D’s(ディーズ)さんのぶろぐ

dscorp.exblog.jp Top

司祭叙階50周年記念ミサ

 
クリスマス間近の今日
カトリック名古屋教区長であるアウグスチノ・野村純一司教様
野村司教様の同期でいらっしゃるフランシスコ・ザベリオ岩崎一二三神父様の
司祭叙階50周年を記念するミサが行われました。

a0153243_13545513.jpg
これは当日配布された式次第です

a0153243_13581228.jpg
竹馬の友


a0153243_13445562.jpg
寒い朝でしたが、大勢の信徒がお祝いに駆けつけられました


もちろん私は一般人ですから分かりませんけど・・・

カトリック司祭になることを望むということ。
実際にカトリック司祭としての叙階を授かるということ。
そして
半世紀にわたってカトリック司祭を続けるということ。

おそらくそこには想像できないくらいのご苦労とご努力が、そして祈りが必要だったに違いないのであります。

名前は伏せますが
以前、ある神父様が仰ってました。
「それこそ毎朝(今日こそ辞めてやる!)という葛藤と闘うんだよ」

まァ冗談なのかもしれませんが
もしかしてそういうものなのかもしれませんね・・・



ミサでの説教は岩崎神父様でした。

「(前略)
まァそれほど遠くない将来
野村司教様も私も、神様からお呼びがかかることでしょう。
どちらが先かは神のみぞ知る、ですが
もしも野村司教様が先に召されたら、葬儀ミサの説教は私なのでしょう。
で実際、すでに準備してあるんですけどね。
(ここで信徒たちから笑い)
逆に私が先に召された場合
野村司教様は私の葬儀ミサでの説教を固辞されるのかもしれませんけど。
(後略)」

・・・こういう話が出来るのも
お二人が神学生時代からの同級生でいらっしゃるということが大きいでしょう。
おそらくお二人の間には
私たちなどは知り得ない、深い絆のようなものがあるのではないでしょうか・・・


共同祈願の際
信徒からの祈りの言葉に、こんなのがありました。

「お二人がこれからも健康で
末永くご活躍いただけますように」

そりゃ定番としての祈りではありますけど・・・

もう、お二人とも後期高齢者です。
これまでで十二分にご活躍いただいたわけです。
「これからも健康で」は良いんですけど
ホントは
(いい加減ゆったりしたお時間を過ごしていただけるのがイチバンなのになァ)
と思うところではありました。






[PR]
by dscorp-japan | 2014-12-20 14:45 | キリスト教 | Comments(0)
line

これでも葬儀屋さんのブログなのだ


by dysmas
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30