D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

手術、終わりました m(_ _)m

 
一部の方々のご予想通り
先週の水曜日、白内障の手術を受けてまいりました。
おかげ様で
今のところは術後の問題もなく過ごせております。

拙ブログをお休みさせていただいていたのは
「術後4~5日間はPCなどの液晶画面を見たりするのを控えてくれ」というお話だったからであります。
・・・まァブログ記事の更新をサボるための
私としては非常に好都合な言い訳ともなったわけでありますが・・・(^^ゞ

いや~しかし
「白内障の手術は痛くない」と聞いてはおりましたが・・・

・・・私、そこそこ痛かった ^^;

当日は朝一番に病院に行き
「瞳孔を開く点眼薬」→「点眼麻酔」→「眼球の洗浄措置」
とやってから手術だったわけですが
私の場合、術前の「眼球の洗浄措置」が思いの他痛かったんですよね~
手術する目(私の場合は右目)を(おそらくは)イソジンらしき液体でドバドバと洗い流すんですけど
その前の点眼麻酔が充分に効いていなかったのか、かなァ~り沁みました。

素人分析しますと、これにはふたつ考えられるのではないかと。
まず大前提として
私、元々、麻酔が効きにくい体質のようなんです。
小学生の時も目の手術をしたことがあるんですが
麻酔が効かなくて、術中に麻酔(あの頃は注射!)を何度か追加しましたから。

・・・なんせ私
「離乳食が抗生剤」ってくらい、大した必要性もないのに幼少時からバカみたいに抗生剤を服用してましたし(医者の息子あるある、デス)

もうひとつ考えられるのは
手術の一週間くらい前から「必ず一日4回さしてください」と渡されていた目薬を、忙しさにかまけて結構サボったということ ^^;

すみません、ナメてかかってました (^^ゞ


術中、執刀医の先生が
「オカダさん、結構身体に力が入ってますね。
そんなに緊張しなくていいですよ~」
と慰められたのが恥ずかしかったんですけど
実際、そこそこ痛かったんですよね・・・

まァ多分私が悪いんでしょう m(_ _)m



肝心の目の視え方ですが
少なくとも、白い靄がかかった感じは一掃されました ♪
「劇的に視えるようになった!」
というほどの感動は私の場合ありませんけれど
十分、いや十二分に視えるようになったとは自覚できます。

少なくともこれで
葬儀の現場で「弔電奉読の際は片目で読む」必要がなくなったことはたしかです。
文庫本も読める感じですし
お絵描きもできそうな感じです。


感謝、感謝 m(_ _)m






[PR]
by dscorp-japan | 2015-11-29 15:31 | あったこと | Comments(4)
Commented by フランシスカ at 2015-11-29 20:08 x
手術お疲れさまでした。
霧がはれ明るく見えるようになってよかったですね(^-^)
よき待降節をお過ごしくださいませ。

Commented by dscorp-japan at 2015-11-30 00:19
☀フランシスカさん。
目が見えることも喜びですが
ようやく風呂に入れるようになったことに感謝です (^O^)/
Commented by フランシスカ at 2015-11-30 22:27 x
日本人はやっぱりお風呂ですよね~♪
まったり、ゆったり入浴できるって幸せですよね。
疲れた時、ゆっく~りのぼせる寸前まで入って、バタッと倒れて寝るのが気持ちよくて好きです(^^)

Commented by dscorp-japan at 2015-11-30 23:19
☀フランシスカさん。
私の場合、もう何十年も朝風呂派でして
風呂に入らないと、頭も身体も目が覚めないような体質になってしまいました (^^ゞ
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30