D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

2017年 10月 29日 ( 1 )

突発性難聴

 
・・・相変わらず忙しいのです。
葬儀屋さん的にはこの時期、比較的忙しくないはずなのですが
たまたまというか、お葬式の依頼が止まらない状況なのです。
正直、ホントに寝る間もないほどに忙しく動き回っております。


・・・で
実はこの忙しさの背景に、もうひとつ理由があるんです。

本人から承諾を得たので正直に申しますが
ウチのスタッフのひとりが、今月初めより現場から離れているんですね。
『突発性難聴』です。
今月の初頭のある朝、本人からメールで連絡があり
「ひどい眩暈で、起き上がることもままならない」とのこと。
すぐに病院に行って
脳のCT検査や聴力検査などした結果(おそらくは)突発性難聴との診断が。

・・・最近、よく耳にする病名ですよね。
芸能人の方のなかにも結構いらっしゃるようですし
知り合いの病院に訊くと、結構多くの方が突発性難聴に苦しんでいらっしゃるとのこと。

本人曰く
「最悪、耳が聞こえないとか耳の奥に違和感があるのは我慢する。
でもこの眩暈だけは何ともならん!」とのこと。

直立を保つのが難しい
車の運転が出来ない
継続的な眩暈と断続的な吐き気

・・・現場の仕事、無理ですよね・・・

            ♢

ウチは超零細企業です。
包み隠さず申しますと
葬儀担当の出来る人間は私を含めて4名です。
今月はじめより、その貴重な4名のうち1人が欠けた状態になったわけです。

正直、これはキツいですよね・・・

「そういうことがあっても仕事に支障が無いように体制を考えるのが経営者だろう」

全くその通りなのです。
私の、会社経営者としての能力不足が今回の事態を招いているのであります。
これには何の言い訳もできません。


「人材」という言葉を「人財」と置き換える表現があります。
まさに従業員は「人財」であります。
スタッフは皆、会社の貴重な「財産」に他なりません。
今回私は
この当たり前のことを、身に染みて実感しているところでございます。


有難いことに
当の本人も、症状が軽いときには会社に出てきてくれたりしております。
ちょっとしたお手伝いもしてくれています。
ただこの病気、一朝一夕で治るという類のものではありません。
可能な限り無理をさせずに仕事をこなす為には
現状、残りのスタッフで切り盛りしていくしかないというわけです。

I君の病状が少しでも早く良くなるよう
今は祈りつつ、会社としても出来るだけケアサポートをしていくばかりなのであります。







[PR]
by dscorp-japan | 2017-10-29 18:41 | あったこと | Comments(7)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31