D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

デニス・ホッパーさんが・・・(泣)

私みたいな年代以上の方なら映画『イージー・ライダー』
私たちより少し年下ならツムラのCM“あひるちゃ~ん”
最近の露出で言えばテレビドラマ『24』(観てないけど)。

a0153243_12121729.jpg


でもやっぱり『イージー・ライダー』でしょう。
1969年発表の、アメリカン・ニューシネマの代表といわれた映画ですね。
ステッペンウルフの『Born To Be Wild』は、この映画のお蔭で有名になったようなもんです。
たしかにこの曲を聴いただけで、荒野のまっすぐな一本道をバイクが疾走する絵が目に浮かびますね♪
a0153243_12251156.jpg


本題から少々離れますが
私の頭の中では

  デニス・ホッパー
     ↓
  イージー・ライダー
     ↓
  自由・麻薬・フラワームーブメントなど
     ↓
  ヒッピー

と連想されまして・・・
すると、私が小学生だった頃に一年間だけアメリカにいた時、お隣に住んでいた三人組のヒッピーさんを思い出すのです。
毎日のように麻薬をヤリまくってて、いつもヘラヘラ笑ってました。
始めの頃は両親から
「絶対に関わらないように!」と言われてたんですが
私たち兄弟三人が学校の上級生から差別的なイジメを受けているのを見つけると、いつも助けてくれたんです。
「アメリカは、僕らにもキミたちにも自由な国のはずなんだ!」

・・・子ども心に(ヘンなクスリをやってるけど、良い人たちなんだ)って思いましたよね。
その後両親は御礼も兼ねて、自宅でパーティー(ってそんなカッコいいもんじゃないけど)に招待したんです。
“天ぷらパーティー”
“寿司パーティー”
今から約40年前です。
当時のアメリカには天ぷらも寿司も非常に珍しいものだったんです。
するとヒッピー三人組さん、大変にお気に召したようで(笑)
「マリオ(私のアメリカでのあだ名)、次はいつやるんだ?」
「“テンプゥラァ”の作り方を教えるよう、オマエのママに頼んでくれ」
とせがまれるようになりました・・・
(因みにその後何度か、近所の方を集めて「天ぷら作り方教室」が開催されました)

話を戻して
『イージー・ライダー』は、アメリカの理想としての自由と、その現実とのギャップを描いたものだと思うのですが、きっとこのヒッピー三人組さんにも多大な影響を与えたに違いないのです。


デニス・ホッパーさん、RIP m(_ _)m
天国で、ツムラのバスクリンを入れたお風呂で“あひる隊長”と疲れを癒して下さいな♪
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-31 12:43 | 映画・テレビ | Comments(6)

娘・1号『フェンダー・ストラト(メキシコ) POWERHOUSE』

やっとウチの長女をご紹介。
a0153243_0191773.jpg

                         このシリーズで22フレット仕様はなかなか無いみたい。

この子がウチにやってきたのは、もう10年ほど前になります。

メキシコ製ではありますが、れっきとしたフェンダーのストラトキャスターでございます。
このギターの特長は12dBのアクティブ・ブースト回路を搭載してまして、シングルコイル・ピックアップでありながら、かなりパワフルな音を出します♪
さすがにハンバッカー・ピックアップには敵いませんが、特にリアとセンターのハーフトーンで鳴らすと、一種独特の音がしますね。
一般的なシングルコイルの音よりも懐が深い音というか。
ま、悪く言えば
「これ、ストラトの音じゃないじゃん!」ってことにもなるわけですが・・・

ボディーはアルダー材。
・・・何故か知らんが、このギター結構重たいんです。
ウチにいる三人の子のなかで、一番重い。
しかしその分、低音の響きはピカイチ(さすがにレス・ポール系には敵わないけど)。
建造物に例えるなら
ウチのPRSが2×4の木造の家
GIBSON SGがカナディアン・ログハウス
で、ストラトが鉄骨造の二階建て・・・(かな?)

多分、ウチのこの中ではいちばんヘビィユースに耐えうるんじゃないかしら♪
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-31 00:36 | 音楽 | Comments(2)

映画『人生に乾杯!』

a0153243_22251219.jpg

                               画像、デカ過ぎますかね・・・(汗)

ハンガリーの映画ということで、ちょっと興味を持ったんで借りてみようということで・・・

年金暮らしの老夫婦が主人公。
とはいえ、支給される年金だけでは到底やっていけません(私たちも他人事ではない!)
借金取りが押し掛け、奥さんの大切にしていたダイヤのイヤリングを抵当に持って行かれます。
頑固で無愛想な旦那さんも、これにはさすがに参ったみたいです。
普段はロクな会話もない奥さんの、大切なイヤリングを取り返すべく、旦那さんは一念発起。
奥さんに黙って、強盗になります・・・!

しかし、元々が善人なので非常に紳士的な強盗さん♪
彼に襲われた銀行や店舗の方々、年金生活者である彼を何故か擁護し始めます。
やがて彼ら夫婦は、年金生活者のヒーローとしてマスコミに取り上げられるようになります。
そして必然的に、彼らの逃げ場は徐々になくなっていき・・・

「老後の生活」というのは、どうやら世界共通の問題のようで(汗)、映画を観る私たちも身につまされる思いに駆られます。
特にハンガリー映画ということで、共産主義時代からソ連の崩壊を経て徐々に民主化の道をたどるなか、その歪みが背景に見てとれます。
(昔のままの共産主義だったなら、老人たちの生活はどうだったんだろう)

・・・いやいや
私はコミュニストではございませんよ(笑)

映画のラストには、それなりの“どんでん返し”が待ち受けていますが
こと“老人パワー”という点では、以前に取りあげた邦画『大誘拐』には敵いませんな♪

ところで
ハンガリーって
旧共産主義国なのに、カトリックが大勢(67.5%)を占めてるんだそうな・・・

へぇ~
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-30 22:44 | 映画・テレビ | Comments(0)

お葬式は誰のため?

これまで私、前にお世話になった会社も含めると、何やかんやで1500件くらいのお葬式に携わってきたと思います・・・
で、お葬式の価値観も様々なわけです。

その“価値観”ということでいうと、大きく分けて次の3つに分けることができるのではないでしょうか。
①故人の遺志を何よりも優先する方。
②遺族としての希望(思い)を優先する方。
③対外的な体面を優先して重んじる方。

どれが正しいとか言うつもりはありません。
当事者にとって大切なことを優先するのは当たり前です。
ただ
この価値観(というか方針)が当事者の間で定まっていないと、ややこしいことになるんですね・・・

ご遺族のある方が
「亡くなったお父さんの為に」と言えば
ある親族の方は
「お前たち家族が楽なようにすすめるべきだ」と言い
別の方は
「オレの会社ではいつもこうするんだ」と言う。

・・・結果、妥協点がなかなか見出せないという事態に陥るわけです。

誰も悪くないんです。
皆、それぞれが“良かれ”と思ってモノを言います。
しかし一旦そこに矛盾が生じてしまうと、収集がつかなくなったりするんですね・・・

            ♢

こういうときの解決策ですが
やはり一番大切なことは、葬儀を執り行う責任者(=遺族代表者)がしっかりと舵取りをするしかないと思います。
周りから出てくる様々な意見をしっかりと聞いたうえで、最終判断を下すのは喪主である、と。
そしてもうひとつ。
周りの方も、アドバイスはよろしいのですが、必要以上にご自分の意見を強制しないことです。

よくあるんですよ。
まだお若い方が喪主を務められるケースなど
年上の叔父様とかが
「〇〇君、君は知らんだろうがこういう場合はこうこうすべきなんだぞ」とかアドバイスがあったりします。
すると、若い喪主様は
「あぁ・・・そうですか・・・そうかもしれませんね・・・」
などと押し切られてしまう。
仕方ないんですよ、喪主様の立場になれば。
だからそこは
周りの先輩諸氏が本当の意味での先輩として、ごり押しするのではなく「こういう考え方もあるよ」という程度におさめていただければ、と。

人生の先輩としてすべきことって
アドバイスもよろしいのですが
それ以上に
当事者の“心の支え”になっていただくことだと思うんですよね・・・
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-29 14:00 | 葬儀 | Comments(1)

PRSの弦を替えてみた。

この2~3週間、本業がめちゃくちゃ忙しくて、ギターもロクに触ってませんでした。
おかげで一気に弦がサビちゃった・・・

ということで、今日は久々にノンビリですので、弦の張り替えついでにお掃除もしてあげましょう。

今回張る弦はいつもと変えてみました。
a0153243_1305258.jpg

                         いつも使ってるERNIE BALLの『SUPER SLINKY』

a0153243_1311770.jpg

                      今回お試しの、同じくERNIE BALLの『HYBRID SLINKY』

ウチの会社の社員から勧められまして、一度使ってみようかな、と。

ギター好きには常識ですが
いつも使ってる『SUPER SLINKY』は、エレキギターの弦のなかでもかなり細いセットです。
       ↓
.009 / .011 / .016 / .024 / .032 / .042

これに対して『HYBRID SLINKY』はというと
       ↓
.009 / .011 / .016 / .026 / .036 / .046

4~6弦が太くなってます。

なぜ“ハイブリッド”かというと
同じシリーズの『REGULAR SLINKY』の4~6弦を踏襲するからですね。
       ↓
.010 / .013 / .017 / .026 / .036 / .046


私の娘3号である『PRS 20th Anniversary Model』(別名:二十歳のアニーちゃん)ですが
中高音の伸びはピカイチなんですが、低音の響きがほんの少し弱い印象なんですね。
で、ここはひとつ小さな冒険をしてみましょう、ということで。

・・・まだ張り替えたばかりなのですが
たしかに低音のズッシリ感は増してます。
特にオープンコードを“ジャラ~ン”と鳴らしてみると、低音の音圧が増してます♪
しばらくこのパターンで行ってみようかと思います~

a0153243_13225959.jpg

                   弦を張り替えてもらって、『告白』を読みながらマッタリする娘・3号
                           (オマエ、本が読めるのか???)
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-29 13:25 | 音楽 | Comments(2)

貧乏ヒマなし。

今日もまた、(一応)経営者である私メ自らお葬式の担当でした。
つまり今日もまた、現場は結構忙しいということですね。
お通夜を終えて帰ってきたわけですが・・・

やっぱオレ、歳とったなァ~(泣)
昔はもっと馬力があって、かなりハードな状況でのお仕事もこなしてきたつもりなんですが
何せ身体がついてきませんわ(恥)
足腰はふらつくし、重いものを持つときもいちいち気合いが必要。
運動不足もあるのでしょうが
でもやっぱり体力は落ちたなァ・・・

というわけで
明日のお葬式本番に備えて、今日は早々と寝ます。
お客様にご迷惑をかけないよう・・・

おやすみなさい<(_ _)>
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-26 21:01 | 思うに・・・ | Comments(0)

『OURSONG』 原田真二

a0153243_14131132.jpg

                          思春期の思い出の曲なんです・・・(照)

ご多聞にもれず、私も思春期の頃は色々と悩み、考え込んだりしてたわけです。
そんなタイミングで原田さんはこの曲をリリースされました。

1978年11月リリース。
作詞作曲・編曲ともに原田さんご自身が手掛けています。
つまり原田さんが19歳の時の作品。

おそらく、原田さん自身にとってもファンにとっても、とても大切な曲なのではないでしょうか。
いわゆる“マイルストーン”的な作品。
この作品で、原田さんは自分の進むべき道を示したという意味で。

どう考えても
シングルカットするような曲じゃありません。
アルバムの最後あたりにもってくるべき曲でしょう。
きっと周りのスタッフからは反対の声が上がったに違いありません。
当時の原田さんの置かれていた環境から考えて、もっとキャッチーな曲をシングルにすべきだったでしょう。

でも
それはあくまで商業ビジネスとしての話。
(結果、商業的にはイマイチだったとおもいます・・・)

歌詞の中に出てくる
『僕は託すだろう、この歌に明日を』
というのは、彼の決意表明でもあったのでしょう。

とにかく美しい曲です。
いきなりストリングスのみのイントロから
(当時彼のオハコの)ピアノの弾き語り
間奏部分からはじめてリズムセクションが入って
ハープのアクセントが何とも優しい♪

曲展開のアプローチは、やはりビートルズ的と言えましょう。

彼については何度も言いますが
「洋楽のパクリ」と揶揄する向きに対して私は言いたい。

じゃ、当時の日本のアーティストで
洋楽を自分のものにする方がどれだけいらっしゃったでしょうか、と。
しかも当時、まだ未成年ですよ・・・

「原田真二?あぁ~いたなぁそんな人。一発屋だっけ?」

食わず嫌いはいけません。
ちゃんと、彼の作品を聴いてから判断しましょう。
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-25 14:46 | 音楽 | Comments(0)

ラッシャー木村さん、RIP

昭和プロレス界の巨星・落つ・・・

数々の逸話を残されたラッシャー木村さん。
国際プロレス時代から知っている私たちの世代は、木村=流血試合のイメージでした。
金網デスマッチなんて、当時は国際プロレスでしか見たこと無かったし。
『週刊プロレス』で見る限り、国際プロレスという団体自体が、私にとってはアンタッチャブルな世界でした・・・。
だって、何か分かんないけど怖いイメージだったんだもん・・・
a0153243_0222315.jpg

                          国際プロレスのメンツ、あらためて見るとスゴイ面々!

それが国際プロレス解散という事態を経ると
アニマル浜口(今じゃ子煩悩なお父さん)&寺西勇とともに新日本に参戦。
テレビでの露出もあって、この頃から一般的にも知られるようになりました。

しかしやっぱり
ラッシャー木村選手にとっての“我が世の春”は全日本時代でしょう(笑)
いわずもがなのマイク・パフォーマンス♪

偶然の産物“こんばんは事件”を機に、その面白さで一気にブレイク!

ジャイアント馬場に対して
「オマエ、ジャイアント・コーン食べてるな!」とか
「オレは正月に餅を食い過ぎて餅肌になっちゃったよコノヤロー」とか
(この記事を書きながらウィキペディアで検索したら、一杯エピソードが載ってました♪必見!)
a0153243_0151617.jpg

                                  馬場、笑ってるし・・・(爆)

まっすぐで
正直で
プロレスバカだった木村さん。
ホントに良い人だったのでしょうね・・・

今頃は天国で
憧れのジャイアント馬場さんに再会して話しかけているのでしょうね・・・

「オイ兄貴ィ~!オレもとうとうここまで来たぞコノヤロ~!
オレはずっと会いたかったんだよ兄貴!
これからも仲良くして下さい(ペコリ)」

本当に
心からご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-25 00:27 | 格闘技 | Comments(2)

『MOVING WAVES』 FOCUS

a0153243_22591199.jpg

                      “ライララ、ライララ、ラッパッパァ~”で有名(有名、か?)

カナダの生んだ偉大なバンドがラッシュなら、オランダ代表はこれでしょ♪
基本的に歌詞のない曲ばかり演奏しますね。
インスト・バンドと言っていいのでしょうが、フロントマンのタイス・ヴァン・レアーの声は入ります。
それが例えば有名な『Hocus Pocus』のなかで聴けるヨーデル(上記の“ライララ~”です)。
・・・ロックにヨーデルってどうよ・・・

このバンドで注目すべきは
やっぱりギタリストのヤン・アッカーマン大先生。
エリック・クラプトンが尊敬してやまない、そして同郷のエドワード・ヴァン・ヘイレンが自らのアイドルとして崇める、超絶技巧派ギタリスト。
以前取りあげたアラン・ホールズワースと並んで、技巧派という点では二大巨頭と言っていいでしょう。

この方のギターはイギリスの偏屈おじさん・アランとは違って非常に分かりやすいというか、よりロック畑のフレーズです。
普通にスゴイ(って、普通じゃないから凄いんだけど・・・)
彼の演奏、速い速い!
曲のピッチがどれだけアップテンポになろうと、彼なら絶対についてくるだろうなァ。
しかもキャッチーなフレーズがしっかりと組み込まれていて、聴く人を“置いてけぼり”にしません。
ちゃんと楽しませます。
(対するアラン・ホールズワースの場合は聴衆を無視する傾向も・・・?)
何故アランおじさんと対比するのかというと、奇しくもお二人、同い年だから。

彼の演奏テクを見て
私たちは自分の手をじっと見つめて思うのです。
(オレにゃあんな手は付いてないんだよなァ・・・)
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-23 23:20 | 音楽 | Comments(2)

伊藤大有司祭のミサ

今日、カトリック教会歴では聖霊降臨の祝日(ペンテコステ)と定められています。
で、名古屋は千種区にあるカトリック東山教会のミサに行ってきました。
自分の所属する教会ではない教会に何故行ったのかというと
聖霊降臨ミサの後、この教会でお葬式を承っているからなんですね。

で、
先頃(3月)に新しく司祭となられた、伊藤大有神父様が東山教会より招かれて、このミサの司式をされました。
a0153243_1225864.jpg

                              説教をする伊藤大有司祭
なかなか良い説教でしたね~♪

以前にもこのブログで取り上げましたが
私、伊藤神父様のことは子供の頃から知っているわけです。
同じ教会ではありませんが、各教会の教会学校のつながりで知っていたという。
彼、これまでの道のりはなかなかに長いものでした。
本人としても、色々と悩み抜いた末でこの道を選んだのでしょう。

一般的には結構知られていないことですが
カトリック司祭の場合、結婚できないんですね。
「生涯独身を貫く」というのが大前提です。
「貞潔」と「従順」を誓うわけです。
正直
内心(よう決意したなァ)というのがホンネ。

兎にも角にも、精一杯頑張ってほしいものです・・・
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-23 12:10 | キリスト教 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー