D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

葬儀勉強会 『 女性のための終活 』

 
最初に申し上げておきます。
今回の葬儀勉強会のテーマを決めたのは、私じゃないんです・・・


昨日
以前よりご依頼をいただいていたカトリック東山教会にて
『女性のための終活』というテーマで、葬儀に関するお話をさせていただきました。
これまでのお葬式に関する講演とか勉強会って
まァ大体が『キリスト教の~』『教会における~』といった感じでした。
しかし今回は
カトリック東山教会の、女性部の方々からこのテーマをいただいた次第でありました。

a0153243_00125422.jpg
見渡す限り皆女性(&女性に囲まれて焦る私)


・・・しかし
『女性のための』って、なかなか面白い切り口だと思いませんか・・・?


お亡くなりになられた方が女性の場合
たしかに私どもも、そのあたりは気を配りながらお手伝いさせていただきます。

もちろん、性別で差別するわけではありませんよ~ (^^ゞ

たとえば
お亡くなりになられた方にお着せする衣服を考えるとき。
たとえば
遺影写真のための原版を選ぶとき。
たとえば
祭壇の生花飾りのお花を選ぶとき。

・・・やっぱり
お亡くなりになられた方が女性なら、いろいろと考えるわけです。

そして(個人差はありましょうが)
自分のお葬式に対するこだわりが強い傾向にあるのも、男性よりも女性だと思うんです。
「私のお葬式はこうしたい」
「もしものときはこんな風に送られたい」


しかし、これは当たり前のことなのですが
こうした希望を、お亡くなりになったご本人から訊くわけにもいかないわけです。
やはりこうした希望って
可能な限り、事前に家族などに伝えておくことが賢明なんですね。
そうした意思表示を
何らかの形で明確にしておきましょう、というお話をさせていただいたわけです。

            ♢

・・・私はこう考えているんです。

(語弊があるかもしれませんが)
男性が亡くなるときは、人として亡くなる。
対して
女性が亡くなるときって「女性」として亡くなるんだと思うんです。

だからお葬式においても
「女性」であることを意識してイイと思うんですよね・・・


・・・と、まァ分かったようなことを申しておりますが・・・

『女性のための終活』について
中年のオッサンが話すというのもヘンな構図ではありました、とサ (^^ゞ






[PR]
by dscorp-japan | 2015-01-25 01:03 | 葬儀 | Comments(4)
Commented at 2015-01-27 20:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dscorp-japan at 2015-01-29 17:17
☀******さん。
えぇ~っと
私の場合、遺影写真はどうでもイイですぅ~
私は極度の写真嫌いなので
自分の描いた似顔絵を代用してもらってもいいかな、と (^^ゞ
Commented by フランシスカ at 2015-02-05 04:29 x
お美しい女性に囲まれ、さぞかし大変だったのでわ(^^;
おつかれさまです。
Commented by dscorp-japan at 2015-02-06 15:32
☀フランシスカさん。
とりあえず
大いに笑っていただく場面は作ったつもりです (^^ゞ
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30