D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

そういう考え方もある

 
昨年の大晦日
私の母方の親族が母の家に集まった際、伯母から聞いたこと。

母の長姉は
愛知県南部の、とある町(というか村?)に暮らしているのですが・・・

その伯母曰く
「ここ(母の家)に来る前の日に村の人が亡くなったんだけど
その方、先に火葬だけ済ませて年を越して、年が明けてからお通夜とお葬式をするんだよ。
だから私は(通夜のある)4日の夕刻までに帰ればいいんだよ」

つまり遺骨葬ということ、です。

伯母の住むエリアは
もう町の住民、ほぼ丸ごと禅宗(曹洞宗)の方ばかりです。
そして皆さん、ほぼ同じお寺の檀家さん。
もちろん私の伯母もそうでして
檀家さんのどなたかに御不幸があれば、まず間違いなく通夜~葬儀に参列します。

「やっぱりねぇ
年の暮れに御不幸があると大変よね。
年越しを亡くなった人(の御遺体)と過ごすのも何だし
やっぱり先に火葬して、三が日が過ぎてからお通夜になるわね~」


・・・考え方はそれぞれです。
何が正しいとか、どうするべきかという問題ではないんです。

「亡くなられた方の御遺体と新年を迎えることを良しとしない」
「お正月の三が日にお葬式は良くない」

・・・それがその村の習わしなのか
当事者であるご遺族のご意向だったのかは分かりません。
或いは菩提寺のご住職からの進言だったのかもしれません。
ただとにかく
そういう考え方もあるのだ、ということです。


今日
私の伯母はお葬式に参列することでしょう。
伯母は結構熱心な仏教徒ですから
伯母なりに一生懸命、お経を唱えることと思います。

伯母をはじめとした檀家さん方々の祈りが
亡くなられた方の鎮魂となることを祈りたいと思います・・・







[PR]
by dscorp-japan | 2015-01-05 00:00 | 葬儀 | Comments(2)
Commented by フランシスカ at 2015-01-06 00:06 x
巷の葬儀会館で2日にお通夜と言うところが多く見られました。
ということは、火葬場は三日から動いていたのでしょうか?
各会館前のお通夜二日という文字を見ながら「大変だ~」と全然関係ない人のお葬儀を思いながら街中をドライブしてました。
Commented by dscorp-japan at 2015-01-06 01:48
☀フランシスカさん。
火葬場にもよりますが、2日から火葬業務を始めていたところもありますよ~
特に今年は昨年の大晦日が「友引」だったということもあって、新年早々火葬場は大変に混雑したところもあったということです。
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30