D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

「ご縁」と表現して良いのか分かりませんが

 
数年前に自宅のお引越しをしまして
転居先のネット開設に伴い、業者さんを手配したということがあったんですね。
私の勝手な都合で友引前日の夜遅くに来ていただき、パソコンの設定とかやっていただいたんです。

一通りの作業が終了したとき
その業者さんが私に、こんなふうにお尋ねになったんです。

「もしも間違っていたらごめんなさい。
お客様(=私)はクリスチャンでいらっしゃいますか・・・?」

一瞬、何故そんなことを尋ねられるのか分かりませんでしたが
家の玄関の下駄箱の上(その場所もどうかと思いますけど)に、十字架とかマリア様の御像とか置いてあることを思い出しまして・・・
(あぁ、あれを見たからか)と。

「あぁ、私はカトリックの信者なんです。
全然『敬虔』じゃありませんけどね」

するとその業者さん。

「実は私もカトリックなんですよ!」

・・・そこからはもう、パソコンの話はそっちのけ(笑)
お互いの所属教会の話やら
それぞれの教会での思い出話やら
とにかく、まァ盛り上がったことがあったのでした。

            ♢

そして時は経ち
昨日の未明のこと。

名古屋市近郊にある、とある教会の神父様からご葬儀のご依頼電話が。

「〇〇さんという方なんですが」

・・・〇〇教会の〇〇さん・・・?

・・・あれ?
どこかで聞いた苗字だけど・・・?

とりあえず私
他のスタッフを押しのけて、お迎え先の病院に向かいました。


・・・はい、ご想像の通りです。
霊安室でお会いしたご遺族様のなかに、あのときの方がいらっしゃったんです。
とはいえ
そんな場所で「その節はどうも」みたいなことは言えないわけで
故人様をご自宅へお連れして、一通りの打ち合わせを済ませたところで、私から申し出ました。
「もしかして “ あの時 ” の?」

「・・・そうですよね?
よく覚えておりますよ!
あぁ良かった。知っている方に来ていただけて!」

お亡くなりになられたのは、その方のお母様でした。
その方のお悲しみは計り知れないものだったことと拝察いたしますが
昨日から今日にかけてのお葬式では、まるでお互いが旧知の仲であるかのように協力し合って進めることが出来たのでした・・・m(_ _)m

「・・・これもご縁なんでしょうかね。
神様がひき合わせて下さったのだと思います」


元を辿れば
私がパソコン音痴だったことに起因するわけなんですけど ^^;

それでも私もまた
数年前のあの時、お世話になった方のお母様ということで、気合が入ったことは確かなのでした・・・






[PR]
by dscorp-japan | 2015-05-09 18:40 | 葬儀 | Comments(2)
Commented at 2015-05-11 19:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2015-05-14 00:55
☀******さん。
私は
すべての出合いの向こう側にある、その “ 意味 ” を正しく読み取ることが出来ればと意識するようにはしております。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30