D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2015年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「家庭」と「暖炉」

 
いろいろと仰せつかっている宿題を残したまま ^^;
昨晩は、仲良くさせていただいているカトリック信者さんの集まる家庭集会に参加させていただきました。

まァ家庭集会と申しましても
最初にミサを捧げて、あとは皆で食卓を囲んでワイワイやるという・・・
(私個人のホンネとしては)要は「食事会」なんですよね~ (^^ゞ

ただ今回の家庭集会は
これまで会場を提供してくださっていた方のご自宅を建て替えることとなり
これを記念して集まりましょう、ということだったわけです。
・・・で
今回もまた、畏友:S神父様の司式でミサが行われたのですが
そのミサ中のお説教が心に残りましたので、これをご紹介させてください。


以下が(私の記憶する限りの)お話の要約です。

(前略)

「ホームレス」という言葉があります。
一般的には「住まうための家を持たない方々」を指しますよね。
雨風をしのぐための家が無い方々にとって、特にこの時期はさぞやお辛いことと思います。
ところでこの「ホームレス」という単語。
私自身はこの言葉に、若干の違和感をおぼえるのです。
「ホーム」という単語を日本語で言い表すなら「家庭」となりますよね。
対して、住まいとしての「家」を英語にすると「ハウス」となるかと思います。
ならば
家を持たない方は「ホームレス」ではなく「ハウスレス」と表現する方が、より正確なような気がするんですね。

ここで私が申し上げたいのは
もちろん「ホームレス」の方々の人権を汚すことでは決してありません。
「ハウス」と「ホーム」の意味するところについて考えるための、あくまでも例として挙げたまでのことです。
実際のところ
「ハウスレス」という表現もまた、やや躊躇を覚えるところではあります。


しかし、あらためてこの二つの単語を比較すると
「ハウス」と「ホーム」の意味するところは、似ているようで大きく異なるものです。
「ハウス」つまり家とは
実態を伴った、形あるものです。
対して「ホーム」とは
目に見える形を持たない、心のつながりを指すものです。
「家族」なら「ファミリー」ですから、これも少し意味が違いますね。

もちろん
「ハウス」も「ファミリー」も「ホーム」も皆大切なものです。
しかし
最終的に私たちが目指すべきものとは「ホーム」なのではないでしょうか。
「ハウス」も「ファミリー」も
「ホーム」を育むためのもの、のように思います。


さて。
私が以前赴任していた南米では、その多くの国でスペイン語が使われます。
スペイン語では「家庭」のことを「hogar」といいます。
しかし一方で
この「hogar」という単語には、もうひとつ別の意味があります。

・・・それは「暖炉」です。

スペイン語圏において
「家庭」と「暖炉」は同じ単語なんですね。
その正確な由来までは私も存じませんが
もしかすると「家庭」とは、「暖炉」に集まる家族の様を指しているのかもしれません。
寒さをしのぐため、家族がお互いに寄り添い合って暖炉の火を囲む。
そこに集う人々の思いこそが「hogar=家庭」なのかもしれません・・・

(後略)



・・・正直
ミサ中の私の心境は(早く終わらせて飯食おうよ~)でした (^^ゞ
しかし
神父様のこの説教を聞いて、大変に心に感じるものがありました。
普段、何の気なしに使っている「家庭」という言葉が
このお話を聞くにおよび、にわかに温かみのある言葉に思えてくるのでした・・・






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-28 23:34 | あったこと | Comments(0)

遅まきながらの・・・

 
今さらのように
スマホデビューでございます (^^ゞ

a0153243_22274800.jpg
以前ここでも書いたかと思いますが
私自身は、ガラケーでも大した不便は感じていなかったんです。
ガラケーでも良いじゃないですか!
電話は出来るしメールも出来る。
写真だって撮れるし
何たって二つ折りに出来るんですよォ~ !?(←意味不明)

機種変更した理由は、仕事上の問題でありました・・・

ここ数年
火葬を、ネット上での予約システムを導入する火葬場が増えてきております。
で、現実的には
この予約をするにはスマホ無しには、ほぼムリ。
実際にはガラケーでも出来ないことは無いんですけど
・・・ムッッッッッッチャクチャ時間がかかる (><)

・・・お客様、待たせられませんよね。

だからこれまでは
真夜中だろうと、ウチのスタッフを叩き起こして(笑汗)
そのスタッフのスマホから予約してもらったりしてたんです・・・(^^ゞ

・・・寝てるスタッフを起こしちゃダメですよね。

ということで
まさに “ 清水の舞台から飛び降りる ” くらいの覚悟で踏み切った次第デス。


機種変したの、まだ一昨日です。
全然分かりません。
早速スタッフには
今をときめく『LINE』なるものをダウンロードされました。
昨日から、やたらと “ ピコンピコン ” が鳴り止みません ^^;
皆さんから「ようこそ」とか言われます。
だから私は「ふつつか者ですが」と丁重に返事をします。

・・・何だか
キツネにつままれたような気分です・・・






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-25 00:00 | あったこと | Comments(11)

遺骨を忘れること

 
これは「お葬式あるある」というよりも
そこそこ頻繁にあることでして・・・

もはや「あるある」というより、実は「有り過ぎ」なお話。
おそらく葬儀屋さんなら
どなたでも経験されていらっしゃることかと思います。

・・・これは
特に仏式葬儀で、いわゆる「初七日」の後に有りがちなお話なんですね。

今日、多くの仏式葬儀では
火葬を終えてお骨上げのあと、繰り上げ初七日法要というかたちで、お葬式当日に初七日法要を終えられることが多いわけです。
たとえばセレモニーホールなどですと
お骨上げを終えてホールに戻ってきて、位牌と遺骨・遺影写真を法要祭壇に安置します。
そこで初七日法要が行われ、その後参列された方々はお食事の席につかれることが多いわけです。

生前のご本人の看病にはじまり
お亡くなりになられた後は葬儀屋さんとの打ち合わせがあり
お通夜からお葬式の流れのなかで、ご遺族は本当にお疲れになられるものです。
すると
初七日法要の後のお食事の席というのは、ご遺族にしてみれば
(ようやくここまで辿りついた)
(何とか恙なく終わった)
という、安堵の気持ちになられるのは当然のことなんですよね。

お食事の席にご同席されたご親戚方々をお見送りされ
ホッと一息つかれつつ、荷物をまとめられて帰路に就こうとされたところで・・・

まァ、葬儀屋さんはこのタイミングで必ず注意をはらうわけなんですが・・・

「どうもいろいろとお世話になりました。
私どもはこれで失礼させていただきます」

そのお手元に、ご位牌とご遺骨・遺影写真はない。

「まァイヤだ、アタシったら!
おじいちゃんを忘れるなんて!」

お客様は大変バツの悪い思いなのでしょう。

「こんなひどい家族っていないですよね・・・?」

・・・いやいや(汗)
私たちからすれば、イヤというほど見せられてますから。
言い方は悪いですが、それこそ見飽きるくらいに。


いわゆる初七日法要が無いという意味では
キリスト教葬儀の場合ですと、こういうことが起こる可能性は低いようです。
一概には言えませんが
多くのキリスト教葬儀の場合、火葬を終えられた時点でお葬式の典礼は終わります。
仮に火葬後のお祈りなどがある場合でも
そこで食事の席を設けることは比較的少なく、お祈りが終わった時点で帰路に就かれるケースが多い。
ご遺骨を前にしたお祈りの直後に、ご遺骨を忘れるということはさすがに少ない、と。

            ♢

何が言いたいのかと申しますと
それほどに、お葬式というのは疲れるものなのだということです。
肉体的にもそうなのでしょうが
それ以上に、精神的な緊張感が持続するものだということ。

私は
殊更に「忘れる」ことを恥じることはないと思っています。
それだけ一生懸命、お葬式に集中されていたことの証左なのですから。

ひとしきり照れ笑いして
忘れそうになった故人様に対して「ごめんね」と念じればいいのだと思います。






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-23 00:00 | 葬儀 | Comments(0)

『 Paradigm Shift 』 リキッド・テンション・エクスペリメント

 
久々にCDを引っ張り出して聴いてみたけど
・・・やっぱ良いんだよなァ~

a0153243_03191737.jpg
1998年発表


これまでにも二度ほど
このユニットについて取り上げております( → 過去記事


「プログレッシヴ・へヴィメタルってどんな音楽?」
と訊かれたら
「歌は入ってないけれど、大体こんな感じ」
と答えて良いんじゃないでしょうか。
もちろんこのカテゴリーにもいろんな曲調がありますけれど
このアルバムの冒頭を飾るこの曲は、プログレッシヴ・メタルのひとつのお手本のような曲と言っていいんじゃないでしょうか。




よく
「変拍子って、ノリが変テコだから苦手」と仰る方があります。

たしかにそれはそうなんです。
・・・でもね
こういうのを聴きつけていると、妙にクセになるんですよこれが。
もちろんシンプルな8ビートや16ビートも良いんですけど
変拍子がクセになると、単純なビートが物足りなく感じられたり・・・

でもね
変拍子なら何でもいいってわけでもなくて
やっぱり、変拍子を取り入れるセンスみたいなものもあるんです。
そういう意味では
今はドリームシアターを脱退した、マイク・ポートノイのドラムにはセンスが感じられるんですよね~






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-21 02:48 | 音楽 | Comments(0)

火葬場が・・・②

 
つい先日
火葬場が混み合っている件について書いたのですが・・・( → 過去記事

すでにご覧いただいた方もあるかと思いますが
ヤフーのトップページに、こんなリンクがありました。
            ↓
   『 火葬場が足りない…多死社会日本の現実 』


・・・様々なジレンマがあると思うんです。

→ 火葬場の新設

上記リンク先の番組内でも言ってました。
「必要性は認めながらも、自分たちの地域には作って欲しくない」と。
・・・ホンネ、ですよね。

→ 火葬の受入時間の延長

「受入時間の延長」という策はアリだと思いますけれど
一日の火葬業務時間が延びるということは、それだけ人件費もかかるわけですよね。

→ 収骨場所の変更による火葬の効率化

・・・少なくとも
日本最大の炉数を誇る名古屋・八事火葬場には、そんなスペースは無いでしょう。

            ♢

・・・ということで
名古屋市の場合は、新しい火葬場の建設がすすんでおります。

名古屋市立第二斎場の概要(名古屋市公式HP)


・・・ようやく、です。
「待ちに待った」というのが、名古屋界隈の葬儀屋さんの本音です。







[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-19 00:00 | 葬儀 | Comments(0)

「カーニバル」と「灰の水曜日」

 
すでにもう腹が減ってきた・・・ ^^;


さしたる実感も湧かないまま
そして、大した信仰心もないまま、今年も『四旬節』に入りました。

毎年書いておりますが
聖公会では『大斎節』、プロテスタント教会では『受難節』などと呼称します。
(私はカトリックですので、カトリック教会でいうところの四旬節を基準に書きます)

・・・上記『四旬節』のリンク先にもある通り
今日は『大斎』『小斎』を守るべき日、ということになってます。
でもホントは
食事を節制すること自体が大切なのではなくて
それを通してイエス様の受難を黙想し、回心することが重要なわけです。

・・・ふぅん。
はたしてオレは、これまでにただの一回でも
本当の意味での『灰の水曜日』を過ごしたことがあったか?

・・・ねェな。
断言できる(笑汗)


そんななか
昨日は悪友・牧政さんと、間もなく司祭叙階される予定の助祭お二人と食事に行ってまいりました。

「政さん(=牧政さん)、何食べるの?」

「うん?焼肉」

「ア~タ、ホントに焼肉が好きやね~」

「だって明日は灰の水曜日だよ。
今日はカーニバルだもん」

・・・たしかに
灰の水曜日の前夜に肉を食する宴の日、ということにはなるか・・・
でも牧政さんの場合
カーニバルだろうと四旬節中だろうと「焼肉」って言うくせに(笑)

ということで
四人して焼肉屋さんにくり出し、肉をたらふく食い散らかしてきましたよ、と。
(写真はありません)
・・・あ
牧政さんは専らビールか。


でね
これも毎年書いていることなんですけど・・・

灰の水曜日や聖金曜日の前日に食い溜めすると
何故か翌日は、早々と腹が減るんですよね・・・(><)
普段は一日一食とか、全然平気だったりするのに。

もう
今のうちに宣言しておきます。
今年も私は守れないです、きっと。
多分夕方あたりには音を上げて、ドカ食いすること請け合いなのです orz






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-18 14:23 | キリスト教 | Comments(2)

火葬場が・・・

 
この時期、仕方のないことなんですけどね・・・


お葬式の日程を決める際のポイントは、大きく分けて三つです。

① ご遺族の希望する日程
② 司式者(宗教者)の都合(無宗派葬の場合を除く)
③ 火葬場の空き状況

もちろん
第一義的に考慮されるべきは①であります。
ご遺族様方々の希望される日程を基準として
式を司る宗教者の都合と、火葬場の空き状況を照らし合わせながら、日程を決めていきます。


しかしながら・・・

年が明けてからこのところずっと
火葬場が非常に混み合っている状況が続いております。

たとえば、です。
あくまでも仮に、ですが
今日お亡くなりになられた方のお葬式の日程を考えるとすると
(お亡くなりになられた時間にもよりますが)最短で「今日・お通夜~明日・お葬式」という日程も考えられます。
(火葬は原則として死亡後24時間を経過していないとできません)
「慌ててお葬式はしたくない」となれば
今日は仮通夜として「明日・お通夜~明後日・お葬式」となります。
ご遺族様に特段のご事情やご意向がなければ
一般的にはこのあたりの日程を選択される方が多いのではないかと思われます。

しかし
このところの実情ですと、それもやや難しい状況のようです。
名古屋・八事火葬場の空き状況は
慢性的に、死亡日の翌々日まで予約が出来ない状況が続いております。
数年前より
「友引」の火葬受付をはじめたにもかかわらず、です。

関東方面、東京都内などでは
このようなことは当たり前だとききます。
亡くなってから火葬まで、一週間かかることも珍しくないとか?


・・・とはいえ
ものは考えようです。

慌ててお葬式を済ませようとされるより、ここは腰を据えて
ゆったりとした時間の流れの中で、故人様とのお別れの時を過ごされれば良いのかと。






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-17 00:00 | 葬儀 | Comments(0)

ウィレム・ルスカ氏 逝去

 
今日になって知りました・・・
バレンタインデーにお亡くなりになられていたとは・・・<(_ _)>

→ ニュース記事

※ 記事では「ビレム・ルスカ」と表記されていますが
  私たちの時代では「ウィレム・ルスカ」と呼んでおりましたので、こちらで。


アントニオ猪木との異種格闘技戦があったのは、1976年。
この年、私は(多分)小学校6年生。

当時は全日本プロレス(=馬場)と新日本プロレス(=猪木)それぞれが
日本テレビとテレビ朝日で、毎週ゴールデンタイムにテレビ中継があったものです。
我が家はテレビ鑑賞にうるさくて
「プロレスはどちらかひとつしか見ちゃダメ!」だったので ^^;
私はテレビ朝日(=新日本『ワールドプロレスリング』)を観てました。

たしか
小学校卒業間近で、卒業文集の編集委員みたいなことをやらされていて
あの頃の私は毎日、結構帰宅が遅かったんです。
でも、あの日はちゃんとテレビの前に座れた。

・・・ウィレム・ルスカ、何か不気味に映ったもんだよなぁ・・・

もちろん私は猪木を応援してましたよ。
柔道のことなんて何にも知らないし
“ オランダの赤鬼 ” などといわれてもピンとこなかった。

で、試合が始まってみると・・・

a0153243_01234536.jpg
ロープ際の猪木を中央に来るよう手招きするルスカ


いかんせん「プロレス」という土俵で闘うには、ルスカにとってはあまりに不利だったように思います。
柔道スタイルのルスカに、プロレスのリングは狭すぎたようだし
猪木は道着を着ていないので、ルスカは要領が掴めなかったのではないでしょうか。

まァ何だかんだ言っても
後日、ミスター高橋は「あれは予め勝敗の決まっていた試合だった」と証言してたんですけどね・・・

それを言っちゃ~身も蓋も無いんですけど ^^;

ただミスター高橋はこうも述懐している。
「少なくとも自分の知る限り
喧嘩をさせたら最も強いのはルスカだ」と。

・・・時代は異なりますが
ルスカと木村政彦とがガチで闘ったら、どっちが強かったんでしょうね・・・


日本のプロレス黄金時代を支えてくださったウィレム・ルスカさんの
魂の安息と平安をお祈りいたします。






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-16 01:26 | 格闘技 | Comments(0)

映画 『エンゼル・ハート』

 
もう何度も観ている映画です。
公開当時も観ましたし
その後何度もレンタルビデオを借りて観たものです。
そして最近、本作のDVD&ブルーレイが再発されたようで
行きつけのレンタル屋さんで見つけて、またもや観てしまいました (^^ゞ

a0153243_23581320.jpg
1987年公開


一般的には「サスペンス」「スリラー」というカテゴリーになってますが
個人的には、ホラー映画の傑作という評価であります。
あとは『ローズマリーの赤ちゃん』とか
『ナインズ・ゲート』とか。

何度も申しますが
ホラーの金字塔とされる『エクソシスト』は、私にとってはホラーではありません。

・・・いずれにせよ
映画好きの方なら、私のいう「ホラー映画」がどのような系統のものか、お分かりですよね (^^ゞ


ミッキー・ローク主演。
共演がロバート・デ・ニーロ。
ミッキー・ロークといえば『ナイン・ハーフ』が印象深いですが
個人的には、本作での演技が最も素晴らしいと思ってます。

舞台は50年代のニューヨーク。
しがない私立探偵のハリー・エンゼル(ミッキー・ローク)の元に
謎の男ルイス・サイファー(ロバート・デ・ニーロ)から弁護士を介して、10年前に失踪したとされるジョニー・フェイバリットという歌手の生死や所在を確認して欲しいという依頼が入ります。
サイファーが調べた限りでは、ジョニーは戦地に赴いた際に重傷を負い、精神も病んで精神病院に入院しているはずでした。
ハリーがその病院に出向いてカルテを調べてもらうと、すでにジョニーは退院したということでした。
ジョニーのカルテを書いたという医師を訪ねると
その医師はある人から金でカルテを偽造することを依頼されていて、ジョニーはその人たちに連れ去られたと証言します。
ハリーが一旦その医師の元を離れて食事をし、再度その医師の部屋を訪ねると
その医師はベッドの上で殺されていました。
身の危険を感じたハリーはサイファーからの依頼を断ろうとしますが
高額の報酬を提示され、再びジョニーの行方を捜すことになります。
その後、ハリーの行く先々で奇妙な殺人事件が相次ぎ、ハリーは追いつめられると同時に、驚愕の事実へと導かれます・・・
(下手くそなあらすじでスミマセン)


私の知る限りにおいて
本作は最も素晴らしいホラー映画のひとつであります。
素晴らしいというのはつまり
映像、演出、脚本、SE(音楽)、俳優陣のすべてが、ほぼ完璧だということ。
それは映画の冒頭からすぐに分かります。
大好きな監督である、アラン・パーカーさんの手腕のなせる業です。
(監督の別作品『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』も是非!)

・・・えっと
本作について語るには、物語の “ オチ ” をネタバレしなければなりません。
そういう無粋なことはしたくないので、映画の詳細を語ることは控えます m(_ _)m
ただ
個人的には、数多あるホラー映画なんかよりもずっと怖い!


・・・「何がそんなに怖いか」って?

それは映画をご覧いただくしかないんです・・・ m(_ _)m







[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-15 00:12 | 映画・テレビ | Comments(4)

「葬」という文字

 
・・・「葬」という文字、皆様は何も見ずに書けますでしょうか?


以前私がお世話になっていた葬儀社時代
会社の経費を使って領収書を発行してもらう際、会社名を書いていただくのですが・・・

「『〇〇葬儀』でお願いします」と依頼すると
「ソウギってどんな字でしたっけ?」と尋ねられることが少なくなかったものです。

「草かんむりに死と書きまして・・・」

「・・・え? 死ぬ、の『死』ですか?」

少々驚かれることもしばしば・・・(笑汗)


・・・葬儀屋さんなら誰でも
「葬」という漢字に、妙な愛着感を持ってしまってるんですよね (^^ゞ
業務中以外でも
日常生活の様々な場面において、視覚的に「葬」という文字が目に飛び込んできただけで
条件反射的に意識が覚醒するというか、そこに意識が集中するものなんですよ。

            ♢

で、この「葬」という漢字。

この漢字の由来としていわれているのが
「古の昔、死者を埋葬する際は、草を敷いた上に御遺体を安置して、その上からまた草や葉で覆った」とされているようです。
つまり「葬」という漢字は
上下に草(艸)を置き、その間に「死(体)」が置かれている、と。

・・・ただ一方で
私個人として思っていることがあるんです。

「葬」という漢字のかんむりは「草かんむり」でいいでしょう。
「死」はもちろん亡くなられた方の身体(或いは魂)を意味するのでしょう。

しかし、その下の部分。
「廾」の部分を調べてみると・・・

「にじゅうあし」という部首だといえなくもない。
「にじゅうあし」などという名前ですが
その意味は「両手を揃えて物を奉げる」という意味なのだそうです。

仮にそうだとすると、です。
「葬」という漢字は
草で覆ったご遺体を、両手で天に捧げる様を表しているように考えられはしませんでしょうか。
死者の身体(或いは魂)を両手で天高く(神仏に)差し出すことで
その者の救済を願う様として「廾(にじゅうあし)」という部首が用いられている、と。


・・・あくまでも個人的な解釈です。
そのような学術的な説が有るか否か、私は存じません。
ただ個人的には
そのように考えた方が、「葬る」という意味をより端的に表しているような気がするんですよね・・・






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-13 15:12 | 思うに・・・ | Comments(2)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー