D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

私がなぜカトリックなのか。

私の場合、父方が代々続くカトリックの家系でして、私が生まれて間もなく(私の意思など関係なく)洗礼を受けさせられました(これを『幼児洗礼』といいます)。
ところが洗礼を授けておきながら、私の両親は私を一向に教会へ連れていくことがありませんでした。
つまり、私の両親はそれほど熱心な信者ではなかったということです。
自分がカトリックで『ペトロ』という洗礼名であることは知っていましたが、その他のことは何も知らないし何もしていませんでした。

ときは流れ、私が高校二年生の頃。
いろいろと考えるところがありまして、この頃学校帰りに毎日のように本屋に入り浸って、宗教書や哲学書を読み漁っておりました。
色々な考え方を、若いなりに吸収したかったということです。

仏教とは何ぞや?
イスラムって何?
キリスト教はなんでこんなに血塗られた歴史なの?

で、結局自分で出した結論が「カトリックに決めた」でした。

私の潜在意識の中に、元々の自分の宗教を擁護する意識があったのかどうかは分かりません。
でもとにかく、この頃から本当の意味でのカトリック信者になった、と自覚しています。

人間にとって宗教は必要なのか、私は分かりません。
ただ私にとっては必要だったということだと思います。
もっと言えば、自分にとってはカトリックが『都合が良い』ということなのかもしれません。
或いは単純に「好き」というだけかもしれません。

・・・ひとつだけ言えることは、私の中にある『原罪意識』を救ってくれるのがカトリックである、ということだけは間違いありません。
幼い頃から常に(自分は悪い子)(自分は罪深い人間だ)という意識が強かったので(恥)

(。。。おいオレ!成長過程で何かあったのか?。。。)

だから、私にとってのカトリックの価値は『赦し』なんです。。。
[PR]
by dscorp-japan | 2010-02-11 21:38 | キリスト教 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30