D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

現代カトリックは “ 異端 ” なのか

 
→ ネタ元のニュース記事はコチラ


まず
私は、第二バチカン公会議(1962~1965年)の真っ最中に生まれた人間です。
カトリック教会の大転換期を迎えたときに生を受けた人間ということです。
「それがどうした」ということでもないのですが
つまり私は、第二バチカン以前のカトリック教会を肌で知る人間ではないということです。
だから、というわけではありませんが
私が高校生の頃、第二バチカン公会議に対する肯定派と否定派それぞれの考え方や根拠について、私なりに薄っぺらくも勉強したつもりではあります。
そのうえで
私は私自身の考え方に基づいて、肯定派・否定派それぞれの良いところと思われる部分を取り入れて、自分の信仰を構築しているつもりです。


・・・私は思うんです。
キリスト教に限らず、ですが
宗教の現実的な役割って「人間の救済」であるはずじゃないですか。

「十戒を守れ」
「聖書に従え」
もちろん正論です。
でも
じゃ、それらの教えを完全に遵守出来ている人間がどれだけいるんでしょう。
少なくとも、私はまったくダメです。
保守派の方々からすれば、私などとっくに「破門」なのです。

イエス様がこの世に生を受けて
十字架に架けられたのは、罪人を「切り捨てる」為ではなかったはずです。
でなければ「罪の贖い」という考え方自体が否定されてしまうような気がします。

「離婚や再婚はダメ」
LGBTは容認できない」

でも実態として
それらの方々だって、ミサに与っていらっしゃるわけじゃないですか。
人には言えない苦しみや悩みを抱えて
神に依りすがろうとしてるわけじゃないですか。
それが
現代を生きる私たちそのものなわけじゃないですか。


異端かどうかなんて、この際どうでもいい。
大切なことは
「私たちは皆、罪人です」という自覚なんじゃないでしょうか。

「不完全な私」
「罪を犯し続ける私」
それを自覚したうえで、私たちは神に依りすがるのだと思うんです。

キリストの代弁者としての教皇フランシスコは
不完全で罪深い私たちを「切り捨てない」ために、さまざまな救いの手を差しのべて下さっているのだと思います。

罪を容認するのではもちろんなく
罪深い自分を自覚してなお、神に依りすがろうとする私たちにこそ目を向けて下さっているのだと。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。
わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書:2章17節)






[PR]
by dscorp-japan | 2017-09-28 16:00 | キリスト教 | Comments(6)
Commented at 2017-09-28 19:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 牧政 at 2017-09-28 23:02 x
久ぶりです。今月も九州に帰りました。用事はもちろん葬儀のため。
「神の母聖マリア、わたしたち罪びとのために、今も、死を迎える時も、
お祈りください。アーメン。」
このお祈りが身に、心に残りました。
Commented by pga2152 at 2017-09-29 00:16
現代や過去のカトリックは、異端では無いと思います。LGBTは、認めても、良いと思います。
Commented by dscorp-japan at 2017-10-05 16:09
☀******さん。
私もまた
罪人に寄り添って下さるパパ様の想いに救いを感じます。
Commented by dscorp-japan at 2017-10-05 16:10
☀牧政さん。
大切なご兄弟の
永遠の魂の安息を、心からお祈りいたします。
Commented by dscorp-japan at 2017-10-05 16:11
☀pga2152さん。
私も同意見です。
それが異端だというのなら
「私は異端で結構ですよ」というのが本音です。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31