D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『 A Man I'll Never Be 』 ボストン

 
超のつく秀才:トム・ショルツ。
(少なくとも理系では世界最高峰のマサチューセッツ工科大学出身ですから)
電子工学の知識を生かして
デビュー前から自宅にプライベートスタジオを作っちゃうし
『 Rockman 』というブランドでギターアンプやエフェクターを製作しちゃうし。
ある意味において
トム・ショルツとは、究極の “ 音楽ヲタ ” なのでありました。
だから40年以上のキャリアであるにもかかわらず
発表されたアルバムは(ベスト盤を除いて)たったの6枚という・・・^^;

a0153243_16413633.jpg
若い頃の(笑)トム・ショルツ氏


彼の率いる(というか、半ば彼個人のプロジェクト)であるバンド『ボストン』の名声は
もちろん彼の作り出す楽曲の素晴らしさもあるのですが
彼の生み出したギタートーンによるところも少なくないと思うのです。
『ボストン』の音楽性は(当時の音楽業界の流れもあって)「産業ロック」などと言われたものですが
トム・ショルツの生み出した独特のギタートーンは産業ロックの、ひとつの「顔」のような存在だったような気もします。
だからこそ
彼のギタートーンが出せるエフェクターとして、当時『 Rockman 』というブランドが成立したのだと思います。


今回は
そんなトム・ショルツが紡ぎだす、独特のギタートーンを堪能できる曲をご紹介。
これは初期ボストンの
というか、これまでのボストンのキャリアの中でも最も美しいとされるバラード。




ギタリストであるトム・ショルツが
敢えて、ギターイントロ無しでピアノとヴォーカルからはじまる曲としたところに、彼のセンスが伺えます。
彼はバンドのプロデューサーであり、コンポーザーであり、アレンジャーであり、ギタリストでありますが
他の多くのギタリストとは異なり、殊更に自分が前に出ようとする意識は少ないです。
音楽を演奏する際には、バンドのワンパートとしてのギタリストに徹するという感じ。
ギタリストの立ち位置という点においては
ボン・ジョヴィのギタリスト:リッチー・サンボラと似ていると言えるかもしれません。

今回の曲はバラードとしてエヴァーグリーンであることは間違いないのですが
特にトム・ショルツが好きな人間にとっては
この曲間に聴かれる、彼独特のギタートーンとそのメロディに惹かれるのであります。





[PR]
by dscorp-japan | 2017-07-21 16:43 | 音楽 | Comments(1)
Commented by pga2152 at 2017-07-22 01:32
YouTubeを見ながら、思ったのですが、台湾式の葬式をやってみるのもアリだなと思いました。私が死んだら、台湾式の葬式にして欲しいです。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31