D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『 キリスト教のリアル 』 松谷 信司

 
基本的に
私の読む本は、専ら娯楽小説であります。
いわゆるハウツーものとか、お勉強系は苦手(勉強嫌いですから)。
新書サイズの本を手にすることも、まず無い人間です。

しかしながら
何かとお世話になっている方の書かれた書籍、しかもキリスト教を題材にした本ということで、出版から一年以上経ったところではありますが手に取ってみました。

a0153243_15352183.jpg
なかなか面白かったので、画面いっぱいに宣伝しときました(笑)


日本人の0.8%しか知らない「キリスト教」
近年、様々なメディアでキリスト教が取り上げられているが、その多くが「(日本における)現場・現実」と接点のない、「歴史や教養」のひとつとして語られることが多い。
日本に約0.8%いると言われているクリスチャンや牧師・神父の現状を書いた、「キリスト教の今」を知るための一冊。
(書籍背表紙説明より)



本書の著者である松谷信司さんとの交わりのきっかけは
盟友:はるさん(『株式会社シャローム』代表取締役)からのご紹介でした。
キリスト教葬儀について研究・情報や意見の交換を行うネット上の任意団体『キリスト教会葬儀研究所(CCFI)』のメンバーとして、何度もネット会議を通じていろいろとお世話になっております。
彼が旗振り役となって開催されてきた『いのり☆フェスティバル』にも参加させていただき、私としてはお世話になりっぱなしなのであります (^^ゞ
お世話になりっぱなしなので
彼の所属するキリスト新聞社の発行する『キリスト新聞』に、時折寄稿させていただいておる次第であります。


さて、本書について簡単にご説明です。

本書は前半(第一部)が、今日の日本におけるクリスチャンたちの生活や実態、もっといえば「クリスチャンあるある」について語られます。
そして後半(第二部)が、実在の牧師先生や神父様による対話が掲載されています。

第一部で語られる、今日の日本のクリスチャンの実態について申しますと
やはりまず、同じクリスチャンである私からすると、終始ニヤニヤしながら読み進められるものでありました ♪
ただ同じクリスチャンと言っても
私はカトリック信者であり、プロテスタント信者の皆様の実態については知らなかったこともあったりして、そこは勉強にもなるものでした。
・・・同じクリスチャンでも
教派の違いによる小さな差異みたいなものって、結構あったりするんですよね~

そして第二部。
ここでは、各教派から集まった4名の牧師・神父による “ 歯に衣着せぬホンネ ” が次々と語られます。

集まった牧師・司祭がまた面白い ♪
単立『ともにチャペル』の森 直樹先生
日本のキリスト教世界では有名なバンド『牧師ロックス』を組む関野和寛先生
とってもお若い女性牧師の川上咲野先生
そして我がカトリックからは
カリスマ神父として名高い、晴佐久昌英神父様
彼らが一堂に会して
それぞれの教派に仕えながら、日々の生活や思うところを余すことなく語り合います。

牧師先生や神父様の「ホンネ」って
訊こうと思っても、なかなか聞けないじゃないですか。

(神に仕えるってどういうこと?)
(よくもまぁ牧師とか神父とかになる気になったなぁ)
(毎日何して暮らしてるの?)

クリスチャンである私たちでさえ、知らないことって沢山あるんです。
そういう意味では
私たちクリスチャンもまた “ 外野 ” の人間なのかもしれません。
そんな私たちの疑問が
本物の牧師先生や神父様の口から語られるのですから、面白くないはずがないのであります。


・・・ただひとつ、敢えて申しますが
ここに集った方々って、何気にエキセントリックなメンツだったりするんです。
私は直接お会いした頃はありませんが
たとえば関野先生なんてエキセントリックを通り越して、もはや「ファンキー」じゃないですか(笑)
そういう方々の語るホンネが
他に数多いらっしゃる牧師先生や神父様のそれと同じかというと、そこは何とも言い難いところではあると思うんですよね・・・

しかし一方で
牧師や司祭職になられた方々って、元よりエキセントリックといえばそうなのかもしれない。
・・・普通、牧師や神父に何てなろうとなんて思いませんもん。
(私も諦めたクチです)

まぁね
ここに登場される先生方の語られる言葉は、あくまでも「一例」と捉えるスタンスで読み進められれば良いのではないでしょうか。

少なくとも本作、私は非常に面白かったデス ♪
キリスト教に興味のお有りの方
すでにクリスチャンでいらっしゃる方々も含めて、是非ご一読をお勧めします。

最後に

一年前に行われた、本作の出版記念感謝礼拝&トークイベントの動画がありますのでご紹介しておきます。










[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-23 00:00 | | Comments(5)
Commented at 2017-07-23 01:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2017-07-25 00:13
☀******さん。
書ける範囲のことで記事にしてみますので、ご一読ください。
Commented by dscorp-japan at 2017-07-25 00:15
☀pga2152さん。
ここで記事とは関係のない第三者の個人名を表記することはお控えください。
申し訳ありませんが
該当するコメントは削除させていただきます。
Commented at 2017-07-30 19:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2017-08-01 14:34
☀******さん。
・・・一言だけ申し上げます。
「全くその通り!」
(これでお分かりいただけると思います)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31