D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『ハイチ大地震』

・・・私は猛省しなくてはなりません。

ハイチ大地震が発生してから、すでに一週間以上が経っているのに、今さらこの話題。
でも、「遅い」ことはあっても「遅すぎる」ことはないなず。

先日ブログで紹介した、豊田の『カトリック聖心教会』で神父様と話をしていた時、当然ですがハイチ大地震の話にもなりました。
そこの教会ではすぐに『ハイチ大地震支援のための特別献金』として、専用の封筒が用意され、献金箱が作られていました。

「私たちがこうしている間にも、現地では一分一秒をあらそう『命』の攻防が起きている。
こうやって教会の皆さんに呼び掛ける時間さえもが惜しい。
とにかく『スピード』なんだよ。
早く、早く!」

『対岸の火事』とはよく言ったものです。
私を含めて、実感がなさすぎる。
そこに自分の大切な人がいたなら、果たして自分はこんなに安穏としていられるのか。

「キリスト者として、勿論『祈ること』は大切。
でも、現地の人はそんなもの求めちゃいない。
私たちが今何ができるかを考えたとき、結局は『お金』しかないんだよね。
勿論、現地で救助活動ができればいい。
でも、出来ないでしょ。
やれないでしょ。
イエス様が教えて下さった、自分の身を『割く』というキリスト教的精神が実践できないのであれば、あとは自分の『何』を割くことが出来る?
傍観者のエゴだと言われようと、『お金』が繋ぎとめる命も、たしかにある」

・・・神父様は、そう仰りたかったのだと思います。
[PR]
by dscorp-japan | 2010-01-20 17:58 | あったこと | Comments(2)
Commented by uonakaji at 2010-01-21 23:24 x
正直、国力の差を感じます。
神戸震災のような大災害でも餓死者は出ない、早く食べ物もってこいと詰め寄る、仮設住宅はすぐ出来る、使い切れない救援物資が届く、食べきれない食料が届く。そもそも建築法が厳格でビルは倒れにくい。
しかし同じ人間として何も出来ず目先の仕事に追われていることはある意味恥ずべき怖いこと。
Commented by dscorp-japan at 2010-01-22 00:43
☀uonakajiさんへ。
『国力の差』、まさにその通り。
少し話が違うが、私が中学生の頃、私の親父が勤務していた「愛知県コロニー」という医療施設に、当時始まった日本テレビの『24時間テレビ』から、移動用風呂付自動車が進呈されたそうな。
正直『無用の長物』だったそうで、迷惑以外の何物でもなかったとか。
純粋な気持ちで寄付した多くの方の気持ちが、スポンサーの兼ね合いかなんか知らんが、寄付金があっち都合の品物に変わって押しつけられるというのはどうなのか、と当時思いましたわな。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30