D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2015年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

教会を選んでみる

 
コメント欄で
私が(現在所属する)カトリック布池教会を選んだ理由について尋ねられましたので
今回は「教会の選ぶ基準」みたいなことで考えてみようと思います。

・・・おそらくですが
教会を選ぶにあたっての主な基準って、大体以下のような感じじゃないかと思うんですね。

① 自宅から教会までの交通の便
② 祈る場所としての「教会」が自分(の感性)に合っているか
③ “ お試し ” で行ってみての印象
④ 教会共同体としての大きさ
⑤ 司牧者(牧師・神父)個人に対する印象・好感度

まずは①について。
(自分はこの教会に通うんだ)と決める際に最も重要視されるのは、やはり交通の便ということではないでしょうか。
自家用車で通うのか。
公共交通を使うのか。
教会(或いはその近隣)に駐車場はあるのか。
長く通うことを考えるなら
やはり公共交通の利便性は外せないような気もします。
自家用車といっても、いつまで運転できるか分かりませんし。
とはいえ
自宅を引っ越すことになるという可能性もあるわけで・・・

次に②と③。
これはそれぞれの価値観や感性によるものが大きいかと思います。
(この教会なら自分が祈る際に集中できる気がする)
(この教会はとっても荘厳で美しい)
或いは
(ここの信者さんたちはとても優しく迎えてくれた)
(ここなら私みたいな初心者でも受け入れてくれそう)
・・・理由は何でも良いんです。
ここはご本人の主観で、ご自分に合うと思われる教会を選べばいいと思います。

問題は④と⑤、でしょうか。

まず④について。
教会規模の大小には、それぞれの傾向があるように思います。
・・・要は信徒の数、ですよね。
一概には言えませんけれど
信徒数の多い教会って、信徒個々人の存在感がやや希薄に感じられると思います。
逆に信徒数の少ない教会の場合
相性が合えば、とてもアットホームな環境になるのではないかと。

・・・これはどちらが良いということではなくて
ご本人が「教会に何を求めているのか」ということではないでしょうか。
(私はできるだけ目立たずひっそりと教会で祈りたい)
という方は大きな教会の方が良いかもしれません。
(出来るだけ信徒の方々と関わりを持ちたい)
という方なら、小規模な教会で皆さんと仲良く関わりやすいかもしれません。

・・・でもまァ
そこそこ長く通えば、教会規模の大小にかかわらず顔は知られていきますけど (^^ゞ

で、⑤です。
大前提として
教会司牧者(牧師・神父)には “ 転勤 ” があるということを知るべきです。
(この先生の説教が素晴らしいから)
(この神父様はとっても優しいから)
・・・と、その教会を選ばれたとしても
いつの日かその司牧者は他の教会に異動するはずです。

教会とは、そういうところだということ。

            ♢

・・・じゃあどうすればいいのか。

仮にあなたが、どこかの教会へ通おうかと思い悩んでいるとします。
その場合おそらく
あなたの脳裏には、あなたご自身の知る、どこか具体的な教会が思い浮かんでいらっしゃると思うんです。

思い浮かんでいるのは、教会の名前だけかもしれない。
おぼろげな建物の印象かもしれない。
学生の頃
通学バスの車窓から見えた教会かもしれない。

・・・ならば
とりあえずはその教会の門をくぐってみてはいかがでしょうか。

性に合わなければ
(何かイマイチだなァ)と感じたのであれば
通う教会をかえればいいだけのことです。
或いは教会へ行くこと自体、止めたって良いんです。

            ♢

因みに「何故私はカトリック布池教会に所属することを選んだのか」について。

自分の意思で教会へ通おうと思い始めた当時(高校生の頃デス)
布池教会が住んでいた家から近かったから。
・・・ただそれだけデス (^^ゞ

その後私の住処は名古屋市内を転々としておりますが
まァ~通い慣れてるし
少なくとも今はクルマで通えてるし
って感じで、半ば惰性で続いている感じ、デス (^^ゞ

“ 住めば都 ” かどうかは分かりませんが
何やかんやと文句言いながらも通い続けるのもまた「教会」である、と ^^;






[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-30 00:00 | キリスト教 | Comments(2)

『 Wild Goose Flaps It's Wings 』 マイク・オールドフィールド

 
・・・「雨が好きか」と問われれば
好きな時とそうでないときがあります。

まず
お葬式のお仕事のときの雨は、やっぱりイヤです (^^ゞ
雨に濡れることを完全に避けることは難しいですし
何より、お客様に余計な負担がかかるはずですから。

でも
お仕事を離れたところで申しますと、結構キライじゃありません。
(今日は一日、完全OFF!)と決めてかかって
一日中自宅に引きこもることにした日なんかは、雨に包まれているようで良い感じです ♪
洗濯物が溜まってる日はやっぱり困るんですけど・・・ ^^;

            ♢

・・・で。
日がな一日、窓外は雨模様だというとき
私は敬愛するマイク・オールドフィールドのアルバム『 Voyager 』をよく聴きます。

以前の記事でも取り上げたアルバムですが
私はこのアルバムが大好きです。
特にこの時期のように、はっきりしない空模様の時など
このアルバムの曲たちには、とっても癒されております。
「雨の日におススメのアルバム」というか
「雨に日にもおススメ」というのが私の考えです。


ということで
今回はこのアルバムの中からの一曲をご紹介します。




素描画のような一曲。
ベースに流れるハープ(?)のリフが
雨音のように聴こえるのは私だけでしょうか・・・(^^ゞ






[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-29 00:00 | 音楽 | Comments(0)

映画 『 百円の恋 』

 
・・・一体このカッコよさは何なんだ・・・!!!!

a0153243_02313414.jpg
(映画のあらすじなどは公式HPをご覧ください)

映画『愛のむき出し』以来
私は、女優:安藤サクラさんのファンであります。
この方は本当にスゴイ女優さんです。
ちょっと、他を寄せ付けないくらいの
私のなかでは、孤高の女優さんです。
だから
私はこの作品の内容がどんなものか、大して予備知識も無くDVDを借りたんですね。
そしたら、まァ驚いたこと・・・!


・・・映画の序盤では
ダメ人間・一子(安藤サクラさん)のダメっぷリをイヤというほど見せつけられます。
一風変わった女性を演じることの多い安藤さんですが
本作序盤での安藤さんは、もぉ~ “ ザ・ダメ女 ”(汗)
a0153243_03133278.jpg
甥とゲームに興じる一子(右)

彼女の周りからは
汗や体臭や、油やゴミの、ちょっと顔をしかめたくなるような臭いがただよいます。
ところが
引退間際のボクサー・狩野(新井浩文さん)と出合って以降、ほんの少しだけ一子に変化が表れます。
基本は相変わらずダメ女なんだけど
不器用ながらも、一子が「女」になろうとする。
ちょっとだけ
ほんのちょっとだけ可愛く見えてくる(笑)
そしてその後、一子は疾りだします。
曖昧な動機で始めたボクシングに打ち込みだす。

最初はこんなだったのが・・・
a0153243_03275037.jpg

こうなる。
a0153243_03374493.jpg

そしてとうとう
一子はプロテストにも合格してしまいます。

試合に臨む直前
一子が自らの髪をハサミでバッサリ切るあたりで
観ている私たちは、知らぬ間に一子と同期しちゃってます。
アドレナリン、出まくります・・・!

リングに上がった一子の試合がどうなったかは・・・
是非映画をご覧ください m(_ _)m

映画好きの方ならご存知かと思います『デ・ニーロ・アプローチ』という言葉。
本作をご覧いただければ
安藤サクラさんなりのデ・ニーロ・アプローチが見られます。
映画の序盤と後半とで、彼女の身体を見比べて下さい。
そして彼女のボクサーとしての
身体のキレを観て下さい!

            ♢

具体的な映画の題名はいちいち挙げませんけれど
古今東西、拳闘映画は数多あるかと思います。
でも
私のなかでは、本作こそが最高の拳闘映画だと思いました m(_ _)m

万人におススメ出来る映画ではないかもしれません(特に中盤までの描写)。
でも
“ 頑張ること ”
“ 自分に勝つこと ”
の意味を知りたい方は、是非この映画をご覧ください!

私は、観て良かったです!






[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-27 00:00 | 映画・テレビ | Comments(2)

教会維持費の話

 
私が大学生だった頃
所属するカトリック布池教会の、当時の主任司祭(今の野村司教様デス)から言われたことがありました。

「オカダ君はいいよ、負担しなくても。
その代わりオカダ君には身体で奉仕してもらうから(笑)」

・・・負担とはつまり『教会維持費』です。
私の知る限りにおいて
多くのキリスト教会における教会維持費(簡単に言えば『献金』)は、強制的なものではありません。あくまでも信徒それぞれの自由意思に委ねられるものだと思います。
その額も、各教会によって一応の目安のようなものはあるのでしょうが、これも強制されるものではなくて、それぞれの生活の負担にならない程度で良いとされていると思います。

で、当時の私はというと
やはり学生でしたし親とも別居しておりましたので、毎月教会に献金するほどのゆとりはありませんでした。
だから神父様の言葉に甘えて
ミサ献金の際に100円玉を投げ入れる程度で、それ以外の献金はしておりませんでした (^^ゞ

「でもホントは少しでも負担してくれた方が良いんだけどネ。
金額は少なくても良い。
それこそ、毎月10円でもいい。
負担してくれること自体に意味があるんだよ」


で、時は経ち・・・
私も(一応)社会人の一員として
仕事をさせていただき、その報酬を得られる立場になって思うようになりました。

(あのとき神父様が言ってたことはこういうことだったんだ・・・)

つまり
自分が得た収入の一部を教会に献金することで
教会を、本当の意味で自分の「家」のような存在として認識するようになるということだったんですね。

神父様の仰る通り、金額の多寡ではない。
「自分のお金」で負担することで
たとえば、宗教施設としての教会に対する思い入れが変わるんですね。

(この柱の、ほんの一部分は自分が負担してる)
(このエアコンの電気代の一部はオレが出してるぞ)

・・・このように考える私は低俗な人間なのかもしれませんが ^^;
実際のところ
そう考えることで、教会に対する思い入れが強くなったのは事実なんです。
「ここは “ オレの ” 教会だ!」
というと言い過ぎかもしれませんが
(ここはオレの家でもあるぞ、ちょっとくらいは)
という意識は持っても良いのかなぁと・・・


よく例えられることですが
この関連性は「国民として納める税金と政治に対する関心度」と同じだと思います。
ただひとつだけ違うのは
国や自治体は半強制的に(笑汗)税金を徴収するのに対して
教会は、あくまでも個々の自由意思によって献金を受けるという点。
「自動引き落とし」や「給与控除」とは違うということです。

・・・そこには『能動性』があるということです。
この能動性こそが
信徒個々の、教会に対する意識を強めるのだと思うんですね。


「まるでオマエ
しっかり献金してるみたいに言うなぁ」

・・・献金するようになった一方で
今度はミサに出る頻度が減りまして・・・
つまりミサ献金を出す頻度が激減しているという・・・<(_ _)>






[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-26 00:00 | キリスト教 | Comments(2)

何気に偉業だと思う

 
どうでもいいっちゃあどうでもいい話なんですけど・・・


たとえば私の場合
小さい頃は扁桃腺が弱くて、一旦風邪をひけば長引いたものです。
熱が出れば、まず3日くらいは学校を休む。
小学生の頃は、そんな風邪を一年で2~3回ひいていたように記憶します。
気管支炎にもよくなったものです。
ひどいときは約一週間、学校を休んだものです。

で、高校にあがると
今度は体調に関係なく、ただ学校を「サボる」ということを覚えます (^^ゞ
ナマジそこそこの進学校に入学してしまったせいで
お勉強についていけないのが早々に分かって
(こうなりゃオレもアウトローを気取るか)ってなもんで ^^;
学校をサボっては名古屋の繁華街あたりをうろついていたもんです・・・


何が言いたいのかと申しますと・・・

『皆勤賞』って、スゴイことだと思うんですね。
私なんて
夏休みのラジオ体操ですら『皆勤賞』はもらえなかった。
それがですよ
「小学校6年間一度も休まなかった」とか
せめて
「中学校の三年間は皆勤賞だった」とか
それですら、私からすると大変な偉業に思うわけですよ。


・・・で。
昨日、事務所でウチのスタッフと無駄話をしていたときに発覚したんです。

ウチのスタッフの “ いじられキャラ ” S君 ♪

「え?
オレ、小中高と皆勤賞ですよ」

・・・何ィィィ~!?

「小中高」って、12年間皆勤賞ってこと?

「うん」

オマエ、風邪とかひかなかったの?

「いや風邪はひいたけど
あんまり熱が出ないんですよオレ」

・・・ぇえええ~!(驚)
サボったりもしなかったの?

「オレ、オカちゃん(=私)と違って真面目だから」

やかまし。


・・・それにしても
12年間皆勤賞って、かなり自慢して良いことだと思うんですよ。
やろうと思っても軽々に出来ることじゃないし
まずは健康な身体に産んでくれたご両親に感謝すべきでしょうね~

いや、素晴らしい!


・・・そんな彼なんですが
昨日、どうしてそんな話になったのかというと
「オレ、今日なんか熱っぽいんだよね~」と言い出したのが発端でした。

かくしてつい先ほど
S君から体温計の写真が送られてきました(笑)

・・・体温計の表示、『37.9°』
まァお大事に m(_ _)m





[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-24 00:12 | おともだち | Comments(0)

臆病なのだ

 
・・・このところ
読んだ本をネタにした記事が少なくなってきております。

これには理由があるんです。
「面白かった本に出会えていないから」ではありません。

・・・老眼も勿論なのですが
半年ほど前から私、白内障の症状がひどくなってきたんですぅ・・・

「もう50歳だし」 
と開き直っていたんですが
眼科に行ったら「ちょっと早いですね~」と言われてしもうた ^^;

くそぅ、字が読めねェ。
文庫本の文字にピントが合わねェ・・・(><)

仕事の現場で読む弔電の文字なら、何とか読めます。
でもあれ以上小さい文字となると、結構キツイ。
実は先日描いた絵
ピントが合わない目と格闘しながら描いたんです・・・

・・・はァ、参ったなァ(><)

まァそりゃ手術すりゃ良いんでしょうけれど・・・

実は私、小学生の頃に一度目の手術をしておりまして・・・
その時の麻酔注射の激痛がトラウマになっておりまして
どうにも手術に踏み切れないでいるのであります ^^;

「子供か!」

オロロ~ン (ToT)
だって痛いの怖いんだもぉ~ん!
注射、嫌いなんだもぉ~ん!

「じゃオマエの数少ない趣味のひとつを放棄するんだな?」

イヤだぁ~!
そんなのつまんないよぉ~!


・・・どうする?
どうする、オレ?






[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-22 00:00 | | Comments(6)

便利なのも考えものかと

 
・・・えっと、クルマの話です。

先日
ウチのスタッフが担当したご葬儀の式場敷地内で、自動車の自損事故がありました。
運転者は葬儀の関係者ではなかったようなのですが・・・
(教会とか修道院という場所は、葬儀参列者以外の方も出入りするものです)

スタッフ曰く
運転者はクルマを方向転換させるべく、バックするつもりだったのだろうとのこと。
ところがクルマは前進で急発進して
敷地内通路の端に張られたフェンスを破って、落差2~3メートルの崖を落下してしまったのだそうです。

ウチのスタッフのひとりが、たまたまその瞬間を見ていたそうです。
運転者は初老の女性の方。
そのクルマはホイールスピンさせるほどの急発進で
そのままフェンスを乗り越えて崖を落ちていったのだとのこと。
(クルマはハイブリッド車だったそうなので、レシプロエンジンより低速トルクがあるはずです)
不幸中の幸いだと思われるのは
運転者を含めて(おそらく)重傷者は出ていないだろうとのことでした・・・

            ♢

時折ニュースにもなってますよね。
『ブレーキとアクセルの踏み間違い』や『ギアシフトの入れ間違い』。

(そんなの考えられん!)
・・・誰もがそう思うのでしょう。
でも現実にはそれが起こってしまう。

これはあくまで私見ですけれど
オートマチックのクルマよりもマニュアルシフトのクルマの方が、状況によっては安全なんじゃないの?って思ったりすることがあるんですよね・・・
マニュアルの方が急発進って難しいし
ギアシフトの入れ間違いも少ないような気がするんですよ(これは個人的な経験則)。
そりゃね
半クラッチとか坂道発進とか、慣れなければ難しいかもしれません。
でも、だからこそ適度な緊張感を持ち続けたまま運転するわけですし。


・・・便利で楽ちんなのも考えものなのか、と。


あとついでに。

サイドブレーキって
やっぱり旧来通り、センターコンソールにレバーがある方が良いんじゃないかと思うんですよね。
今って、踏み込み式とかスイッチ式とかが多いでしょ?
個人的には、あれって本当に安全なの?って思っちゃいます。
旧来のサイドブレーキなら
緊急時には瞬時に思いっきり引っ張れるじゃないですか。
最悪、同乗者でも。


・・・マニュアルシフト世代の戯言、なんですかね・・・ ^^;





[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-21 00:20 | クルマ | Comments(0)

『 Mental Medication 』 UK

 
これまでにも二度ほど取り上げております、このバンド。
(→ 過去記事① 過去記事②
アルバム二枚出して早々に解散しちゃったから
取り上げる曲にも限りがあるというものなんですけど・・・^^;

二枚発表されたアルバムですが
その音楽性は微妙に、というか、かなり異なると思います。
もちろんプログレ畑のミュージシャンが集まってるわけですから
基本的にはプログレッシヴロックではあるんですが。

一枚目の『 UK (憂国の四士) 』は
かなりジャズ・ロック的なアプローチかと思います。
アラン・ホールズワース在籍時のソフト・マシーンを、もっと洗練させた感じといえば分かりますでしょうか。
(分かるわけないか・・・)
a0153243_23465805.jpeg
第一期UKのメンバー
(ジョン・ウェットン、アラン・ホールズワース、ビル・ブルーフォード、エディ・ジョブソン)


上のメンバーの中央二人が早々に抜けちゃったもんだから
新しいドラマーだけ入れて、三人体制で行きましょうということで発表されたのが
二枚目の『 Danger Money 』。
a0153243_23523531.jpg
私のなかでは超名盤であります♪

a0153243_23571167.jpg
第二期メンバー
(左からエディ、私の敬愛するドラマー:テリー・ボジオ、ジョン)

で、このアルバムは
メンバーが替わったこともあって、よりロック色を強調したプログレです。
で、このアルバムを発表して間もなく解散した後
ジョン・ウェットンを中心に集まったのが “ スーパー・バンド ” 『エイジア』というわけです。
(私のなかじゃエイジアなんてプログレでも何でもねェけど)

            ♢

・・・と、グダグダわけのわからんことを申しておりますが
今回は一枚目のアルバムの、最後を飾る曲をご紹介。



・・・何ともカテゴライズしづらい音楽、ではあります(汗)
言ってみれば
ジャズロックを、より(当時の)今風に仕上げた感じでしょうか。
・・・個人的には
Aメロ後に唐突に入ってくる変拍子が大好きなんですけど (^^ゞ







[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-18 00:23 | 音楽 | Comments(0)

お葬式の少ない月とは

 
「お葬式が少ない月」とはつまり
「死亡者数が少ない月」と同義と考えてよろしいかと思います。


そして
(これは葬儀屋さんなら誰もが知っていることですが)
今月・6月は、一年のうちで最も死亡者数の少ない月のひとつであるといえます。
これは統計上からもその傾向が明らかです。
一般的に
6月と9月が一年で最も死亡者数が少ない月であると、過去のデータが示しているんですね。
(『月別死亡者数』で検索してみてください)

だから
「葬儀屋さんがいちばんヒマなのはどの季節?」
と聞かれた場合
私たちは一旦「いや~何とも言えませんよ」とお答えするのですが
「でも、強いて言うなら6月でしょうか」と答えるのではないでしょうか・・・

葬祭業界にも
様々な業者さんが多数参加する展示会などがあります。
・・・これ、大体が6月に開催されるんですね。
つまりこれ
年中無休・24時間営業の葬儀屋さんが(統計的に)いちばん時間の取りやすいと思われる時期を狙って開催されているのだ、と。


・・・なのに。
何故か今月、ウチはずっと忙しい。
もちろんこんなの “ たまたま ” なんでしょうけれど
比較的のんびり過ごせるはずのこの時期、なかなか自分の時間が取れずに困惑しております。
ウチは4月決算なので
今月末までに提出する書類とか作らなきゃならんのですが・・・
(まァ作るのはウチの会計士だけど)
その打ち合わせの時間とか、なかなか捻出できずにおります。
プライベートでも
洗濯をするのが精一杯で、部屋の掃除もままならない状況であります・・・


・・・って、つまりは
ブログ更新をサボっている言い訳がしたいだけデス (^^ゞ






[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-17 22:39 | 葬儀 | Comments(4)

カトリック名古屋教区・新司教様着座式

 
有難いことに今日はお天気にも恵まれ
新しい司教様をお迎えするに相応しい日となりました ♪

a0153243_16351342.jpg
・・・正直、お天気は良すぎるくらいでした(笑汗)
今日の日差しは真夏を彷彿させるもので
日陰にいないと熱中症になりかねないほどの暑さ、ではありました。


あらためて。
今日、6月13日
カトリック大阪教区・補佐司教であらせられましたミカエル・松浦悟郎司教様が、カトリック名古屋教区長として着任され、着座式が執り行われました。

お噂はかねがね、という方でして
信徒間での、次期司教様候補・筆頭候補のおひとりでもありました。
カトリック大阪教区でも大変に人望のあつい方でいらっしゃったようでして
当日は大阪教区信徒の皆様も駆けつけて下さったようです。

参列者数、凡そ1000人。
式場となった名古屋教区カテドラル・カトリック布池教会でも
さすがにその全員が聖堂に入ることは叶いません。
ゆえに今日は聖堂の下階にある地下ホールも開放して
ミサの様子をモニターで映してました。

a0153243_16352654.jpg
地下ホールでの様子


それでも全員がお掛けいただくことは叶わず(汗)
立ったままの信者さんも大勢いらっしゃいました(もちろん私も)


ミサのなかでは
もちろん、松浦司教様がお話し下さいました。
お話を伺って
あらためて、素晴らしい司教様をお迎えできたことを実感した次第です。
バイタリティに溢れ
特に、世界平和に対する強い信念をお持ちの方と感じました。

・・・そして、ハンサム(笑)


さらに、私たち信徒に対するお気遣いもいただいたようで
聖体拝領の際は、聖堂の信徒ではなく地下ホールの信徒たちの元へお越しいただき
松浦司教様自ら、御聖体をお配りいただきました m(_ _)m

松浦司教様の人気を裏付けるエピソードとして
地下ホールでの聖体拝領が終わり、松浦司教様が聖堂へ戻られる際・・・
何と、地下ホール信徒の間から割れんばかりの拍手が・・・!(驚)


ミサ終了後
まずは司教団のみで記念撮影。
a0153243_16352249.jpg
そして今度は
司祭団も加わっての記念撮影。
a0153243_16351773.jpg

・・・カトリック大阪教区の皆様へ。

このたびは、素晴らしい司教様を名古屋教区へ送り出していただき
心より感謝申し上げます。
おそらく、いや間違いなく
大阪教区の皆様におかれましては、決して手放したくない司教様だったことと思います。
かくなるうえは
私たちカトリック名古屋教区信徒として、精一杯松浦司教様を支えていきたいと思います。

松浦司教様の仰る
正義と平和が、カトリック大阪教区にありますように!






[PR]
by dscorp-japan | 2015-06-13 17:03 | キリスト教 | Comments(4)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー