D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

譲ってくれてもいいと思うんですが・・・

 
今日までの
怒涛のお葬式ラッシュが一段落したところです ^^;


そんななか
今日お葬式のあった現場であった、ちょっとしたこと。
・・・いや
ちょっとしたというか、結構危なかったんですよ・・・

葬儀屋さんならお分かりかと思います。
霊柩車が出発(出棺)するとき
霊柩車や火葬場までお供されるお車が一般道に合流される際、葬儀屋さんは一時的に車の流れを止めたりするんですね。
よくガソリンスタンドなんかでも見かける、あれです。
式場の立地によっては、式場正面の道路が複数車線あったりするところもあって
しかも火葬場へ行くために、すぐに右車線に入らないといけないケースもあります。
特に名古屋市街地は道路が広いですから
出棺の際には結構苦労する場所もあったりするわけです。


今日の現場のうちのひとつもそんなケースでした。
一般往来のお車にはご迷惑をおかけするんですけど
一時的に全車線のお車を止めて、霊柩車とお供の車を右車線に案内したんですが・・・

左車線を猛スピードで走ってくる、一台の車が・・・

もちろんこちらは頭を下げながら停止を促したんですよ。

スピード、緩める気配なし。

再度手を広げてアピールしたんですけど・・・

結局そのお車
一切スピードを落とすことなく、突っ切って行ってしまいました (-.-)


無論、私たちは交通整理ができる権限を持ち合わせてはおりません。
運転者は、私たちの誘導に従う義務もありません。
でもね
先頭を走る車を見れば、お葬式だってことが分かりそうなもんでしょ・・・


事故にならなかったのが幸いではありました。
しかし
お見送りにいらっしゃっていた参列者の方々、しばし呆気にとられたようなお顔でした。

お手洗いに急いでいらっしゃったのでしょうか。
それとも何か、緊急を要する問題で急いでいらっしゃったのでしょうか。
(まァそんな風にはお見受けしませんでしたけど)


・・・すでに何度も申しております
「村八分」という言葉の由来。
「八分」の残り「二分」は、お葬式と火事の消火活動を指すといわれます。
アカの他人であっても
お葬式でおかけする迷惑はお互いに譲りましょう、と。

これもまた
日本人の持ち合わせる美徳のひとつではないかと思うんですけどね・・・






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-09 16:17 | 葬儀 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30