼件数が増えてきている状況ではあります。
もちろんこの背景に「死亡人数の増加」という背景があることは明白なのです。
一方で、お葬式の一件あたりの単価が右肩下がりであることも事実。
そんな状況ですから
軽々にスタッフ増員に踏み切るのもなかなか難しい。
それでなくとも、ウチなんて超零細企業ですから ^^;
将来的な安定性なんてこれっぽっちも保証できないわけです。


とはいえ
絶対的な葬儀の依頼件数が増加傾向にあるということは
当然のことながら、これに携わるスタッフもまた多忙になりつつある、と。
たとえご依頼いただいたお葬式の単価が非常に低くとも
そこには最低限、一名のスタッフが担当者としてご遺族に寄り添うこととなります。
ご依頼いただいたお葬式の日程が重なったりすると
スタッフには無理を言ってでも出勤してもらわなくてはならない。
それが無理なら、ご依頼をお断りせざるを得ない。

・・・ここが、葬儀屋さんの恒久的な悩みどころなんですよね・・・

「じゃ~早急に社員募集をかければいいじゃないか」

その通りなんですけれど・・・

            ♢

冒頭でも申しましたように、どんなお仕事でも同じだと思いますが
私たちのお仕事で何がいちばん大切なのかと考えた場合
私は「タフさ」だと思うんですね。
総合的な「人間」としてのタフさが肝要なのではないかなァ、と。

このニュアンスってうまく表現できないんですけれどね~

基本的には短期間(数日間)でのお仕事ですから、瞬発力が求められます。
ある場面では繊細さが求められ
逆に、ある場面では大らかさも必要だったりする仕事です。
当然のことながら
様々なお客様と意思疎通ができるコミュニケーション能力が求められますし
決して「逃げない」強さが求められるでしょう。

いや、自分では思うんですよ。
(こんなオレだって何とかやってこれてるんだから、誰だって出来るだろ)
・・・私、全然タフじゃないですし (^^ゞ

ところが
私どもの業界を見渡してみると、どうやらそんなに簡単でもないみたい ^^;

            ♢

私が大学生だった頃
当時の就職活動で企業から最も求められた人材が「応援団に所属していた人間」だったという話を聞いたことがあります。

私の友人にも応援団出身の人間がおりますが
たしかに彼らは応援団という「縦社会」のなかで、相当に鍛えられたように見受けます。
肉体的にも精神的にも鍛えられ
その結果、ひとりの「人間」としてのタフネスが備わったように思います・・・


長々と書いておりますが (^^ゞ
結局何が申しあげたいのかといいますと・・・

「どっかに若くて活きのイイ人材っていねぇかなぁ」(^^ゞ






[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-05 16:49 | 思うに・・・ | Comments(0)

仏式葬儀こそ基本

 
一昨日、私の友人の義父が他界され
事前から相談を受けていたこともあって、お義父様のお葬式(仏式)に関わっておりました。
と申しましても
葬儀会館での葬儀を希望されていたので、弊社としてのお手伝いではなく、あくまでも友人としてセカンド・オピニオン的な立ち位置ということで。
そこで
弊社と業務提携している『葬儀会館ティア』さんにお世話になることに。

・・・普段の私
専らキリスト教葬儀ばかりをお手伝いさせていただいておりますゆえ、稀に仏式葬儀に関わると、いろんな意味で “ 復習 ” になるんですね。
もちろん
宗派は違えど、お葬式に変わりはありません。
お葬式を進めていくうえでの基本的な手順に、大きな違いはありません。
しかし一方で
仏式葬儀としての押さえておくべき手順などもあるわけでして、そういったプロセスについて、あらためてお勉強させていただく機会ともなった次第であります。


今回携わってみてつくづく思うのですが
実は仏式葬儀って、キリスト教葬儀以上に知識が必要だと思うんです。
はっきり申しまして
私どもから申しますと、キリスト教葬儀の方が簡単だったりすると思うんですよね。
もちろん、経験を積んだうえでの話ですが。
つまり施行経験を積み重ねて慣れてしまえば
キリスト教葬儀の方が葬儀を進めていくうえでのプロセスはシンプルですし、はっきり言えば「ラク」だったりすると思うんですよね・・・

実情として、日本は仏教国です。
太古より日本は、仏教とともにその歴史を刻んできたという側面は否定できません。
そのなかで日本独自の風習なども生まれ、それが私たち日本人の、半ば「常識」ともなっております。
そしてその影響は
今日の日本のキリスト教葬儀にも影響を及ぼしているというのが実感です。

ということは
日本で葬儀屋さんを名乗る以上、たとえ私たちのようなキリスト教専門葬儀社の人間であっても、仏式葬儀のノウハウは必要不可欠なものといえるんですね。
仏式葬儀をひととおり理解したうえでないと
キリスト教葬儀を学んでも片手落ち、でしかないのだと思います。

やはり仏式葬儀は、私たちすべての葬儀屋さんの基本であるということです。

そういう意味でも
今回の経験は私にとって、基本の復習となる良い機会でありました。


最後に
担当していただいた『葬儀会館ティア名東』の副支配人・Yさんをはじめ
会館スタッフの皆様には本当にお世話になりました。
最初の打ち合わせの段階から私のような同業他社の人間が同席したことで、さぞやYさんはやりにくかったことでしょう ^^;

友人になり代わりまして、心から御礼申し上げます。
有難うございました m(_ _)m





[PR]
by dscorp-japan | 2016-06-02 17:44 | 葬儀 | Comments(2)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30