D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

このタイミングで・・・

 
ゴールデンウィークに入った今日の未明、とあるご葬儀のご依頼が。

故人様は南米某国の日系人。
そして生活保護受給者でいらっしゃいました。


故人様が生活保護受給者で
亡くなられたご本人及び家族が、葬祭費の支払いが困難であると認められた場合
居住地の自治体から最低限の葬祭費用が賄われます。
これを『葬祭扶助制度』といいます。
(詳しくは私の盟友:はるさんを中心とした『キリスト教会葬儀研究所(CCFI)』『葬祭扶助制度解説』をご覧ください)

この葬祭扶助制度を利用する場合
生活保護の受給を受けている自治体の役所への申請が必要となります。

・・・さて。
世間はゴールデンウィークです。
今日も、明日も明後日も、役所はお休み。
役所が開庁する日は、来週月曜日。
つまり
葬祭扶助の申請は来週月曜日まで待つしかない。
しかもこの日を逃すと、連休明けまで待つことになりかねない、と・・・

「それは仕方ない。
遠くの友人たちにもお別れしてもらえる時間ができたからいい」

・・・事情をご説明したところ
ご家族には何とかご理解いただけました m(_ _)m


故人様はまだまだお若い女性でした。
まだ就学中のお子様が5名(!)いらっしゃいます。
遺されたご家族の、これからの生活もあります。
このような方の為にこそ
葬祭扶助制度はあるのだと実感した次第であります。






[PR]
by dscorp-japan | 2016-04-29 16:23 | 葬儀 | Comments(4)
Commented by pga2152 at 2016-04-30 23:44
pga2152です。生活保護世帯のお葬式の場合の価格は幾らになりますか。前回の理事長の価格も興味があります。
Commented by ゆきたんく at 2016-05-02 06:04 x
なんというか・・・
まず、亡くなられたお母様ですか。
ご冥福をお祈り申し上げます。
これからのお子様の行く末も心配ですが、頑張っていただきたい。
「葬祭扶助制度」の恩恵といって良いのか表現に困りますが、残された皆様が助かるのが最良です。
Commented by dscorp-japan at 2016-05-02 15:16
☀pga2152さん。
葬祭扶助制度を利用した葬儀の費用については
本文内の『葬祭扶助制度解説』ごご参照ください。
一方で
特定のお客様の葬儀費用について、第三者にお伝えすることは出来かねます。
Commented by dscorp-japan at 2016-05-02 15:21
☀ゆきたんくさん。
故人様はまだ三十代半ばのお母様でした。
5名のお子様方が
この先、お父様と手を取り合って力強く生きていかれることを切に祈るばかりです m(_ _)m
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30