D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

葬儀研修会 『 死を迎える準備 』

 
少々現場が多忙でしたので、記事のアップが遅れました m(_ _)m

a0153243_01284153.jpg
主催教会に掲示されていたポスター


えっと
このテーマを決めたのは私ではありません。
・・・ただ、ちょっとだけストレート過ぎる表現、ではあるかと ^^;

とはいえ
お話させていただいた内容は、まさにこのテーマ通りでなのであります。

お葬式に対する関心度が高まった当初
皆様の関心は、その多くが「お葬式の費用」でありました。
具体的に申しますと
「お葬式の総額平均はどれくらいなのか」
「お葬式費用の内訳はどうなっているのか」
「互助会の会員価格のしくみが分からない」
といったものだったかと。

それが最近になって、関心のベクトルが変わってきたようなんですね。

「高齢の家族がいるのだが “ その時 ” のために何を準備すればいいのか」
「私自身のお葬式に対する希望を叶えてもらいたいのだが」

お葬式の「費用」に関する不安よりも
具体的な「準備」に対する関心が増してきた、ということのようです。

「送る側」の準備。
そして
「送られる側」としての準備。

a0153243_01270515.jpg
研修会の様子です


そして今回、特に関心が高かったと思われるのが
「お墓」や「納骨堂」といった、葬儀後の問題でありました。

研修会してはそれほど深くはご説明しなかったのですが
質疑応答の時間では、このあたりに関するご質問が相次いで出されました。

個人的には「お墓推奨派」なのですが (^^ゞ
とはいえ「遺された家族に余計な負担をかけたくない」「お墓を継承する子どもがいない」などというご事情もよく分かるところであります。
やはり今後は
「個人のお墓」から「納骨堂」或いは「散骨」や「樹木葬」といった埋葬方法に移行していくのかもしれませんね・・・

            ♢

因みに私
この研修会を終えた後、急いで担当するお通夜の準備に取り掛かるという、なかなかにへヴィ―な一日ではありました ^^;






[PR]
by dscorp-japan | 2016-10-20 00:05 | 葬儀 | Comments(4)
Commented by pga2152 at 2016-10-20 00:58
pga2152です。確かに、葬儀プランのカタログを見なければ分からない事があります。資料請求しても、葬儀プランのカタログが無い場合がほとんどです。ディーズ様の場合の資料請求の方法を知りたいです。
Commented at 2016-10-20 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2016-10-20 23:54
☀pga2152さん。
弊社のプランについてお知りになられたいのであれば
拙ブログの右にリンクが貼られている『有限会社ディーズ』のHPをご参照ください m(_ _)m
Commented by dscorp-japan at 2016-10-20 23:57
☀******さん。
正直、常に「もういい加減に止めようか」と葛藤の日々であります。
三日坊主の私が5年以上も続けられていること自体が奇跡なのです (^^ゞ
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30