D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

カテゴリ:格闘技( 4 )

ウィレム・ルスカ氏 逝去

 
今日になって知りました・・・
バレンタインデーにお亡くなりになられていたとは・・・<(_ _)>

→ ニュース記事

※ 記事では「ビレム・ルスカ」と表記されていますが
  私たちの時代では「ウィレム・ルスカ」と呼んでおりましたので、こちらで。


アントニオ猪木との異種格闘技戦があったのは、1976年。
この年、私は(多分)小学校6年生。

当時は全日本プロレス(=馬場)と新日本プロレス(=猪木)それぞれが
日本テレビとテレビ朝日で、毎週ゴールデンタイムにテレビ中継があったものです。
我が家はテレビ鑑賞にうるさくて
「プロレスはどちらかひとつしか見ちゃダメ!」だったので ^^;
私はテレビ朝日(=新日本『ワールドプロレスリング』)を観てました。

たしか
小学校卒業間近で、卒業文集の編集委員みたいなことをやらされていて
あの頃の私は毎日、結構帰宅が遅かったんです。
でも、あの日はちゃんとテレビの前に座れた。

・・・ウィレム・ルスカ、何か不気味に映ったもんだよなぁ・・・

もちろん私は猪木を応援してましたよ。
柔道のことなんて何にも知らないし
“ オランダの赤鬼 ” などといわれてもピンとこなかった。

で、試合が始まってみると・・・

a0153243_01234536.jpg
ロープ際の猪木を中央に来るよう手招きするルスカ


いかんせん「プロレス」という土俵で闘うには、ルスカにとってはあまりに不利だったように思います。
柔道スタイルのルスカに、プロレスのリングは狭すぎたようだし
猪木は道着を着ていないので、ルスカは要領が掴めなかったのではないでしょうか。

まァ何だかんだ言っても
後日、ミスター高橋は「あれは予め勝敗の決まっていた試合だった」と証言してたんですけどね・・・

それを言っちゃ~身も蓋も無いんですけど ^^;

ただミスター高橋はこうも述懐している。
「少なくとも自分の知る限り
喧嘩をさせたら最も強いのはルスカだ」と。

・・・時代は異なりますが
ルスカと木村政彦とがガチで闘ったら、どっちが強かったんでしょうね・・・


日本のプロレス黄金時代を支えてくださったウィレム・ルスカさんの
魂の安息と平安をお祈りいたします。






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-16 01:26 | 格闘技 | Comments(0)

アブドーラ・ザ・ブッチャーに学ぶ

 
悪役レスラーの代表格、アブドーラ・ザ・ブッチャーが引退されるとのこと。

彼独特の奇声
専売特許である『地獄突き』
相手選手に躊躇なくフォークを突き刺す残虐ファイト(汗)など
古き良きプロレスファンにはお馴染みのキャラクターでした。
そのくせ、そのご尊顔はというとツブラな瞳の持ち主で(笑)
(コイツ、ホントはとっても良いヤツなんじゃないの?)とか思って見ていました。

a0153243_14502355.jpg


しかしですヨ
御歳70才まで現役を続けられたことの方が驚きです・・・!
身体を張ってリングのうえに立ち
観客を魅了するファイトを見せ続けることがいかに大変だったことか・・・

ニュースによりますと
最近のブッチャーは尾てい骨を痛められて手術をされたそうです。
それでも補助歩行器を使わないと歩けないという状態でありながら
何と一昨日、試合に出られたそうです・・・(驚)
さすがにリングには上がれなかったそうですが
リングサイドで相手選手に “ 伝家の宝刀 ” 地獄突きを次々とお見舞いしたという・・・

・・・何だか微笑ましいというか
プロレスファンのひとりとしては、感慨深いものがあります。

            ♢

体力の低下をひしひしと実感する今日この頃。
(オレもあと数年で50才だもんな~)などと諦念しつつあったのですが・・・

・・・甘えてました・・・!

70才までリングに上がりつづけられたブッチャーさんに比べれば
私なんぞはまだまだヒヨッコでございます<(_ _)>

「疲れた」
とか
「えらい」
とか
ムチャクチャ贅沢ですよね。

働ける身体があって
働かせていただける環境があって
何を私は不平を漏らしていたのでしょう・・・(恥)

ちょっとだけアドレナリンが出てきたゾ ♪

まだ複数のお葬式を抱えている状態ですが
ブッチャーさんに恥じないよう、もうひと踏ん張りしなくては!


偉大なるヒール、ブッチャーさんに敬意を表して

キエェェェ~ッ
[PR]
by dscorp-japan | 2012-01-04 00:05 | 格闘技 | Comments(2)

ラッシャー木村さん、RIP

昭和プロレス界の巨星・落つ・・・

数々の逸話を残されたラッシャー木村さん。
国際プロレス時代から知っている私たちの世代は、木村=流血試合のイメージでした。
金網デスマッチなんて、当時は国際プロレスでしか見たこと無かったし。
『週刊プロレス』で見る限り、国際プロレスという団体自体が、私にとってはアンタッチャブルな世界でした・・・。
だって、何か分かんないけど怖いイメージだったんだもん・・・
a0153243_0222315.jpg

                          国際プロレスのメンツ、あらためて見るとスゴイ面々!

それが国際プロレス解散という事態を経ると
アニマル浜口(今じゃ子煩悩なお父さん)&寺西勇とともに新日本に参戦。
テレビでの露出もあって、この頃から一般的にも知られるようになりました。

しかしやっぱり
ラッシャー木村選手にとっての“我が世の春”は全日本時代でしょう(笑)
いわずもがなのマイク・パフォーマンス♪

偶然の産物“こんばんは事件”を機に、その面白さで一気にブレイク!

ジャイアント馬場に対して
「オマエ、ジャイアント・コーン食べてるな!」とか
「オレは正月に餅を食い過ぎて餅肌になっちゃったよコノヤロー」とか
(この記事を書きながらウィキペディアで検索したら、一杯エピソードが載ってました♪必見!)
a0153243_0151617.jpg

                                  馬場、笑ってるし・・・(爆)

まっすぐで
正直で
プロレスバカだった木村さん。
ホントに良い人だったのでしょうね・・・

今頃は天国で
憧れのジャイアント馬場さんに再会して話しかけているのでしょうね・・・

「オイ兄貴ィ~!オレもとうとうここまで来たぞコノヤロ~!
オレはずっと会いたかったんだよ兄貴!
これからも仲良くして下さい(ペコリ)」

本当に
心からご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by dscorp-japan | 2010-05-25 00:27 | 格闘技 | Comments(2)

今日、『プロレスの日』なんだそうです。

今朝自宅から出てクルマのエンジンをかけると、ナビが教えてくれました。

『今日は2月19日、プロレスの日です』

・・・へぇ~、そんな日なんだ。

で、事務所に来てネットで調べてみるとこういうことでした。
「昭和29年(昭和30年という説もあるそうな)2月19日、蔵前国技館で、世界タッグ・チャンピオン・シャープ兄弟vs.力道山・木村政彦組が闘った日」で、これが日本ではじめて興行された本格的なプロレスの国際試合なんだそうです。

私もまた、幼少の頃はプロレスに熱中しておりました。
必死こいてテレビの前で応援していると、横から父親が「こんなもん八百長だ」とほざきやがったもんです。

イタイケな子どもの夢を。。。(怒)

そりゃ、自分も成長してくるにつれて気付きますよ。

(あれ?相手の選手、技をかけられるのを待ってないか?)
(おぉ?技が失敗したもんだからお互いお見合いしちゃってら)

人によっては「プロレスはサーカスみたいなもんだ」と仰います。
ちゃんと事前に打合せが出来ていて、それをリングの上で“演技”するのだ、と。
だから「プロレスはスポーツじゃない」とも。

でも私はこう思います。
仮にプロレスが打ち合わせ通りに筋書きがあるのだとして、それで即「スポーツではない」というのは少々違うような気がするんです。
だったら、今行われているオリンピック。
フィギュアスケートとか、あれも筋書きがある“演技”ですよね。
あれはスポーツと呼ばれています。
そして演技を観る私たちは、それが上手く行ったときにはヤンヤの歓声を送る。
プロレスもまた、そういう見方があっていいんじゃないでしょうか、と。

たとえば、タイガーマスク(初代)対ダイナマイト・キッド。
八百長だろうと演技だろうと、そりゃ~素晴らしかった♪
だって、当たり前だけど僕らあんなの出来ないもん。

ここは、日本にプロレスの礎を築かれた力道山先生に敬意を表して、しばしTouTubeでプロレス動画を観て楽しみましょうね、と♪
[PR]
by dscorp-japan | 2010-02-19 14:49 | 格闘技 | Comments(2)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31