D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

火葬場への出棺連絡

 
他のエリアの実情は存じ上げないのですが・・・


・・・ここ4~5年でしょうか。
中部地区の各エリアにある火葬場から葬祭業者に対して
「霊柩車が式場を出発(=出棺)したら必ず火葬場まで一報を入れること」という通達が増えてきました。
昔からこれを求めてくる火葬場もあるにはあったのですが
とにかくここ数年で「連絡くださいな」というルールを設けるところが増えましたね~
今では、名古屋内外の各火葬場の殆どがこれに倣った形です。

葬儀屋さん以外の方は分からないことでしょうけれど
各火葬場によって、予約の時間設定が違ったりするんです。
大きく分けて
「火葬時刻(=火葬場への到着時刻)での予約」と「式場を出発する時間(出棺時刻)での予約」の二種類があるんですね。
「出棺時刻」での予約の場合は簡単なんですね。
こちらサイドで決定した葬儀の時間でおのずと出棺時刻も決まりますから、この時間で予約を入れればいい。
対して「火葬時刻」での予約の場合
出棺時刻から火葬場までの凡その所要時間を考えて、到着時刻を算出して予約を入れるわけです。

で、いずれの場合にも
葬儀屋さんは可能な限りこの時間を遵守するよう尽力するわけなんです。
よく葬儀屋さんが
「出棺時刻は厳守となりますのでご協力ください」
といった案内するのは、このためなんですね。

・・・しかしながら
予め設定した時間を、結果として守れないということがまま生じるんですね。
もちろんその多くは、誰が悪いということではありません。
「予測していた参列者が思いの外多かった」
とか
「ご遺族の故人様とのお別れの時間が押してしまった」
とか。
たまに司式者の典礼が長引いてしまったというケースもありますが・・・^^;

このようなケースで出棺時刻が遅れる場合
私たち葬儀屋さんは、特に火葬場から言われなくとも「ゴメンナサイ、出棺が○○分ほど遅れます」みたいな一報は入れるんですね。

しかし
定刻通りに出棺した場合も「必ず一報を入れよ」というルールが増えてきている、と・・・ ^^;


結局、ですね
どこの火葬場も火葬件数が増加傾向にあって、火葬場の現場サイドも「時間との勝負」みたいな状況が深刻化してきていることが原因なんだと思います。
各火葬場さんも大変なのでしょうね~

ただ
霊柩車が出発したのを確認したら「すぐに」火葬場に一報を入れるってのも、状況によってはなかなか難しかったりするものなんですよね・・・
いわゆる葬儀会館からの出棺なら比較的簡単でしょう。
担当者でなくとも
会館の事務員さんが電話すれば良いことですから。
でも
特にウチのように式場(≒教会)に出向いてお葬式をする場合
現場にいる私たちが、霊柩車を見送ってすぐに電話を入れなければならないということなんですね。
「携帯電話くらい持ってるだろ」
もちろんそうなんですけれど
出棺直後って、それはそれで結構忙しかったりするもんなんですよぉ。

せめて
定刻通り出棺できたときくらい免除していただけたらなァというのがホンネ (^^ゞ


・・・まァ愚痴を言っていてもしょうがないわけです。
そんなわけで
出棺直後、私たちが慌ただしく携帯電話を取り出すのを見かけられたら
それはほぼ間違いなく「火葬場への出棺報告」だとご容赦いただければと m(_ _)m







[PR]
by dscorp-japan | 2016-10-06 17:52 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by pga2152 at 2016-10-08 00:43
pga2152です。火葬場の連絡システムは、私の所属する起床 出発 到着連絡のシステムと同じですね。確かに、面倒クサイです。私も、岡田社長様の意見は賛成です。
Commented by dscorp-japan at 2016-10-10 15:24
☀pga2152さん。
どこの世界にも
少々面倒くさいルールってあるものですよね~
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30