D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

お葬式に参列する若者のマナー

 
今回は若い方々に向けた記事です。
(若者がこんなブログを読んでいるかどうかが問題ですけど)

お若い方々がお葬式に参列された際
彼らのマナーがきちんとしていると、本当にカッコよく見えるんですよ ♪
男性なら「デキル男」
女性なら「気配りの出来る女性」
・・・って感じに。

「お葬式のマナー」というテーマの記事は、ネット上に溢れてますよね。
そこには様々な要点が記されています。
参列時の服装とか
お香典の出し方とか
焼香時の作法とか・・・

まァたしかにそれらも大切なのでしょうけれど
私は、それ以上に大切なことがあると思っております。

それは参列者としての「立ち振る舞い」。

「お葬式に参列する」ということはつまり
「フォーマルな場所に行く」ということであります。
フォーマルな場所には、フォーマルな立ち振る舞いこそが重要。


たとえば「ポケットに手を入れている」。
特に今の時期など
そりゃ寒いですもの、ポケットに手も入れるでしょう。
式場に向かうまでの道中なら、別に良いんじゃないでしょうか。
でも
一旦式場に入った瞬間からは、やっぱり手は出しましょうよ。
ご遺族様に不快な思いをさせないためにも。


たとえば「姿勢」。
猫背とか、ガニ股歩きとか、それぞれクセはありますよね。
でも
やっぱり式場に入ったら、背筋を伸ばすとカッコ良いんですよ。
(あぁ~この人はわきまえている人だなァ)って。


たとえば「お辞儀」。
今どき、最敬礼なんて滅多にしませんよね。
でも
お葬式の場面でのご挨拶は
首で頭を下げるんじゃなくて、腰から頭を下げると美しく映るんです。
弔意を示すということの意味が、相手にしっかりと伝わりますから。


普段の皆さんのことはいいんです。
でも
一旦お葬式となったら、そこは切り替えることです。

「あのヒト普段はチャラいけど
こういうところではちゃんと出来る人なんだね」

そのギャップは
必ずや貴方たちの評価を高めるに違いありません。


・・・昨今
れっきとした大人たちにも、こうした立ち振る舞いが成ってない人がいます。
そういう人たちに、是非とも見せびらかしてやって下さいな。

「オマエら大の大人がこんなことも出来ねェのか!」って ♪






[PR]
by dscorp-japan | 2015-02-04 00:04 | 葬儀 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30