D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

『愛の湧き出る泉』 西経一神父

 
皆様、主の御降誕おめでとうございます!
この拙いブログをご覧いただいている皆様の上に
神様の豊かな恵みと慈しみ、そして慰めがありますように m(_ _)m

さて。
今日は『カトリック新聞』のクリスマス号に掲載された、我が畏友:西経一神父様の文章をここでご紹介して
お祝いの代わりとさせていただきます。


『愛の湧き出る泉』 西経一神父(神言修道会)

 愛の湧き出る泉、それをかなしみといいます。
かなしみを深く味わう人、かなしみを身をもって思い知る人、それを愛の人と呼びます。
かなしみは引き裂かれるその裂け目から湧き出ます。
引き裂かれる痛みから愛は生まれるのです。
別離はかなしみを生み出し、かなしみは、やがて、愛の母となります。
別離のかなしみを知らない人が愛を知ることはありません。
わかたれる傷口の痛みを知ることのない人が愛を知ることはないのです。

 神のひとり子は、愛の人としてお生まれになりました。
神のひとり子は、その誕生のときから、すでに、かなしみの人でありました。
神でありながら、神であることからわかたれて、人となられたのです。
かなしみを知る愛の人は、また、泊まる場所もなく野宿していた羊飼いたちのかなしみを、身をもって知る方でありました。
それゆえ、羊飼いたちと同じく泊まるための場所を持たない者として、飼い葉桶にその身を置かれたのです。

 神のひとり子がお生まれになった時代、人々はエルサレムに代表される都市生活および定住生活になじんでいて、遊牧はもはや主たる産業ではありませんでした。
福音書に記されてある、羊飼いたちが働いていた「地方」というのは、人々の利害関心が集中する都市あるいは農作地域に対して、そうした関心の外にある、入植者のほとんどいない土地を意味しています。
その「地方」、つまり当時の社会の中心から切り離された、文字通り「はずれ」の周辺部で、夜通し、野宿しながら働いていたのが羊飼いたちだったのです。

 「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった」という天使の知らせは、まずもって、人々の関心の中心から「はずれ」ている周辺へと追いやられ、泊まる場所もなく野宿しながら、夜通し働いていた羊飼いたちに告げられました。
わたしたちもまた、その「はずれ」の場において自分自身を見い出さねばなりません。
その場に身を置いてはじめて「天には栄光、神にあれ。地には平和、み心に適う人にあれ」という天使の歌声も耳に届くことでしょう。

 さあ、中心からわが身をはずしましょう。
立ち去りましょう。
立ち去り引き離された痛みとかなしみのただ中に、引き裂かれたその裂け目の中にこそ、飼い葉桶は置かれてあるのですから。
さあ、みずからを裂くことによって平和と一致を与えられる主キリストの祭壇をともに囲みましょう。
食卓では心をこめてケーキを裂きましょう。
わが身を裂くことをプレゼントといたしましょう。
身を裂く痛みに咲く花の名を、愛というのです。







[PR]
by dscorp-japan | 2015-12-25 00:00 | キリスト教 | Comments(8)
Commented by pga2152 at 2015-12-25 02:11
丹羽文利です。ロザリオのプレゼント、ありがとうございます。大変感動的なクリスマスイブの夜になりました。
Commented by ゆきたんく at 2015-12-25 11:17 x
昨日、教会でお祝いをして参りました。
普段より人数の多いミサ。
洗礼を受けてない方が聖体拝領を受けようとなさり、説明をしても理解しにくかったこともありました。
カップルで来ていたので雰囲気を味わいたかったのですかね。
主任神父のいない教会ですが、89歳の神父様にミサをたてていただきました。
Commented at 2015-12-25 19:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2015-12-27 01:24
☀pga2152さん。
あらためて
洗礼のお恵みをいただかれたこと、心よりお祝い申し上げます m(_ _)m
これからの日々が祈りのうちにありますように。
Commented by dscorp-japan at 2015-12-27 01:27
☀ゆきたんくさん。
主のご降誕、おめでとうございます m(_ _)m
>洗礼を受けてない方が聖体拝領を受けようとなさり、説明をしても理解しにくかったことも
私が侍者をしていたときのいちばんの仕事は、聖体拝領の際のこうした方々の監視、でした ^^;

ゆきたんくさんとご家族皆様のうえに、神様の豊かな恵みと慈しみがありますように!
Commented by dscorp-japan at 2015-12-27 01:29
☀******さん。
主のご降誕、おめでとうございます m(_ _)m

真面目な西神父様のお話っていうのもまた良いもんですよね(笑)
Commented by 元クリスチャンズvo at 2016-01-03 17:49 x
金八先生みたい(笑)西さん元気そうでよかった!
一致かぁ…本当の一致て何でしょうね?最近ミサに行くと何故か考えてしまう今日この頃です。
Commented by dscorp-japan at 2016-01-06 15:08
☀元クリスチャンズvoさん。
お返事が遅くなりました m(_ _)m

たしかに「一致」の意味するところって難しいですよね。
個人的には
「他者を認める」ことを「一致」と捉えております。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30