D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 
空いた時間を使って
ひとつだけ予約投稿記事を (^^ゞ

            ♢

人は誰しも
様々な社会との関わりのなかで、いくつかの「顔」を持つと思います。

会社でみせる顔
親しい友人にみせる顔
愛する人にだけみせる顔。

「演じ分ける」というのは大袈裟かもしれませんが
それぞれの社会との関係性において、その場所で認知された自分を意識しながら他者と関わっていくのが人間なのだと思います。
つまりたとえば「私」という人間はひとりであっても
Aという社会での私とBという社会での私は、必ずしも同じではないということです。

その人をいちばん理解しているのは「家族」或いは「恋人」や「伴侶」と考えられます。
それは一般論として間違ってはいないのでしょうけれど
家族や恋人や伴侶にさえ見せない「顔」があることも少なくないのではないでしょうか。

家族の知らない私。
恋人や伴侶にさえみせない私の「顔」・・・

            ♢

ときとして私たち葬儀屋さんは
お亡くなりになられた方の、こうした様々な「顔」を垣間見ることがあります。

もちろんお葬式の打ち合わせですから
その対象者はご家族であることが殆どです。
しかし
ご家族やご親戚以外の方から、故人様の人となりを知らされることがあるんですね。
そしてその故人様の「顔」は
ご家族の認識するそれとは大きく異なる、というケースもあるんです。

「家では無口だけれど、職場では大いに明るい人だった」
「家族には冷たい人間と思われていたけれど、職場ではいつも弱者を守る優しい人だった」


・・・ご家族の知らない故人様の「顔」について知らされるとき
私たちはいつも思うのです。
(そういう情報であれば是非、直接ご家族にお話になるといいのに)

しかしながら
家族葬や直葬が増えてきた昨今、ご家族の知らない故人様の「顔」を知る機会が減ってきていると思うんですね。
もちろん「逆もまた然り」でして
ご家族しか知り得ない故人様の「顔」もまた、職場の方やご友人には知らされる機会が減っているということもいえましょう。

故人様ご本人にしてみれば
「家族以外には知られたくない自分」も
「家族だけには知られたくない自分」もあるのかもしれません。

・・・これは葬儀屋さんのお節介でしかないんですけれど
故人様と関わりのあったすべての方が
様々な顔をもつ故人様の「全部」を知り、受け止めて、そのうえで葬送が行われると良いのになァと思うんですよね。
その方の良いところも、そうでないところも
全部ひっくるめて、その人なんじゃないのかなァと。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-28 00:00 | 葬儀 | Comments(4)

ただただ忙しい ((+_+))

 
相変わらず滞りがちの拙ブログ記事更新。

今月に限って申しますなら
決してサボっているわけではなくて、とにかく忙しいんです ^^;
お正月以降の記憶を辿りますと
お仕事がありつつも比較的ゆとりがあったのは三が日まで。
それ以降は、もうずっと現場に出っ放しなのでございます・・・

「PC開く時間もない」とまでは申しません。
しかし
記事を書くまでの気持ちのゆとりもない。
ぼんやりとPC電源を入れて
一通りのニュース記事などを流し読みするだけです。

好きなエレキギターも殆ど触っておりません。
就寝前の読書はしてますけれど
さすがに睡魔に勝てない感じ。
今月末に友人が家を新築するので
お祝いの絵を描こうとも思ってたんですけど、全然無理。


ということで
しばらくはこんな感じなのでご了承のほど <(_ _)>







[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-27 16:23 | あったこと | Comments(2)

『 Aching Hunger 』 スティーヴ・ヴァイ

 
結局多忙な日々は続く、と ^^;


今年に入って、このブログもホントに放ったらかしなんですが
何せ多忙なものですから、まともな記事更新もままならない状況であります m(_ _)m

ということで
お得意の音楽ネタで誤魔化しマス (^^ゞ

a0153243_19322327.jpg
アルバム『ファイヤーガーデン』 1996年発表


エレキギターを弾く方にとって
スティーヴ・ヴァイさんは憧れの人のひとりではないでしょうか。
スティーヴさんの音楽性を好きか嫌いかは別にして
彼の類稀なる才能と演奏テクニックは、エレキギター好きにとって垂涎の的のはずです。
単なる速弾きなら他にも大勢いらっしゃいますが
彼のギターセンスには脱帽させられます。
絶対音感を有するといわれる彼は
ファーストアルバムで「人間の会話をギターでコピーする」という離れ業をやってのけたくらいです。

かく言う私もまた、彼の才能が羨ましい人間のひとりです (^^ゞ
彼の音楽を好きかと問われれば
「まぁそこそこかな?」って感じですけど・・・
好きな曲もあるにはあります。

そんななかの一曲がこちら。




・・・もうね
このギターリフ一発でノックアウトですよ!

正直
ちょっとエレキギターを触った人間なら誰でも真似くらいは出来る、至極シンプルなリフです。
でも、そのリフだけでここまで聴かせちゃう。
それがスティーヴ・ヴァイという天才!

ついでにライヴ映像も ♪




羨ましいなァ・・・






[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-21 20:14 | 音楽 | Comments(0)

お天気が心配 ^^;

 
結局あれからまた忙しい日々です。

そんななか、先週末にご依頼のあったお客様。
ご家族に大学入試センター試験を受験される方があり、葬儀日程を火曜~水曜に延ばされました。
これは最初の打ち合わせ時からご了解済みなんですが
・・・水曜日、お天気は微妙に『雪マーク』 ^^;

やや遠方からお越しのご親族様もいらっしゃるということで
当日のお天気が心配されるところです。
仮に雪自体は止んだとしても
たとえば路面がアイスバーンになったりすると、非常に危険ではあります。
霊柩車は全車スタッドレスに履き替えておりますが
それでも万全、というわけではありません。
葬儀式場となる教会から火葬場へ向かう際も、普段以上に時間がかかることを想定しておく必要があります。

個人的には
百歩譲って、雪自体はまぁいい。
路面凍結だけは何とか避けたいところなのであります ^^;






[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-18 18:29 | 葬儀 | Comments(2)

休むのも仕事のうち

 
毎年この時期覚悟してるんです、多忙になるであろうことは。
とはいえ
いざ実際に多忙を極める状況になると・・・

・・・昨日まで、鬼のような忙しさでした (><)
限られたスタッフの人数で
何とかお客様にご迷惑をおかけしないようにやり繰りするわけで
結果的に、どうにかこうにか乗り切ったような次第であります。

しかし当然のことながら
スタッフ全員、ヘロヘロになるわけでして・・・

というわけで
今日は一日、ほぼ開店休業状態を決め込みました。
私も午前中は爆睡して
午後から溜まっていた洗濯と部屋の掃除。
そしてまた昼寝 (^^ゞ
で、先ほど起きましたよと。
身体中が筋肉痛でギシギシいってますけど。


・・・今週末から来週にかけて寒波がくるとか。
寒波に備えるわけじゃありませんけど
そのタイミングで葬儀依頼があったときのために、体調を整えませんとね。


どうぞ皆様もお身体ご自愛くださいまし m(_ _)m






[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-15 19:55 | あったこと | Comments(4)

郷に入れば

 
名古屋エリアには、元々の在所が九州地方という方が少なくありません。
たとえばご本人は名古屋生まれでも
ご両親は九州エリアのご出身という方も少なくないようです。
私の知る限りでは
第二次大戦後の戦後復興期~高度成長期の時期に、九州の方々が集団就職で名古屋に来られたという経緯があったようです。
特に繊維関係の会社に就職された方が多かったとお聞きしております。
(実際にそのようなケースの方を大勢存じ上げております)

私どものお仕事に関わることで申しますと
特に九州(特に長崎県や福岡県)ご出身のカトリック信者の方って、結構大勢いらっしゃるんですね。
すると当然
元々が九州ご出身のご家族からご葬儀のご依頼をいただくことも少なくないわけです。

            ♢

さて。
同じカトリックという宗教でも
地域による風習の違いとか、やはりあるわけなんですね。
お葬式もまた然り、でありまして
九州エリアのご葬儀と名古屋エリアのそれとでは違いがあるものなんです。

「九州ではこういう流れだけれど」
「私どもの在所ではこうするものだけれど」

ご葬儀の打ち合わせの際
或いは通夜~葬儀へと流れる過程において、よくお尋ねいただくことです。
そのようなご質問や問い合わせには慣れておりますので
「ご指摘ありがとうございます。
ただ、当地方の教会での一般的なカトリック葬儀の流れはこのようになっております」
とお答えさせていただきます。

大多数のお客様にはご理解いただけるのですが
ごく一部のお客様のなかには、やや納得できないといった態度の方も・・・。
このような方の殆どは
故人様の直系のご家族ではなく、九州からはるばるご参列の為にお越しいただいたご親族様である場合が多いんですね。

・・・お気持ちは大変によく分かるんです。
大切のご自分のご親族のお葬式です。
ご自分たちの知るお葬式の流れと異なることが行われたりすると
不安になったり、場合によっては少々不信感を抱かれるのも宜(むべ)なるかな、であります。

しかし一方で
お葬式というのは、たぶんに地域性を孕んだものであります。
キリスト教に限らず
たとえば仏教の同じ宗派であっても、特にお葬式においては地域性が出るものです。
まったく同じ宗教ならどこでも同じだろう、というわけではないんですね。

『郷に入れば郷に従え』

何でもかんでも、というわけではありません。
故郷の風習をお葬式に反映させることがいけない、というわけでもありません。
ただ
お葬式とは、社会的な側面を持ち合わせたものであるということもご理解いただきたいと思うところなのであります。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-11 15:49 | 葬儀 | Comments(2)

名古屋のお雑煮

 
新年早々
拙ブログ、サボりまくり ^^;

一応、弊社の仕事始めは2日でした。
というか
2日に一件目のご葬儀のご依頼をいただいたという意味です。
新年早々のお仕事を進めながら
仲の良い神父様数名と、新年会まがいの食事会も催して終わったお正月でした。


さて。
ネタが無いから(笑汗)
今回は自分で作ったお雑煮の写真でも (^^ゞ

a0153243_14363910.jpg


お雑煮って、地方によって特色があるようですね。

名古屋のお雑煮は至極シンプルです。
水と、市販のダシと、醤油と味醂でツユを作って
あとは塩で味を調える。
餅の他の具は小松菜だけ。
最後に鰹節をぶっかけて出来上がり、と。

でェ~りャ~簡単だがね(笑)

だから私ごときでも作れる。
っていうか
独身男に出来ることなんて、所詮はこの程度だということです (^^ゞ


大晦日に実家に顔を出して
そのときにもらった杵つきのお餅があるので、さっき作ってみたという次第。


私も日本人ですから、お餅もお雑煮も大好き ♪
名古屋生まれの名古屋育ちですので
お雑煮も、名古屋風がいちばん慣れ親しんだ感じです。

私の場合、お雑煮のお餅はタラッタラに柔らかくなるまで煮た感じが好きです。


・・・つまらん記事でお茶を濁してゴメンナサイ m(_ _)m







[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-06 15:05 | 好き | Comments(5)

恭賀新年

 
2016年です!
明けましておめでとうございます <(_ _)>

a0153243_17071189.jpg
新しい年の扉が開かれ
皆様の上に、希望に満ちた未来がありますように!






[PR]
by dscorp-japan | 2016-01-01 00:00 | 思うに・・・ | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー