D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

先日の仏式葬儀

 
先日お手伝いさせていただいた仏式(浄土宗)葬儀
何とか無事に終えることが出来ました m(_ _)m

葬儀屋さんとしては大変に恥ずかしいことなのですが
私自身、仏式葬儀のお手伝いは約二年ぶり
浄土宗のお葬式ともなると、おそらく15年ぶりくらいになるのではないでしょうか。

・・・正直
いろんな細かいところをかなり忘れておりました。
昔なら全く問題なく段取りできたことが
「もしかして浄土宗ってアレが二本いるんじゃなかったっけ?」
とか・・・(葬儀屋さんなら「アレ」が何であるかすぐに分かりますよね)


・・・は、恥ずかしいッ(><)

だから
担当は私でしたが、ウチのスタッフ総動員で「あれも要る」「これも要る」と、結構大騒ぎでした (^^ゞ


でも
(こういう言い方はどうかとも思いますが)
久々の浄土宗のお葬式、私としてはとても楽しくお手伝いさせていただけました。
(やっぱ仏教のお葬式も良いよなァ)

そして
そう思わせてくれた主たる要因は、お招きしたご住職様の読経が素晴らしかったことにあります。
以前の記事でも書きましたが
お盆でこの上なく多忙のなか、スケジュールを調整してお越しいただけたご住職は、本当に読経が素晴らしい方なんです。
そのご住職とお会いしたのも、約15年ぶりです。
長らくご無沙汰だったにもかかわらず
どうやら私のことも覚えていて下さったようで、とっても嬉しかった ♪

そして読経。

(あぁ、相変わらず素晴らしい読経だなァ)


儀式としてのお葬式の良し悪しの基準には
やはり司式者による典礼の美しさって不可欠だと思うんですよね。

司式者の立ち振る舞い
発せられる言葉のひとつひとつ
読経のメリハリ

それらが高次元で成立することで
その場にいらっしゃる方々も、厳粛な思いで参列されるんですよね。


あらためて思います。
良いお葬式をつくるのは葬儀屋さんじゃない。
その宗教であり
宗教者であり
参列者である、と。







[PR]
by dscorp-japan | 2015-08-16 00:00 | 葬儀 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30